圓通寺


DSC07778.jpg

さつきの咲く寺ということで検索で出てきたのが圓通寺でした。
実は初めて聞く名前で、さつき以外は全く知識がなく行ったのですが、
お気に入りになるくらい良い寺でした。
叡山電車で八瀬比叡山口から二駅戻り、鞍馬方面へ向かいます。
今度は京都精華大学前駅で降りて1kmくらい歩いたところにあります。

DSC07853.jpg

DSC07785_20170619232744cd6.jpg

DSC07783.jpg

新しい門を入り、駐車場の横を通り抜けた先に苔むした屋根の門が
ありました。
玄関までの庭園は美しく手入れされ、さつきが咲いています。
拝観受付を済ませて、暗い廊下沿いに枯山水庭園の観える部屋に
入りました。
縁側は開け放たれて、枯山水の向こうには借景として比叡山が美しい
姿を見せています。

DSC07787.jpg

DSC07788_201706192332064ed.jpg

DSC07790_2017061923320794a.jpg

これほど鮮やかに比叡山が借景になっているのは驚きでした。
現在はこの風景を壊さないように、近くに建てるものは条例で規制
されているようです。
ほとんど拝観者はいなくて、静かで、しばらく縁に座っていました。
元は天皇の山荘で、この借景のためにこの地が選ばれたそうです。
いつまでの坐っていられそうでした。

DSC07814_2017061923321028e.jpg

DSC07824_20170619233318728.jpg

DSC07831_20170619233319312.jpg





スポンサーサイト

瑠璃光院


DSC07759.jpg

金福寺を出て叡山電鉄一乗駅まで戻り、鞍馬方面に向かいます。
八瀬比叡山口へ行くには途中で乗り換えました。
駅を降りるとすぐ前の橋を渡って、川沿いに右手に歩きます。
寺までは徒歩5分くらい、左側に門が現れます。
わりと質素な門で、瑠璃光院と書かれた表札が架かっていました。
美しい緑が溢れるような境内で、玄関までは軽い坂を上ります。
鯉が泳ぐ池に架かる橋を渡ると玄関でした。

DSC07743_20170615214233d66.jpg

DSC07734.jpg

DSC07720.jpg

玄関を上がるとすぐに2階へ行くのが順路でした。
2階で拝観受付で渡された写経をするのですが、スルーしました。
写経の部屋の隣の部屋が、写真サイトなどでよく見る緑の部屋でした。
一見誰もいないように見えますが、写真を撮る側の背後は大混雑です。
机の向こう側へ行かないのは暗黙の了解になっているようです、というか
行けそうにもありません。
廊下と机がピカピカに磨かれていて、窓枠の向こうの木々の緑が映り
込んでいます。

DSC07528.jpg

DSC07547_201706152148130f9.jpg

DSC07580.jpg

何度も席を代わって、緑の部屋で時間をかけて撮りました。
1階に降りるといろいろな部屋があって、案外奥行きがあるなと思った
のですが、木々に包まれているような境内では最後まで建物の全体像を
観ることはできませんでした。
アジア系の外国人も多かったようなので、海外でも有名みたいです。
拝観は期間限定で、春は6月15日まででした。
拝観料は2000円です。

DSC07623.jpg

DSC07645.jpg

DSC07657.jpg

DSC07672_20170615215357929.jpg





金福寺のさつき


DSC07454.jpg

DSC07460.jpg

詩仙堂を出て住宅街の中の細い道を少し南へ下ったところに金福寺が
あります。徒歩で5分くらいです。
門前に金福寺と刻まれた大きな石碑があり、その脇の石段を上がると
境内に入ります。
数年前にも来たことがありますが、たぶん同じ頃だったと思います。

DSC07463_20170614210724d07.jpg

DSC07489.jpg

DSC07471.jpg

拝観受付がある小さな庭も苔に覆われてきれいでした。
さらに小さなくぐり戸を抜けると白砂の庭園が広がります。
本堂へは入らずに白砂の向こう側の石段を登りました。
きれいに刈り込まれたさつきの植え込みが、奥に向かってせりあがる
ように続いていて、それを眼で追うと上のほうに茅葺の建物が見えます。

DSC07473.jpg

DSC07486.jpg

DSC07478.jpg

金福寺は松尾芭蕉や与謝蕪村と縁があり、芭蕉庵と名付けられた
茅葺の建物は荒廃していたところを蕪村が再興しました。
芭蕉庵からは、狭い範囲ですが京都の街を見下ろせます。
背後にはたくさんの文人の墓などがありました。
最後に本堂に上がりました。
以前は猫がいましたが、今回はいませんでした。

DSC07508.jpg

DSC07512.jpg

DSC07504.jpg





詩仙堂のさつき


DSC07294.jpg

6月3日 京都へ行ってきました。
さつきが咲いている4軒のお寺と、それとは別に以前から一度訪ねた
かった瑠璃光院を絡めました。
今回はほぼ叡山電鉄沿いにまとまっています。
まず朝一番に選んだのが詩仙堂でした。

DSC07296.jpg

DSC07447_20170612205835322.jpg

DSC07364.jpg

出町柳駅で叡山電鉄に乗り換え、一乗寺駅で降りました。
駅からは東に向かって15分ほど歩くと、簡素な詩仙堂の門が現れます。
着いたのは開門されてすぐくらいでした。
庭園が観える座敷に入るとすでに5,6人の人たちが写真を撮って
いらっしゃいました。
建物の敷居を額縁に見立てるように庭のさつきが観えます。
花は少なそうに見えましたが、緑にピンクが相性良さそうでした。

DSC07367.jpg

DSC07342.jpg

DSC07391.jpg

庭園に降りて、美しく刈り込まれた植え込みの間を歩きました。
奥は案外深く、さつきはあちこちに咲いていました。
青いアヤメや紅いシモツゲなども見かけました。
静かな庭は坐っていたいところですが、坐れるものがなくて残念でした。
ちょうど1時間ほど滞在してから寺を出ました。

DSC07423.jpg

DSC07413.jpg

DSC07304_20170612210633f44.jpg





般若寺の初夏咲きコスモス


DSC08543_20170607231747065.jpg

白鷺公園から少し離れた奈良市の般若寺へ向かいました。
コスモスで有名な寺ですが、初夏咲きのコスモスがあるので、去年は
母親と訪ねています。
普通にコスモスが咲いているのに、この季節は空いているので好きです。

DSC08545.jpg

DSC08568.jpg

DSC08552.jpg

般若寺に着いたのは午後3時半頃でした。
傾いてきた陽射しが強くて、かなりきつめのコントラストが鮮やかです。
境内はそれほど広くはありませんが、本堂を中心に十三重石塔や鐘楼、
国宝の楼門などがあります。
入り口に参拝客を出迎えるように10体ほどの石仏が並んでいますが、
境内には石仏が多く、本堂の左右側面に相当数が並びます。

DSC08579.jpg

DSC08617_20170607232027b13.jpg

DSC08601.jpg

コスモスはまだ5分咲きくらいとなっていましたが、よく咲いています。
そのほかにも鮮やかな黄色のカリフォルニアポピーや紫のナデシコが
たくさん咲いていました。
斜めの陽ざしに浮かび上がってとてもきれいでした。
参拝者はほとんどいなかったので好きなところで撮ってきました。

DSC08628.jpg

DSC08707.jpg

DSC08699.jpg

DSC08574.jpg

DSC08592.jpg

DSC08625_20170607232607ee0.jpg





プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR