FC2ブログ

安倍文殊院のコスモス


DSCF5589.jpg

甘樫の丘から桜井市の安倍文殊院へ向かいました。
安倍文殊院に着いたのは8時半を少し過ぎていたと思います。
駐車場には数台の車が停まっていました。

DSCF5674.jpg

DSCF5632.jpg

駐車場のすぐ後ろには池があり、金閣浮御堂が美しい姿を映しています。
池の横には木枠で囲まれたコスモスの迷路が造られていて、様々な色の背の
高いコスモスが咲いていました。
迷路は大人ひとりが通れるくらいの幅の通路が巡らされていますが、子供が
遊べるようにスタンプラリーのスタンプ台もところどころに置いてありました。

DSCF5612.jpg

DSCF5616.jpg

DSCF5654_20140930201538aba.jpg

境内を少し廻り込んで迷路を見下ろせる丘にあがると、遠くまで見渡すことが
できます。
畝傍山や二上山がきれいに見えていました。
ここには安倍清明が天文観測をした場所だという石碑が建っています。
日曜日なので、家族と一緒に来た子供たちの声が賑やかでした。

DSCF5646.jpg

スポンサーサイト



明日香・甘樫の丘のコスモス


DSCF5550.jpg

9月28日 朝から明日香へ出かけました。
甘樫の丘の東側の登り口にコスモスが植えられています。
すぐそばに無料の駐車場があるのでそこに車を停めました。

DSCF5533.jpg

DSCF5583.jpg

DSCF5567.jpg

駐車場から木立の中の小径を抜けるとすぐです。
扇形の狭い空間に咲くコスモスはわずかに早いかなと思えるくらいで、よく
咲いていました。
背後は暗い森に囲まれていて、その向こうに青い空が広がっています。

DSCF5503.jpg

DSCF5515.jpg

カメラマンがひとり、コスモスの中に三脚を立てて撮影していらっしゃいました。
散歩する人たちもときどき通りすぎて行きます。
30分くらい行ったり来たりしながら撮影してきましたが、あまりいいものは
ありませんでした。

DSCF5535.jpg


ふたたび風の森へ


DSCF5428.jpg

一言主神社の参道を東へ向かいながら、ところどころで風景が広がる畦道に
入りました。
良さそうだなと思うところは入れなかったり、電線が邪魔だったりするのですが、
しばらく歩きまわってみました。

DSCF5434.jpg

DSCF5440.jpg

そのあと風の森へ行くことにしました。
車を走らせながら気になるところでは停めて、撮ってきました。

DSCF5444.jpg

DSCF5447_201409281510343ad.jpg

風の森はいつ来ても誰もいません。
彼岸花はそれほど多くないのですが、広々とした風景は独り占めです。

DSCF5460.jpg

DSCF5456.jpg

ふたたび一言主神社へ


DSCF5300.jpg

もう一度出直そうと思っていた一言主神社へ、9月23日は早い目に家を出て
ふたたび行ってきました。
午前8時ころに着いたのですが、すでにたくさんの人出で、それでも駐車場には
車を入れることができました。

DSCF5306.jpg

DSCF5305.jpg

畦の中にはたくさんのカメラマンの姿が見えます。
一言主神社に寄ってから、石段の脇の道に入って撮り始めました。
その辺には良い風景もなく、カメラマンもいませんでした。
そこから少し畦に入りましたが、目にとまるような景色はありませんでした。

DSCF5314.jpg

DSCF5398.jpg

参道をまっすぐに歩いて、村なかへ入りました。
道路は狭くて車が通ると避ける場所を探します。
撮れるところを探しながら歩いてみることにしました。

DSCF5362.jpg

DSCF5296.jpg

一言主神社周辺の彼岸花


DSCF5178.jpg

明日香から御所の一言主神社へ向かいました。
1,2枚目は一言主神社の近くの村なかを通ったときに見つけた風景です。
左奥の彼岸花の向こうに畝傍山が見えています。

DSCF5186.jpg

一言主神社周辺は彼岸花が有名で、このときも狭い参道の停車できそうな
場所にはずらりと車が並んでいたので、私もわずかに空いたところに停め
ました。

DSCF5207.jpg

DSCF5210.jpg

稲穂が垂れる田んぼの畦道には赤い彼岸花がフリルのように咲いています。
参道も畦道もカメラマンでいっぱいでした。
彼岸花が咲くころには毎年のようにここへ来ていますが、時間が遅いことも
あるのか、こんなに混んでいるのは初めてだったように思います。

DSCF5258.jpg

DSCF5233.jpg

あまりに人が多いので、少し畦を歩いて撮影してから、そそくさと引き上げる
ことにしました。
もう一度早朝に出直して来ようと思いました。

DSCF5263.jpg

明日香・稲渕の彼岸花 その2


DSCF5177.jpg

朝は涼しいので長袖Tシャツの上に上着を羽織っていました。
よく晴れていて、歩きはじめるとすぐに暑くなってきたので、上着は脱いで
長袖も肘まで上げました。

DSCF5139_201409232046274cf.jpg

DSCF5136.jpg

稲渕は美しい棚田が広がります。
実は去年まではなかったように思うのですが、畦にはどこも電流を流した
電線が張り巡らされていました。
獣除けなのでしょうが、カメラマン除けなのかもしれません。

DSCF5146.jpg

DSCF5153.jpg

農道を辿りながら2時間くらい歩いていました。
案山子ロード以外ですれ違うのは、カメラマンばかりでした。
同じような景色ばかりです。

DSCF5128.jpg

DSCF5143.jpg

明日香・稲渕の彼岸花 その1


DSCF5054.jpg

9月21日 明日香の稲渕に出かけました。
稲渕は石舞台古墳の南側ですが、道路沿いのあちこちに駐車場はありません
という看板が立てられていました。
棚田が見えるあたりまで行くと道路の中央線の上や、路側帯などに緑色の
コーンが並べられています。
私は知らなかったのですが、この日は彼岸花祭りが開催されるのでした。

DSCF5076.jpg

DSCF5088.jpg

午前8時ころに着いたのですが、もうすでにかなりの人出でした。
稲淵を通りすぎた奥の道路沿いには車を停められるので、空いているところを
探して停めました。
あとは歩いて棚田の中の農道を歩くことになります。

DSCF5111.jpg

DSCF5082.jpg

農道には間隔を開けて様々な案山子が並べられていて、観光客の投票による
コンテストも行われるということでした。
「案山子ロード」というのがあって、そこに入って歩き始めました。
大きなカメラを抱えたカメラマンの姿が目立ちます。
彼岸花はよく咲いているのですが、まだ少ないような気がしました。

DSCF5116.jpg


笠の蕎麦畑 その2


DSCF4977.jpg

蕎麦畑が両側に広がる道路をウロウロしていると、公園の駐車場があったので
そこに車を停めました。
笠は標高が高く、車の温度計は18度になっていました。
長袖のTシャツ一枚で歩き始めたのですが、さすがにひんやりするのでまた
車に戻って上着を重ねました。

DSCF5017.jpg

DSCF5012.jpg

初めて来たのでどこで撮影するのがいいのかわかりませんでしたが、道路を
挟んで反対側の丘のほうにカメラマンらしき人影が見えたので、そこまで歩く
ことにしました。
丘の途中まで行くと両側に白い蕎麦畑が広がりました。
全部で4,5人のカメラマンがいらっしゃいました。

DSCF4908.jpg

DSCF4979_201409211542536e5.jpg

曇っていて陽射しはないのですが、青空も見えていました。
蕎麦畑の中の農道を往きつ戻りつしながら1時間くらいいたと思います。
帰りにもう一度神社の裏参道前の蕎麦屋さんの前を通ったのですが、11時
だというのにたくさん車が停まっていました。

DSCF4935.jpg

笠の蕎麦畑 その1


DSCF4970.jpg

橿原市から桜井市に入り、国道169号線を天理方面に向かいます。
JR巻向駅近くの巻野内という交差点から東に入ると、しばらくは住宅があったり
山の辺の道を横切ったりしながらどんどん登って行きます。
そのうち人家もなくなり、ひたすら山の中を走っていくのですが、ところどころに
笠山荒神社の案内表示があって、それを目指しました。

DSCF4866.jpg

DSCF4875.jpg

やがて視界がひらけて、左には神社の鳥居、右側には蕎麦畑が見えました。
まずは鳥居の横を抜けて神社へ行ってみました。
こちらは裏参道で、車で本殿の近くまで登れます。
神社の入り口の前には蕎麦屋さんが1軒ありました。
野菜の販売もしているようで、数台の車が停まっていました。

DSCF4870.jpg

DSCF4939_201409202129360f5.jpg

鳥居脇に建てられた説明板には「荒神発祥の社 日本第一笠山荒神社」と
記されています。
神社の参道へ入って、少し登ったところが本殿でした。
荒神は台所の神様で、笠山荒神社は日本三荒神のひとつとされています。
参拝してからこの周辺の蕎麦畑を観に行きました。

DSCF4996.jpg

DSCF5009.jpg


彼岸花とホテイアオイ


DSCF4797.jpg

9月18日 ふたたび本薬師寺跡を訪ねました。
友だちが撮っていた彼岸花とホテイアオイのコラボ写真に触発されたのでした。
通常は咲く時期が微妙にずれているふたつの花なのですが、今年はホテイ
アオイが遅かったために同時に見ることができました。

DSCF4771.jpg

DSCF4789.jpg

DSCF4762.jpg

彼岸花はたくさんはないのですが、ちょうどいい咲き具合でした。
さすがにホテイアオイはボリュームも無くなって終盤を迎えつつありました。
しばらく撮影してから、桜井市の蕎麦畑へ向かいました。

DSCF4780.jpg

DSCF4836.jpg

宝塚歌劇100年展と曽我蕭白 鳥獣画の探求展


DSCF4698.jpg

9月17日 神戸でふたつの展覧会を観てきました。
ひとつめは兵庫県立美術館で開催中の「宝塚歌劇100年展」です。
宝塚歌劇100年の歴史をたくさんの写真で辿るもので、衣装や小物などの
展示もいくらかありました。

DSCF4711.jpg

最初は温泉施設の興業のような形で、プールを改造して始まったそうです。
「カチカチ山」なんて催しもありました。
ところどころに撮影可能な場所があったので撮影してきました。

DSCF4715.jpg


DSCF4735.jpg

ふたつめは5kmほど離れたところにある香雪美術館で開催中の「曽我蕭白
鳥獣画の探求展」です。
小さな美術館ですが、きれいな前庭があります。

DSCF4730.jpg

展示物の点数も少なかったのですが、曽我蕭白は好きだということもあって
本物を観れたのは良かったと思います。

DSCF4728.jpg


葛城山麓線 その2


DSCF4604.jpg

一言主神社、九品寺のあと、ちょっと迷いましたが、奈良でも私の好きな場所
風の森へ向かいました。
高鴨神社に寄ると女性ばかりの団体が観光バスで来ていらっしゃいました。
風の森はここからすぐです。

DSCF4600.jpg

DSCF4606.jpg

DSCF4608.jpg

道は国道24号線に向かって下って行きますが、途中には遠くの山々を背景に
広々とした田園風景を望めます。
振り返ると青空を背景に金剛山・葛城山が連なっていました。

DSCF4622.jpg

DSCF4640.jpg

このあたりも彼岸花はまだ早いようでしたが、葛の花はあちこちで見かけました。

DSCF4675.jpg

葛城山麓線 その1


DSCF4525.jpg

9月14日 葛城山麓線を走ってきました。
そろそろ彼岸花の咲き具合はどうかなと思って、葛城山麓線を走りながら
あちこち見てきました。

DSCF4541.jpg

DSCF4528.jpg

葛城市に入ると道路は上り坂が多くなって、御所市あたりまで来るとかなり
標高の高いところを走るので、奈良の平野部を見渡せます。
ちょっとよそ見をしながら運転していたのですが、彼岸花はところどころ咲いて
いるものの、まだ早そうでした。

DSCF4538.jpg

DSCF4576.jpg

道路沿いの九品寺や一言主神社周辺はのどかな風景が広がります。
九品寺の駐車場の周りにはコスモス畑がありました。
こちらもまだ少々早そうですが、いくらか撮ってきました。

DSCF4560.jpg

DSCF4554.jpg

DSCF4569.jpg


みなみかわち歴史ウォーク その2


DSCF3977.jpg

野中寺のあたりまで来ると古墳が多くあります。
藤井寺市から羽曳野市あたりに広がる古市古墳群には大型の前方後円墳が
たくさん含まれて、このハイキングでもそれらを縫うように歩きました。

DSCF4003.jpg
                   辛國神社


DSCF4008.jpg
                     葛井寺


野中寺から北へ向かって、近鉄藤井寺駅の近くの辛國神社の境内を抜けて
葛井寺の前を通ります。
葛井寺は藤の咲くころに何度も参拝しているので入らずに、門前を真っ直ぐ
南へ下るとアイセラシュラホールという藤井寺市のホールの前に出ます。

DSCF4012.jpg

このホールは藤井寺市の施設ですが、市内の古墳で出土した「修羅」という
古代の橇(そり)の形を模してあります。
修羅は古墳などに使う巨石を運ぶものでした。

DSCF4021.jpg

DSCF4031.jpg
                    道明寺

DSCF4032.jpg

ここからは住宅街や古墳の周囲などを抜けて道明寺に至ります。
このあたりは藤原道真の祖先の根拠地で、大宰府に赴く前にこの寺にいた
叔母を訪ねて寄っています。
ハイキングの終着点はすぐ先の道明寺天満宮でした。
天満宮も梅が咲くころに何度も来ているので、境内は見ませんでした。

DSCF4027_20140914195724a4b.jpg

                   道明寺天満宮

みなみかわち歴史ウォーク その1


DSCF3968.jpg

9月7日 運動不足解消を兼ねてハイキングに参加してきました。
「みなみかわち歴史ウォーク」という3回連続のハイキングの第1回目です。
受付は近鉄南大阪線の布忍駅から少し離れた布忍神社の境内でした。
駅からの道も蟻の行列のようでしたが、神社の境内は蟻の巣のようでした。
受付で地図をもらって、あとは地図を頼りに各々自分のペースで歩くだけです。

DSCF3970.jpg

DSCF3974.jpg

しばらくは神社の前を流れる西除川の川沿いの遊歩道を南へ下って行きます。
川も遊歩道もあまりきれいだとは言い難く、足元に気を配りながら歩かなけ
ればなりませんでした。
そのうち竹内街道という古代からある道筋に合流していきました。
もちろん現在は竹内街道だと言われなければわからないような普通の生活
道路で、車もよく通っていました。

DSCF3975.jpg

DSCF3982.jpg

道路沿いには古い道標や歴史のありそうなお堂などが残っています。
やがて野中寺の門前に出ました。
野中寺は聖徳太子が建立した48寺のひとつだとされています。
境内では休憩や昼食をする人たちがたくさんいました。

DSCF3987.jpg

DSCF3991.jpg

DSCF3980_20140913214005682.jpg

本薬師寺跡のホテイアオイ その3

DSCF4190.jpg

本薬師寺は現在は金堂跡の礎石を残すのみで、そこには民家のような小さな
お寺が建っています。
伽藍の配置は現在の薬師寺と同じで、金堂の南側にふたつの塔がありました。

DSCF4275.jpg

DSCF4350.jpg
        右の土壇が西塔跡、大きな木がある土壇が東塔跡


東西両塔の土壇が水田の中にぽっかりと浮かぶようにあって、東塔のほうは
周囲を生け垣に囲まれた中に礎石がたくさん残っています。
塔芯礎の穴の中にもホテイアオイが咲いていました。

DSCF4173.jpg

DSCF4391.jpg

西塔のほうは土壇の上に大きな丸い礎石がひとつだけ残されています。
2時間くらいウロウロして撮影してきました。

DSCF4112.jpg

DSCF4339.jpg


本薬師寺跡のホテイアオイ その2

DSCF4103.jpg

例年は8月下旬がちょうどいい頃なのですが、今年は全然咲いていなくて
もしかしたらダメかもと思っていました。
ただ今年の花は少し小さめでした。

DSCF4071.jpg

DSCF4076.jpg

ホテイアオイの花は午前8時ころから開き始めます。
なのであまり早く行く必要もなく、この日も10時過ぎころから見物人やカメラ
マンたちが増えてきました。

DSCF4100.jpg

DSCF4106.jpg

ホテイアオイは浮き草で、水田の畝を歩くので長靴を履いていました。
ちなみに花は午後になると閉じてしまいます。

DSCF4222.jpg
                  一番前の低い山が天香久山

DSCF4287.jpg


本薬師寺跡のホテイアオイ その1

DSCF4062.jpg
          ここに来るといつも撮る定番写真(駐車場から)


9月9日 近畿一帯晴れマークの日だったので、奈良へ出かけました。
橿原市の藤原京跡にある本薬師寺跡のホテイアオイの様子を観に行ったの
ですが、なんと満開になっていました。

DSCF4064.jpg
         こちらも定番、人がいないうちに撮ろうと思いました


DSCF4265.jpg
             中央は畝傍山 遠くは葛城・金剛山


たくさん撮ってきたのですが、まだ写真の選択も出来ていないので、今夜は
少しだけ載せます。
あとは2,3回に分けて載せていこうと思います。
ちなみにホテイアオイはこんな花です。

DSCF4235.jpg

DSCF4233.jpg


スーパームーン


2日続けて月の話題です。
9月9日の満月はスーパームーンだそうです。

DSCF4491.jpg

午後7時ころ、東の空の月ですが、雲が多くてちょっとぼやけていました。



DSCF4498-1.jpg

スーパームーンは地球に最接近したときの満月で、通常の満月に比べると
14%も大きく、30%も明るいそうです。



DSCF4497-1.jpg

大きく引き伸ばしてみると地平線にクレーターも見えました。


中秋の名月


今夜は中秋の名月、こんなにきれいに見えているのも珍しいかと思うくらい
美しい月が見えています。

DSCF4052.jpg

先ほどベランダで撮った写真ですが、月明かりがとても明るくて、夜なのに
影ができていました。

DSCF4055-1.jpg

ちょっとトリミングしてみました。

DSCF4055-2.jpg

本当は明日9日が満月なのですが、わからないくらいまんまるです。

DSCF4055.jpg

天王寺七坂スタンプラリー


DSCF4036.jpg

実は、天王寺七坂を歩き始めてすぐに「スタンプラリー」の幟に気が付いて、
台紙を購入(100円)してから回っていました。

DSCF4045.jpg

それぞれの坂の近くにあるお寺にスタンプが設置されています。

DSCF4040.jpg

7つのスタンプを集め終わると「完歩証」がいただけました。

DSCF4043.jpg

扇町から天王寺まで その4


DSCF3948.jpg

愛染坂を下って路地をほんの少し歩くと清水坂です。
上り坂の右側の壁の向こうが清水寺で、坂の上から境内に入ると西向きに
視界が広がります。
墓地を抜けて石段を下ったところに大阪市内で唯一の滝「玉出の滝」があります。
形は京都の清水寺とそっくりで、3本の石柱の先から水が落ちています。

DSCF3950.jpg

DSCF3951.jpg

清水寺の正門を出るとすぐに天神坂ですが、坂は登らずに目の前の小さな
石段を上がると安居神社の境内に入ります。
安居神社は大阪冬の陣で真田幸村が戦死した場所で、本殿脇には幸村の
像とともに碑が建てられています。

DSCF3954.jpg

DSCF3956.jpg

安居神社を抜けると国道25号線に出ます。
この交通量の多い坂が最後の「逢坂」です。
国道の向こうに一心寺が見えています。

DSCF3961.jpg

一心寺はいつ来ても参拝者の多い寺で、この日も境内は混んでいました。
斬新な山門の両脇の仁王像や、門扉の天女のレリーフなどは見逃せません。
境内の墓地からは通天閣がよく見えます。

DSCF3966.jpg

ここから天王寺駅まで下ってJRに乗りました。
結局、この日は17kmほど歩いていました。

扇町から天王寺まで その3


高津宮から少し南に下ると千日前通りという大きな通りに出ます。
千日前通りの南側にある生國魂神社へ行くことにしましたが、ここまで来て
天王寺七坂を思い出し、ついでに歩いてみることにしました。

DSCF3920.jpg
                   生國魂神社北門


千日前通りから生國魂神社の北門へ上がる坂道が最初の坂「真言坂」です。
北門の両側には大きな灯籠がありますが、これがこの前の八軒家浜の古い
灯籠かなと思いました。(はっきりわかりません)

DSCF3923.jpg
                源聖寺坂


境内を抜けて東門の大鳥居の前の道を南へ行くとすぐに、両側にお寺が並ぶ
寺町のようなところになります。
その最初の辻を右に行くと「源聖寺坂」という坂があり、西へ下って行きます。

DSCF3926.jpg
                 口縄坂


このあたりは上町台地という台地で、西側に下る七つの坂があります。
もう少し南に下ると次は「口縄坂」で、降り口の脇にはこの坂が出てくる小説の
一文が刻まれた織田作之助の碑が建っています。

DSCF3930.jpg
                    愛染堂


DSCF3945.jpg


DSCF3934.jpg

口縄坂のすぐ南側にあるのが愛染坂で、降り口の脇に愛染堂が建ちます。
境内には大きな本堂や多宝塔、縁結びの霊木とされる「愛染かつら」などが
あります。
ちなみに愛染かつらの葉っぱはハート型です。

DSCF3936.jpg

DSCF3941.jpg


扇町から天王寺まで その2


天満橋からは谷町筋を南へ下ります。
11時を過ぎていたので、ビルの谷間の日陰を辿りながら歩きました。
谷町7丁目の交差点まで来た時に、知った風景を思い出しました。

DSCF3891.jpg

この交差点を東に入ったところに、道路の真ん中に御神木が残されています。
道路をカーブさせてまで、舟形に囲まれた土地にざっくりと枝を切り取られた
御神木と鳥居、祠などが建っています。
実はこのあたりには他にも同じような御神木が数カ所あります。

DSCF3888.jpg

交差点の南東側のビルの脇に近松門左衛門の墓があります。
普通に歩いていると通りすぎそうなくらい狭い入口の横に説明板が立てられて
いて、5mほど奥に小さなお墓が建っています。
元々はこの地にあった寺の境内にあったのですが、寺の移転に伴い墓だけを
この場所に移転、改修したそうです。

DSCF3911.jpg

DSCF3900.jpg

今度は谷町筋を西側へ入って、500mほど歩くと高津宮です。
午後の陽射しはきつかったのですが、境内は樹木がうっそうとして長い参道や
石段はまだら模様になっていました。
参拝するひとがちらほらいらっしゃいますが、静かでした。

DSCF3892.jpg

DSCF3894.jpg

扇町から天王寺まで その1


DSCF3854.jpg

9月2日 JRのハイキングに参加しようと集合場所の扇町公園へ行ったの
ですが、勘違いで実は3日だったので誰もおらず、しかたなくひとりで適当に
歩くことにしました。
自分の記憶だけを頼りにところどころでスナップ写真を撮ってきました。
写真は扇町公園の入り口に残された競技用プールの名残です。
奥の青い建物は関西テレビです。

DSCF3859.jpg

DSCF3868.jpg

まずは天神橋商店街のアーケードの中を南へ下ります。
もうすぐ天神橋というところで商店街を外れると大阪天満宮です。
南向きに開く大門の下に立つと干支や方角が刻まれたカラフルな円盤を
見ることができます。
正面が大きな本殿で梅のマークが入った提灯がたくさんぶら下がっています。

DSCF3866.jpg

DSCF3865.jpg

大門を出るとわずか10mほど東側の料亭の門前に「川端康成生誕の地」碑が
あります。
現在はありませんが、この料亭が建つ場所に生家がありました。

DSCF3886.jpg

DSCF3884.jpg

そこからふたたび商店街に戻って、天神橋に出ました。
天神橋の南詰を八軒家浜まで歩きますが、ここは先日中之島公園を歩いた
時に紹介しているので特に撮らず、川の駅で休憩しました。

中之島公園 その3

DSCF3663.jpg

バラ園から難波橋の下をくぐると川沿いに洒落たお店が並んでいます。
そこから並木の向こうに赤煉瓦の大阪市中央公会堂が見えていました。
右側には大阪市立東洋陶磁美術館があります。

DSCF3672.jpg
                 東洋陶磁美術館


DSCF3671.jpg
                   中央公会堂


中央公会堂の周りは人がたくさんいました。
中では何かの催しがあるようでした。
写真を撮る人たちも結構いました。

DSCF3678.jpg

DSCF3691.jpg

DSCF3699.jpg

中央公会堂の南に架かる橋の上から大阪市役所側と、さっき歩いて来た
難波橋のほうを撮影してから、ふたたび難波橋まで戻って京阪電車に乗って
帰りました。

DSCF3702.jpg
                  右は大阪市役所

DSCF3714.jpg
           中央は難波橋、奥はOMMビル、生駒山

プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR