FC2ブログ

護衛艦いせ その1


ise1.jpg
          全体を写せなかったので他所のサイトからお借りしました


9月28日 天保山岸壁で海上自衛隊の護衛艦「いせ」の一般公開があり、
ちょっと観てきました。
何回かに分けて紹介したいと思います。

IMG_8400.jpg

土曜日は朝早くに葛城方面に出かけ、そそくさと折り返して母親の病院に
付き添ってから、11時半ころの電車で天保山を目指しました。
ちなみに葛城の彼岸花の写真はちょっとしつこそうなのでパスします。

IMG_8616.jpg

           対岸の船着き場から。下を走るのはキャプテンライン。

IMG_8432.jpg

               上下2枚は渡船から撮ったものです

IMG_8433.jpg

通勤と同じでJR桜島駅で降りて、13時の渡し船で天保山に渡りました。
渡し船の乗り場からは目の前に対岸の巨大な艦船が見えて、写真を撮る
人たちも数人いらっしゃいましたが、目的は同じようでした。

IMG_8434.jpg

IMG_8444.jpg

よく晴れて、適当に雲もあったので変化に富んだ美しい空が広がっています。
天保山の観覧車の下に行列ができていたので、私も並びました。
公開が始まるのが13時半だったらしく、ほどなく動き出したので、私は良い
時間に来たようでした。
徐々に進む行列に並びながら、艶消しのグレーに塗られた巨大艦船はまるで
壁のようでした。

IMG_8577.jpg

スポンサーサイト



千早赤阪村の棚田


IMG_8362.jpg

明日香から少し南へ下って高取町・御所を経て、国道309号線づたいに
大阪の千早赤阪村へ出ました。
千早も棚田が美しいので、たまに撮りたくなります。

IMG_8364.jpg

IMG_8369.jpg

村内を走っていると道路沿いにも棚田がたくさん見えて、カメラマンや観光
客の姿が目立ちました。
車を停めるスペースがないので、ちょっと離れたところに停めて歩きました。

IMG_8374.jpg

IMG_8378.jpg

私が歩いたところは彼岸花はほとんどないものの、棚田はきれいでした。
稲刈りが始まろうとしている棚田もありました。

IMG_8381.jpg

明日香・稲渕の彼岸花 その3


IMG_8316.jpg

案山子を見るためにこんなにたくさんの人がくるのかとちょっと意外でした。
カメラマンたちも大勢来ていらっしゃいました。
前回来た時より案山子は増えていて、いくらか撮ってみましたが今回は載せ
ません。

IMG_8329.jpg

IMG_8322.jpg

IMG_8335.jpg

とりあえず案山子ロードの入り口まで下って、飛鳥川に降りてみました。
飛鳥川の周辺の狭い道にはカメラマンがひしめいています。
随分人も増えてきたし、車を停めていたのはすぐそばだったので、そのまま
帰ることにしました。

IMG_8340.jpg

IMG_8344.jpg

IMG_8349.jpg

IMG_8352.jpg

明日香・稲渕の彼岸花 その2


IMG_8273.jpg

上り坂の途中から左手の分かれ道に入りました。
その道は谷を廻り込んで「案山子ロード」の最奥に続いていました。

IMG_8266.jpg

IMG_8281.jpg

棚田はどこにもあって稲の緑と彼岸花の赤い縁取りがきれいです。
標高の高いところから見下ろす棚田の風景が続いて、魅力的でした。

IMG_8268.jpg

IMG_8277.jpg

IMG_8288.jpg

案山子ロードまで来るとたくさんの観光客がいましたが、それまでは誰とも
会いませんでした。
以前黄色い彼岸花が咲いていた斜面には白や赤色も咲いています。

IMG_8295.jpg

IMG_8302.jpg

IMG_8311.jpg

明日香・稲渕の彼岸花 その1


IMG_8236.jpg

3連休の2日目は墓参りだけ、3日目は明日香へ出かけました。
1日目に行こうとして行かなかった明日香をやっぱり訪ねることにしました。

IMG_8234.jpg

IMG_8229.jpg

稲渕に着いたのは7時半ころで、すでにあちこちにカメラマンの姿が見えます。
棚田の風景を過ぎたあたりの道路沿いにたくさんの車が停まっているので
私も一台分空いたスペースに車を滑り込ませました。

IMG_8246.jpg

IMG_8250.jpg

去年も稲淵を訪ねましたが、そのときは石舞台古墳の方へ行く道路沿いを
歩いて写真を撮っていました。
今年は車で走ってきた方向へ坂を登るように、また違う風景を探しました。
前日の開花情報では見頃でしたが、すでに見頃を過ぎた花も多く、ちょっと
時期的に遅い感じでした。

IMG_8258.jpg

IMG_8259.jpg

IMG_8256.jpg

彼岸花以外の風景

IMG_7957.jpg
                 一言主神社のすぐ前の溜池


御所から葛城まで彼岸花を撮り歩いてきましたが、彼岸花が写ってなくても
気になる風景があったのでピックアップしてみます。

IMG_7989.jpg
                    背後は葛城山


IMG_8027.jpg
                 背景は五條方面の山並み


IMG_8037.jpg

IMG_8065.jpg

IMG_8127.jpg
                   奥は奈良盆地方面


IMG_8099.jpg
                    背後は金剛山

IMG_8069.jpg

一言主神社周辺の彼岸花


IMG_7984.jpg

実はこの朝、風の森へ行く前に一言主神社に寄っていました。
神社の周辺には彼岸花が多く、このときも朝早くからたくさんのカメラマンが
あちこちでカメラを構えていらっしゃいました。

IMG_7917.jpg

IMG_7945.jpg

IMG_7932.jpg

神社の前は全て田んぼで稲穂が垂れています。
私は神社の真下の駐車場に車を入れて、神社に沿うように南側の田んぼの
方へ向かう農道を歩きました。
そちらへ行くのは初めてだったので、また風景が違います。
天気が良く、青空がきれいでした。

IMG_7972.jpg

IMG_7976.jpg

御所から葛城へ



風の森から近くの高鴨神社を経て、葛城山麓線を戻りながら高天彦神社、
石光寺、二上山ふるさと公園などに寄り道しながら撮ってきました。

IMG_8107.jpg

高鴨神社近くの橋の欄干全体に巻き付いていた朝顔。


IMG_8116.jpg

高鴨神社の少し北側の道路沿いからの風景。

IMG_8128.jpg

遠くに畝傍山も見えます。



IMG_8130.jpg

高天彦神社背後にそびえる御神体の白雲峯を背景に、色づき始めた柿と
彼岸花。


IMG_8146.jpg

九品寺の近く。


IMG_8178.jpg

百日紅の花もめっきり減った石光寺。



IMG_8212.jpg

当初寄る予定ではなかったのですが、葛城山麓線を走っていると彼岸花の
壁のようなものが見えたので、少し行き過ぎてから加守神社に車を停めて
歩いていくと二上山ふるさと公園内の池の土手でした。

IMG_8190.jpg

IMG_8201.jpg

風の森あたり その2


IMG_8041.jpg

車を走らせながら車窓から気になる風景が見えたところで、道端に車を停めて
少し歩いてみます。
そんなことを何度か繰り返しながら撮影してきました。
軽自動車なのでどんな狭い道も平気ですが、知らない道を走って風景を探す
のもいいものだと思いました

IMG_8070.jpg

IMG_8072.jpg

風の森は小さな峠で、ここは金剛山から吹き下ろす風の通り道になっています。
峠の頂上には「風の森神社」があり、風の神を祀っています。

IMG_8085.jpg

IMG_8087.jpg

前回風の森へ来た時の写真はちょっと暗かったので、今回は気をつけて
撮影しました。
彼岸花はそれほど多くはありませんが、花がなくても美しい田園風景です。
そろそろ稲刈りが始まりそうで、すでに藁が干してあるところもありました。

IMG_8094.jpg

風の森あたり その1


IMG_7991.jpg

9月21日 今日から3連休ということで、お墓参りは明日行くとして、今日は
奈良の御所方面へ行ってきました。
家を出る時は明日香の稲渕へ行くつもりでしたが、彼岸花を撮るのに特に
名所でなくてもいいかと運転しながら思って、途中で行き先を変えました。

IMG_7992.jpg

IMG_7998.jpg

まずは御所市の一番南にある風の森のあたり。
のどかな田園風景が広がります。
青空を背景に金剛・葛城の山並みも美しく見えていました。

IMG_8007.jpg

IMG_8004.jpg

ここのところ週末はずっと天気が悪かったのですが、久しぶりによく晴れて
思いっきり青い空を撮ってきました。

IMG_8015.jpg

アーカイブから~モンマルトル サクレ・クール寺院


PICT0914.jpg

モンマルトルまでどうやって行ったかも覚えてないんですが、だいたいどこも
地下鉄を使っていたかもしれません。

PICT0918.jpg

PICT0924.jpg


サクレ・クール寺院は塔の上まで上がりました。


PICT0929.jpg

PICT0931.jpg


モンマルトルの丘では絵を描いたり、売ったりしていました。


PICT0937.jpg

久しぶりにイモリと金魚


IMG_7847.jpg
               いつもこちらの様子を窺っています


イモリたちは元気です。
5匹のアカハライモリたちは、この夏場はあまり食が進んでいませんでしたが、
大分涼しくなってきた最近はきれいに餌を食べるようになりました。

IMG_7857.jpg
         息を吸おうとして飛び出してきました


IMG_7858.jpg
        ひと息吸ったあとは脱力して沈んできます


前は底面に小石を敷き詰めていましたが、掃除をするのも大変なので大きな
石だけを組んで一番上に休めるところを造っています。
ところどころに隙間を開けておくと、そんなところが好きなので必ず入っています。

IMG_7889.jpg
               石組はこんな感じ、5匹写っています


IMG_7888.jpg
             混み合う隙間


金魚の赤ちゃんたちも、もう4カ月になるので随分大きくなりました。
同じ時期に生まれているのに個体差があって、大きなものと小さなものでは
4~5倍くらいも差がありそうです。
朝6時過ぎと夜8時ころの2度餌をあげますが、よく食べています。

IMG_7876.jpg
              蓮の種を入れておいたら芽が出てきました


IMG_7895.jpg
            あまり写っていませんが、30匹くらいはいます

一言主神社周辺の田園風景


IMG_7788.jpg
                 奥に見えるのが一言主神社


九品寺からもう少し南へ下ると一言主神社で、その周辺の田んぼの畝にも
彼岸花がちらほら咲いていました。
一言主神社でも何か催しがあるらしく、本殿前には椅子が並べられています。
参道周りの彼岸花も結構咲いていますが、まだ開花していないものも目立ち、
少し早いようでした。

IMG_7789.jpg

IMG_7740.jpg

葛城山麓線の周辺にはのどかな田園風景が広がります。
ちょこちょこと車を停めて撮ってきました。

IMG_7753.jpg

IMG_7756.jpg

IMG_7805.jpg

九品寺の彼岸花


IMG_7766.jpg
                  大和三山が見渡せます


葛城山麓線をさらに南へ下って、次に訪ねたのは九品寺です。
去年も彼岸花を撮りにきましたが、同じような天気でした。

IMG_7772.jpg

門前の駐車場は一杯で、門の周辺には人が集まっていました。
お祭か何かがあるようでした。

IMG_7782.jpg

彼岸花は咲いていましたが、まだ少々早いようでした。
寺の北側の大和三山が見渡せる空き地とか、本堂裏の石段を登ったところ
あたりに少し咲いていました。

IMG_7784.jpg

葛城坐火雷神社


IMG_7723.jpg

寺口からは適当に道を選びながら、車がすれ違えないような狭い村なかの
神社の前に出ました。
隣に整備された駐車場があったので、そこに車を停めました。
神社は葛城坐火雷神社(かつらきにいますほのいかづちじんじゃ)といいます。

IMG_7736.jpg

鳥居はクリーム色の新しそうなものでしたが、境内はかなり古そうです。
鳥居をくぐると左側に手水舎と長い石段、右側には小さなお社があります。
中央に自然石のようなお百度石がポツンと埋められていました。

IMG_7725.jpg

石段を上がったところは広くなっていて、古びた大砲が一段高い石垣の上に
置かれています。
これは日露戦争の記念として明治42年に政府から奉献されたと小さな石碑に
記されていました。
実はこれを見て思い出したのですが、私は数年前にハイキングの途中で
ここに寄ったことがありました。

IMG_7727.jpg

さて本殿は背後の長い石段を上がったところにあります。
石段は濡れて滑りそうなので慎重に登りました。
拝殿前は狭くて写真を撮るのに後ろへ下がる場所もないくらいでした。
創建は不明で、崇神天皇の御代にはすでに鎮座していたとされていますが
平安時代には社勢は衰えています。

IMG_7730.jpg

御百度石がずっと下の鳥居のそばにあったので、これを百度往復となると
かなりの根性が要りそうです。
朝のお参りに来られた女性が、ここの紅葉はきれいだと教えてくれました。
覚えて置いてそのころに来られれば訪ねてみたいと思います。

IMG_7732.jpg

彼岸花~葛城市寺口周辺


IMG_7711.jpg

8月後半から週末ごとに天気が悪く、この連休に至っては台風の影響で雨が
続く天気予報でしたが、15日は朝から車で出かけました。
行き先は葛城方面で、特にどことは決めていませんでした。
葛城山麓線を走りながら彼岸花が咲いているところがあれば撮影していくと
いうだけです。

IMG_7713.jpg

IMG_7708.jpg

當麻を過ぎて大和高田バイパスの高架をくぐってすぐに右折します。
ほどなく寺口という地域で、そのあたりはあちこちに彼岸花が見られました。
この辺は以前に浄願寺や二塚古墳などを紹介したことがあります。
さらに真っ直ぐ行くと葛城山麓公園の前を通りますが、その辺までは割りと
咲いていました。
今にも降り出しそうなのに、何とかこらえているというような空模様でした。

IMG_7709.jpg

IMG_7716.jpg

デジブック~本薬師寺跡に咲く花



8月下旬に2度訪ねたホテイアオイの写真で造ってみました。

IMG_7369.jpg

本薬師寺跡に咲く花

橘寺 その2


IMG_7585.jpg
                      経堂

IMG_7592.jpg
                     観音堂


東門から真っ直ぐ奥の本堂へ向かって行くと、左には経堂、右には観音堂、
護摩堂といった小さなお堂が並びます。

IMG_7614.jpg
      観音堂前のセンダンの木の根っこは凄い迫力でした。


IMG_7586.jpg
                     護摩堂


正式の寺の名は「仏頭山上宮皇院菩提寺」で、通称は橘寺と呼ばれています。
垂仁天皇の勅命で不老不死の薬を探しに行った田道間守(たじまのもり)が
中国から持ち帰ったのが橘の木だったというのが名前の由来です。
創建年代は不明ですが、欽明天皇の別宮「橘の宮」を寺に改めたとされて
います。
寺の栞には572年に聖徳太子が生まれたところとも記されていました。
先日の写真の花が咲いている橘の木は経堂の前にあります。

IMG_7654.jpg

IMG_7648.jpg

本堂のすぐ左側に「二面石」という大きな石があります。
背中あわせに顔が彫られて、右側は善面、左側は悪面だといわれます。
そこから東に向かって放生池が伸びて、その先に往生院という再建された
写経道場と、聖倉殿という収蔵庫が建っています。
聖倉殿は閉じられていましたが、往生院は入れました。
往生院は阿弥陀三尊像を本尊とする建物で、内部の格天井には260点の
華の画が奉納されています。

IMG_7642.jpg
                      往生院

IMG_7627.jpg
                      本堂


最後に本堂に上がりました。
1864年に再建されたもので、内部は薄暗く、床や柱は黒く光っています。
本尊は聖徳太子像で、田道間守像なども安置されていました。
私が帰る頃には参拝の方達も目立ちました。

IMG_7661.jpg
                 本堂から見た経堂と東門方面

橘寺 その1


IMG_7570.jpg

IMG_7577.jpg
                      西門


橘寺の駐車場表示に従って田んぼの間の道に乗り入れると、西門の前に
駐車場がありましたがまだ1台も停まっていませんでした。
西門の前には稲穂を垂らせた田園風景が広がり、遠くには金剛山が朝靄に
霞んでいます。

IMG_7567.jpg

IMG_7581.jpg
                     右側が本堂


拝観受付には誰もいませんでしたが、門をくぐってカメラを構えていると、受付の
女性が気が付いてこちらへ走って来られました。
誰もいない境内は清掃中です。
西門を入ってすぐ右手に本堂がありますが、こちら側は裏手で正面は反対を
向いているので変だなと思っていると、東門が正門でした。
せっかくなのでひと気のない写真を撮ろうと、本堂へは上がらずに両側に
並ぶお堂を撮影しながら東門まで行ってみました。

IMG_7608.jpg

IMG_7605.jpg

IMG_7602.jpg

東門から真っ直ぐに本堂まで石畳の参道が伸びています。
すぐ右側に本坊、左には鐘楼があり、その隣には五重塔の芯礎が残ります。
芯礎は美しい形をしていました。
本堂の土壁に沿うようにタマスダレとムラサキシキブが咲いていました。

IMG_7599.jpg

IMG_7610.jpg
                      本堂

川原寺跡


IMG_7676.jpg
                  弘福寺遠景(川原寺跡)


案山子ロードから少し戻って、橘寺と川原寺跡まで来ました。
橘寺と川原寺跡は道路を挟んで向かい合っています。
両方訪ねましたので紹介していきます。

IMG_7680.jpg

IMG_7684.jpg

川原寺跡は現在はただの空き地にたくさんの礎石が残されているだけで
礎石以外に往時を偲ばせるものは何もありません。
創建の経緯や時代についても不明で、日本書紀などにも記述はほとんど
ないそうで、謎の大寺ともいわれています。
飛鳥時代には飛鳥寺、薬師寺、大官大寺と並ぶ四大寺でしたが、平城京
遷都のときには移転せず、平安時代に焼失して以降は歴史から姿を消します。

IMG_7686.jpg
                    橘寺遠景


IMG_7682.jpg

中門、五重塔、西金堂、回廊などの配置がわかるように礎石が整備されて
残されていました。
回廊の北辺に位置する中金堂跡には川原寺の法灯を継ぐ弘福寺が建って
います。
この中金堂の礎石には他では類例のない大理石が使われていました。

IMG_7690.jpg

案山子ロード


IMG_7498.jpg

9月7日 明日香村稲渕の案山子ロードを訪ねました。
稲渕は石舞台古墳から南に下ったところで、美しい棚田が広がります。
もうしばらくすると赤い彼岸花が棚田を縁取ります。

IMG_7508.jpg

道路沿いに6,7台の車が停められる場所がありました。
川沿いの道に降りると「案山子ロード」の看板が立っていて、そこから西に
向かう軽い上り坂の農道の両側に様々な案山子が飾られていました。

IMG_7460.jpg

IMG_7464.jpg

IMG_7479.jpg

案山子は11月中旬まで展示されているそうですが、コンテストは9月22日に
催される予定です。
テーマがあって、今年は「田んぼの神様、田んぼの生きもの」ということで、
カエルがとても多いように思えました。

IMG_7477.jpg

IMG_7484.jpg

IMG_7476.jpg

私はブラブラ緩やかな上り坂を歩きながら案山子を撮っていきました。
案山子とは思えない可愛らしいものばかりなので、本来の役目を果たせそう
にはないように思えます。

IMG_7489.jpg

IMG_7541.jpg

最後は結構奥の棚田を見下ろすような丘まで来ました。
この丘の斜面に咲いていたのが黄色い彼岸花です。

IMG_7494.jpg

IMG_7546.jpg

IMG_7474.jpg

                    すずめだけを大写しで

風邪をひいてしまいました。


土曜日から喉がちょっと変で、日曜日も風邪薬を飲んでいました。
今朝も咳がからむような具合でしたが、時間が経つにつれて酷くなっていき
夕方には誰にもわかるくらい声が変わっていました。
喉がヒリヒリして、咳も出ます。
朝はボーっとして熱でもあるのかと思いましたが、今は熱はないようです。

ということで、今夜は休みます。


PICT1158.jpg

写真はジュネーブの街角で出会った女の子

デジブック~2013年 今年の蓮



今年、奈良県内のあちこちで撮影した蓮の花の写真で造ってみました。

IMG_4438.jpg


2013年 今年の蓮

蓮花ちゃんストラップ


IMG_7698.jpg

「とれっくるかつらぎ」のフォトコンテストの景品として、葛城市から送られて
きました。
フォトコンの賞品は地元産の品物セットを1名様にということで、それはもらえ
ませんでしたが、抽選で10名にという「蓮花ちゃんストラップ」のほうにうまく
当たったのでした。

IMG_7702.jpg

明日香で観た花々

9月7日 明日香へ出かけました。
8月下旬から3週続けて週末の天気が悪く、この土日も雨模様の予報でした。
ただ日曜日の方が悪そうだったので、今日出かけることにしました。
どこへ出かけたかは後々紹介していきますが、いろいろ花が咲いていたので
今夜は花だけを載せてみます。

IMG_7514.jpg

まずは黄色い彼岸花。
彼岸花はまだまだこれからですが、低い丘の斜面に黄色の花だけが咲いて
いました。

IMG_7517.jpg




IMG_7554.jpg

次は葛、濃い紫と薄い紫をモザイクにしたような花です。
別の木にツルを巻きつけてたくさん咲いていましたが、時期が遅いようで
ほとんどの花は傷んでいました。



IMG_7559.jpg

萩。



IMG_7597.jpg

タマスダレ。(リラさんに教えていただきました)



IMG_7613.jpg

ムラサキシキブの実。



IMG_7621.jpg

橘。
実がたくさん生っていて、花の咲く時期ではありませんが数輪咲いていました。



IMG_7644.jpg

芙蓉。

IMG_7670.jpg

九品寺のノウゼンカズラ

IMG_7439.jpg


ホテイアオイを撮影してから帰り道に一言主神社・九品寺と巡ってみました。
彼岸花が咲いていないかと思ったのですが、まだ影も形もありませんでした。
九品寺の門をくぐった本堂前の石段脇にノウゼンカズラが咲いていたので
撮ってきました。


IMG_7447.jpg

IMG_7446.jpg

この日はほとんど使わない望遠のズームレンズを持ち出してホテイアオイを
撮っていましたが、そのまま九品寺でも撮影しました。


IMG_7454.jpg

IMG_7450.jpg

本薬師寺跡のホテイアオイ ふたたび


IMG_7351.jpg

9月1日 ふたたび本薬師寺のホテイアオイを撮ってきました。
出かける時は少し陽射しもあったのですが、現地では結局曇り空でした。
変わり映えのしない写真ですが、載せてみます。

IMG_7378.jpg

IMG_7397.jpg

IMG_7298.jpg

IMG_7365.jpg

IMG_7318.jpg

IMG_7408.jpg

IMG_7369.jpg

IMG_7393.jpg

デジブック~京都・大原


IMG_4168.jpg

2013年7月2日 京都・大原の里で訪ねたお寺の写真で造ってみました。


京都・大原


デジブック~京都・大覚寺



以前から使っているのですが、デジブックで大覚寺の写真集を造ってみました。
たまにしか造らないし、無料で使っているので30日間で削除されます。
ブログで公開するのも初めてです。

IMG_5735.jpg


京都・大覚寺

アーカイブから~マドリード


PICT1306.jpg

マドリードではそんなに時間がなく、どこを歩いたのかも覚えていません。
ただ街なかをウロウロして、写真を撮り続けていたのだと思います。

PICT1311.jpg

塔の前に立つのはドンキホーテの像です。


PICT1312.jpg

建物の名前もわかりませんが、これは王宮だと思います。


PICT1322.jpg


PICT1327.jpg

「ゲルニカ」を観ようとプラド美術館に行きましたが、休みでした。

PICT1329.jpg

プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR