FC2ブログ

葛城山 その3


DSCF7888.jpg

奈良盆地がよく見渡せるあたりに石のベンチがあったので、コンビニで買って
きたおにぎりを食べました。
ちなみにおにぎりは「海老マヨ」と「鶏の炭火焼」でした。

DSCF7893.jpg

DSCF7897_20141031171211e1c.jpg

陽射しはあるのですが、風が気持ちよくて暑くはありませんでした。
奈良のほうは連なる山々の影が重なって見えています。
少し座っていてから、戻ることにしました。

DSCF7917.jpg

DSCF7927_201410311715318ee.jpg

DSCF7934.jpg

立ち止まっては写真を撮ってきました。
ほとんど青空の写真ばかりになっています。
11時40分発の下りロープウェーに乗ったのは私だけでした。

DSCF7941.jpg

DSCF7936.jpg


スポンサーサイト



葛城山 その2


DSCF7863.jpg

葛城山頂上は起伏があって、全体的にススキに覆われています。
南側に少し下ると、葛城山荘という宿泊や食事ができる施設があります。

DSCF7811.jpg

その前に「天空のハッピーベル」という鐘があって、「二人の愛の鍵をつけて
中央のベルを鳴らしてください」と記されたプレートがつけられていました。
鐘の下には小さな赤い鍵がたくさん付けられています。
そのベルの向こうに見えるのが金剛山です。

DSCF7817.jpg

DSCF7837.jpg

そこから金剛山のほうへ少し下ったところにもススキがたくさんありました。
5月にはつつじも有名なので、一度は来たいと思っています。

DSCF7847.jpg
                    こちらは大阪側

DSCF7865.jpg
                    こちらは奈良側

さすがに平日ということで、観光客はちらほらでした。
雲ひとつない青空が広がっています。

DSCF7873.jpg

DSCF7890.jpg

葛城山 その1


DSCF7755.jpg

10月24日 快晴の天気ということで、葛城山へ行ってきました。
いつものように葛城山麓線からロープウェーの駅がある道路へ入ると、間もなく
駅下の駐車場に着きます。
車は10台くらい停まっていました。

DSCF7974.jpg

ロープウェーに乗ってしまうと、頂上駅までは約6分です。
駅前には登山客が7,8人いらっしゃいましたが、始発の9時10分発に乗った
のは4人だけでした。
眼下には真正面に大和三山や額井岳が望めました。

DSCF7968.jpg

DSCF7784.jpg

頂上駅からは林の中の上り坂をしばらく登って行きます。
やがて食堂・売店やトイレがあるところから、右手に階段を上がっていくとすぐに
葛城山頂上に出ました。
山頂の向こうには広々と大阪平野が見えています。
ススキはたくさんありましたが、想像していたよりは少なく感じました。

DSCF7786.jpg

DSCF7790.jpg

DSCF7798.jpg


鶴見緑地公園バラ園


DSCF7664.jpg

長居公園から地下鉄を乗り継いで、途中天王寺駅の地下街で昼食を食べて
鶴見緑地公園まで来ました。
急ぎ足で公園内を横切って、2時からの講習会にギリギリ間に合う時間でした。
風車の丘の前を通ったとき、新婚カップルの記念写真撮影をしていたので、
ついでに内緒で撮らせていただきました。
サルビアの上に見えるのが花嫁と、衣裳を手直ししている女性です。

DSCF7671.jpg

DSCF7709.jpg

バラ園の説明はボランティアの女性がされていました。
そのあと風車の中でバラの種類や育て方の講習会があったので、初めて
風車の中に入りました。
普段は入れませんが、中は鉄骨で組まれた倉庫のような感じです。

DSCF7704.jpg

DSCF7714.jpg

講習会が終わってからバラ園の撮影を始めました。
ここのバラ園は広くはなく、花の咲き方もかなり少なかったのであまり撮る
ところもなくて、ちょっと残念でした。
最後に再び風車と青空を撮って終わりです。
ちなみにこの日もスタンプラリーの粗品は肥料とクリアーファイルでした。

DSCF7747.jpg


長居植物園バラ園 その2


DSCF7550.jpg

長居植物園のバラは傷んだ花もほとんどなく見頃でした。
秋のバラは春に比べて、花は小さくて少なく、香りと色は濃いそうです。
しかし花の少なさは感じないほどよく咲いていました。

DSCF7615.jpg

DSCF7543.jpg

DSCF7619.jpg

午後2時からの鶴見緑地公園バラ園の講習会にも参加しようと思っていた
ので、あまりゆっくりも撮れなかったのですが、それでも1時間くらいバラ園の
中をウロウロしていました。

DSCF7560.jpg

DSCF7623.jpg

DSCF7567.jpg


長居植物園バラ園 その1


DSCF7528.jpg

10月21日 天気が良かったので、長居植物園と鶴見緑地公園のバラ園を
ハシゴしてきました。
例によってバラの講習会やスタンプラリー付きです。
さらに例によって地下鉄の一日乗り放題チケット(平日800円)を購入しました。

DSCF7644.jpg

DSCF7636.jpg

長居公園はジョギングをする人たちや、ベンチでくつろぐ人たちでいっぱいでし
たが、植物園の中は空いています。
花壇には様々な種類と色の花が溢れていました。
この日は幼稚園や小学校の遠足がとても多いようで、紅白帽を被った子供
達の団体があちこちにいました。

DSCF7632.jpg

DSCF7547.jpg

バラ園に着いたのは10時20分、講習会が始まる10分前でした。
入り口のところに張ったテントで受付、参加者は20人ほどです。
講習会はバラ園を歩きながらバラの説明や育て方など詳しく1時間くらいして
いただきました。
それが終わってから写真を撮り始めました。

DSCF7576.jpg

DSCF7592.jpg

DSCF7606.jpg


靭公園バラ園


DSCF7455.jpg

中之島公園からは地下鉄2駅で靭(うつぼ)公園直近の四つ橋線本町駅です。
四ツ橋筋に出て北へほんの2~3分歩けば公園の入り口です。
道沿いには何やら機動隊の車が停まっていたので、おかしいなと思っていたら
公園の中でデモの集会をやっていました。

DSCF7380.jpg

DSCF7460.jpg

靭公園のバラ園は背の高い木々に囲まれ、前面に芝生が敷かれています。
中央には浅い水路があって、子供たちが遊んでいました。
バラ園の中は家族連れやグループ、カメラマンでもの凄い賑わいです。
中之島に比べて、バラはきれいに咲いていました。
傷んだ花はあまりなさそうなので、見頃でした。

DSCF7462.jpg

DSCF7396.jpg

靭公園は第2次大戦後占領軍の飛行場になっていたこともあって、東西に
800mあまりの細長い形をしています。
現在は昼間でも陽射しを遮るくらいの木々に囲まれて、バラ園以外のところも
くつろぐ人たちがたくさんいました。

DSCF7425.jpg

ちなみにスタンプラリーはふたつのバラ園でスタンプを押してもらって、肥料と
クリアーファイル3枚のセットをいただいてきました。

DSCF7489.jpg

DSCF7482.jpg


中之島公園バラ園


DSCF7294.jpg

10月18日 中之島公園と靭公園のバラ園に行ってきました。
この日は地下鉄が便利かと思い、一日乗り放題のチケット(土日祝用600円)を
購入して回ることにしました。
大阪府営公園のバラ園でイベントがあり、バラ園の説明や、育て方の講習会、
スタンプラリーなどもあります。

DSCF7373.jpg

講習会は10時半からで、実は参加するつもりはなかったのですが、ちょうど
始まる直前に着いて誘われたので断りきれませんでした。
参加者は20人くらいでバラ園の中を歩きながらいろいろ説明していただけます。
バラの種類や名前、剪定の仕方などでした。

DSCF7327.jpg

DSCF7330.jpg

イベントの日に合わせて開花するように、夏の終わりごろに剪定をしていた
そうなのですが、気温が低くくて遅れているそうで、すこし隙間が目立つ感じ
でした。
3~40分ほどで講習会は終わったので、その後はバラ園の中をウロウロしな
がら写真を撮りました。
雲ひとつない快晴の青空が広がっていました。

DSCF7351_20141023234525bc6.jpg

DSCF7360.jpg


藤原京跡と橿原運動公園


DSCF7229.jpg

曽爾高原からの帰りに藤原京跡のコスモスの様子を見るために寄りました。
この前来たときと同じ西側の一部でしたが、たくさん咲いていました。
その周りの育ちつつある苗は3~40cmくらいになっています。

DSCF7211_20141022161536747.jpg

DSCF7261.jpg
                   奥は畝傍山


その後、大阪へ戻ろうとバイパスに乗って走りながら、ふと前日の開花情報に
書いてあった橿原運動公園のバラ園を思い出したので寄ることにしました。
すぐにバイパスを降りて、少しぐるっと回り込まなければなりませんでしたが、
橿原運動公園はすぐでした。

DSCF7255.jpg

DSCF7273.jpg

バラ園は公園の南西側の近鉄電車の線路のそばにありました。
すぐ東側に畝傍山があり、西側には二上山も大きく見えています。
まだ新しくできたばかりのようで、出来上がってない部分もありますが、咲いて
いるバラはちょうど見頃でした。

DSCF7287.jpg
              奥は二上山

曽爾高原 その3


DSCF6953.jpg
                   亀山方面

DSCF6952.jpg
             俱留尊山方面


登山道はわずか10~15分で尾根に出ます。
尾根上はもの凄い風で吹いていて、あおられて飛ばされそうでした。
尾根はほんの4~5mの巾しかなく、すぐに三重県側に下る道があります。
木々の向こうに青い山の連なりが見えていました。

DSCF6968.jpg

DSCF6962.jpg

左へ登れば俱留尊山、右へ登れば亀山ですが、左へ行くことにしました。
キャップが飛ばされそうだったので、片手で押えて歩きました。
なだらかな坂がまっすぐに続いていて、上から降りてくる人もいます。

DSCF7005.jpg

DSCF7012.jpg

DSCF7109.jpg

最初は陽が射していたのですが、すぐに曇ってきました。
空を見ると雲の流れが早い。
しばらく登ったのですが、風が強いし、曇っているので、降りることにしました。
ときどき陽射しがススキを浮かび上がらせるので、下りながら写真を撮り、
お亀池を回りながら写真を撮り、ぶらぶらと駐車場まで戻ってきました。

DSCF7138.jpg

DSCF7091.jpg


曽爾高原 その2


DSCF6911.jpg

曽爾高原には何度も来ていますが、やはりどう見てもススキが少ないようで
押し寄せるような感覚がありません。
風がススキを渡って波のようにうねる感じもありませんでした。

DSCF6907.jpg

DSCF6919.jpg

山への登り口の前には広々と開けたスペースがあり、テーブルなどが置かれて
います。
そこから丸太を横に並べたような階段が、俱留尊山と亀山を結ぶ尾根の鞍部
までなだらかに続いています。

DSCF6922.jpg

DSCF6935.jpg

徐々に眺望が開けて、遠くの山もよく見えるようになってきました。
さっきのベンチは足元に小さくなっています。
陽射しが山側から来るので、逆光になったススキが光ってきれいでした。
ススキを撮るときはこれがきれいだなといつも思います。

DSCF6936.jpg

DSCF6946.jpg
             手前の道は登ってきたところです

DSCF6951.jpg
                      お亀池

曽爾高原 その1


DSCF6868.jpg

10月17日 奈良県の曽爾高原へ行ってきました。
三重県に隣接するところなので、大阪からだと車でもたっぷり2時間以上は
かかります。
朝早く出たので、曽爾高原の駐車場に着いたのは8時ころでした。
半袖Tシャツ、長袖Tシャツ、ベスト、ウインドブレイカーを重ね着していたので
ちょうどいいくらいでした。

DSCF6888.jpg

DSCF6891.jpg

駐車場から2~30mも歩くとすぐに高原のススキが広がる風景が見えます。
すぐ前には柵で囲まれた湿地「お亀池」がありますが、そちらへは行かずに
池を見下ろすような遊歩道のほうへ少し登りました。
遊歩道は石畳になっていて、登山道のほうへ続いています。

DSCF6877.jpg

DSCF6892.jpg

右側には俱留尊山と亀山が連なり、急な斜面がすり鉢状の底のお亀池へと
下ってきます。
左側は広く眺望が開けて、兜岳や鎧岳といった山々が見えていました。
前日の開花情報では見頃になっていたのですが、全体的に少ないような
気がしました。

DSCF6902.jpg

DSCF6885_20141019201637cec.jpg
                         左が俱留尊山、右が亀山


DSCF6903.jpg


a b e n o の a


前から撮りたいものがあって、阿倍野へ行ったついでに撮ってきました。
あべのハルカス前の歩道橋です。
ハルカスやJR天王寺駅、天王寺公園など、交差点の四隅を繋いでいます。
老朽化に伴い新しく架け換えられました。

DSCF6861.jpg

その形が a b e n o の a を図案化したものだということで、観てみたかった
のですが、ハルカスの16階展望テラスやエレベーターからは柱などが邪魔で
見えませんでした。
JR天王寺駅の上のビル内をウロウロしながら見える場所を探すと、11階の
食堂街にある喫煙室の脇からやっと見えました。

DSCF6862.jpg

撮りながら見ていましたが、a に見えませんでした。
新しい歩道橋は屋根がついていて、白く光っています。
交差点の四隅を繋いで円形になっているのはわかるのですが、よくわからな
かったので家に帰ってからネットで検索してみました。
逆でした。 a に見えますでしょうか?


新印象派展~あべのハルカス美術館

DSCF6828.jpg

10月15日 天王寺にあるあべのハルカスまで行ってきました。
11時ころに出て歩いて行ったので途中でお昼をすることになり、JR寺田町駅
近くでお好み焼きを食べました。ちなみに豚モダンです。

DSCF6835.jpg

あべのハルカス美術館で開催中の「新印象派展」を観てきました。
スーラやシニャックを中心にすべて点描の絵ばかりでした。
点描の絵をこれだけまとめて観たのは初めてですが、色は明るくて暖かく
輪郭はぼんやりやさしい感じでした。

DSCF6857.jpg

平日の午後で観覧者は多くも少なくもなく、ゆったり観ることができました。
点描は原色の点を重ねて描いていますが、点の大きさは細かなものから
かなり大きな点まで様々でした。
大きな点だとモザイクのようになって、ほとんど抽象画のような絵もあります。

DSCF6840.jpg

DSCF6849.jpg
                    通天閣

観覧後は美術館前の展望テラスに出て市内を眺めました。
16階にあるので見晴らしはいいのですが、全体がガラス張りで、天井はない
もののちょっと閉塞感があります。
足元には天王寺公園と大阪市立美術館、その向こうには通天閣や四天王
寺も見えます。

DSCF6851.jpg
                   天王寺公園

DSCF6841.jpg
                             四天王寺

鶴見緑地公園


DSCF6697.jpg

10月11日 ウォーキングも兼ねて鶴見緑地公園へ行ってきました。
JR放出駅から歩くことにしました。
前にも歩いたことがあって道順はだいたいわかっていたので、間違わずに
約40分で着きました。

DSCF6759.jpg

DSCF6727.jpg

近くまで行くと展望塔が見えるので、それを目指して行きますが、現在は閉鎖
されています。
土曜日の午後だったので、公園は家族連れなどで賑やかでした。
雲の多い天気で、うっすらと青空が見える程度です。
花があるかどうかわからなかったのですが、風車の丘とバラ園へ向かいました。

DSCF6716.jpg

DSCF6738.jpg

バラ園はまだ早いのか閑散としていましたが、風車の丘には赤いサルビアと
コスモスが咲いていました。
コスモスは時期遅れで傷んだ花が目立ちましたが、丘の上は写真を撮ったり
くつろいだりする人たちでいっぱいでした。

DSCF6819.jpg

園内には花博開催時に造られた様々な国の建物や庭園などが残されています。

DSCF6826.jpg

藤原京跡のコスモス


DSCF6556.jpg

馬見丘陵公園から藤原京跡へ向かいました。
いつもならコスモスに埋もれるような時期なのですが、今年は遅れていると
いうことで咲き具合を見に行くつもりでした。
大極殿跡の駐車場を過ぎて、農道に入りました。

DSCF6585.jpg


ハス畑のあたりもコスモスはなく、そのまま農道を廻り込んで西側の小学校の
前まで来た時にやっとコスモスが咲いていました。
車を資料館の駐車場に停めて、そこまで行ってみました。

DSCF6568.jpg
               奥は耳成山


DSCF6590_2014101215191686b.jpg

DSCF6576.jpg

畑3枚分くらいにコスモスが咲いていますが、隙間が目立つような咲きかた
でした。
うろうろしてみると、その周辺の畑にもコスモスの小さな芽が出ていることに
気がつきました。
まだ10cmくらいの高さなので、もう少し時間がかかりそうでした。
もう一度来ることになりそうです。

DSCF6551.jpg
            すすきの手前の緑はコスモスの苗です

馬見丘陵公園 その2


DSCF6442.jpg

花畑の反対側にも様々な花が咲いていました。
特にダリアの花壇が満開でした。
花畑の世話をしていらっしゃる人たちがあちこちにいて、傷んだ花などを摘んで
いるようでした。

DSCF6447.jpg

DSCF6497.jpg

平日にもかかわらず公園はとても混んでいました。
美味しいものが食べられるお店も出ていて、青空の下に並べられたテーブルで
食べることができます。

DSCF6477.jpg

DSCF6504.jpg

主な花はダリアとコスモスでした。
ダリアは色も豊富で、顔くらいの大きさの花もあります。
コスモスは去年よりもたくさんありましたが、咲き方はイマイチでした。

DSCF6460_20141011191410348.jpg

DSCF6534.jpg


馬見丘陵公園 その1


DSCF6380.jpg

法起寺の後どこへ行こうか迷いましたが、遅れている藤原京跡のコスモスの
様子を見に行くことにしました。
法隆寺方面へ車を走らせながら、馬見丘陵公園に寄ろうと思いつきました。
公園は法隆寺から6kmほど南にあります。

DSCF6387.jpg

駐車場に入ると、先日載せた花畑が目に飛び込んできます。
この前のは車から降りて一枚目に撮った写真でした。
フラワーフェスタを開催中で、平日なのに駐車場は満杯状態です。

DSCF6398.jpg

DSCF6390.jpg

まずは駐車場前の花畑から撮り始めました。
様々な色の花が満開の丘です。
たくさんの家族連れやカメラマンたちがあちこちにいらっしゃいました。

DSCF6413.jpg

DSCF6421.jpg

しばらく撮ってから丘を登りました。
丘の向こう側はなだらかに下る芝生広場になっていて、下ったところには
大きな屋根の付いたステージのようなものがあります。
一度ステージまで下って、もう一度登って、今度は花畑の向こう側へ行って
みることにしました。

DSCF6439.jpg


法起寺のコスモス


DSCF6114.jpg

10月7日 台風が過ぎた次の日は快晴の空でした。
コスモスが咲いているだろうと思って、斑鳩の法起寺へ行くことにしました。
先に法隆寺西側の藤の木古墳に寄りましたが、背後のコスモス畑は前日の
台風でなぎ倒されて寝ているような状態でした。

DSCF6149.jpg

DSCF6197.jpg

法起寺前に無料の駐車場が設けられているので、そこへ停めました。
コスモスは法起寺の東側から南側に植えられています。
平日でしたがコスモス畑の中にカメラマンの姿が見えていました。
農道を歩きはじめると、やはりここもすべてのコスモスが倒れていて、濡れて
絡まっているようで、風に揺れる雰囲気は味わえません。

DSCF6164.jpg

DSCF6232.jpg

きれいに咲いているところを探しながらコスモス畑沿いに歩きました。
どこからも三重塔が見えるので、必ず入れて撮ってしまいます。
この塔は706年の建立で、日本最古の三重塔です。

DSCF6181.jpg

DSCF6229.jpg

法起寺は聖徳太子建立七か寺のひとつとされ、606年に太子が法華経を
講説した岡本宮を寺に改めたと伝えられています。
写真を選びながら見ていたのですが、絡まった感が強くて、柔らかく揺れる
やさしさが伝わってきません。

DSCF6252.jpg

DSCF6267.jpg

DSCF6255.jpg


皆既月食


今夜は日本中で皆既月食が見られたようです。
大阪はよく晴れていて夕方からずっと月が見えていました。
6時半ごろから徐々に欠けてきて、9時半ごろにはほぼ元通りの満月でした。
しかし暗いのでピントが合わずうまく撮れませんでしたが、載せてみます。

DSCF6622.jpg
                     19時04分

DSCF6632.jpg
                     19時15分

DSCF6637.jpg
                     20時11分

DSCF6655.jpg
                     20時41分

DSCF6677.jpg
                     20時58分

DSCF6685.jpg
                     21時26分

DSCF6692_20141008231746592.jpg
                     21時36分


台風一過


今日は素晴らしい秋晴れだったので、奈良へ行ってきました。
まだ全部見てなくて、適当に選びましたが、3枚とも今日撮ってきた写真です。
とりあえず、速報まで。
明日以降に順次載せていきます。

まずは法起寺。

DSCF6268.jpg


2枚目は馬見丘陵公園。

DSCF6378.jpg


3枚目は藤原京跡。

DSCF6591.jpg


伏見稲荷大社


DSCF5739.jpg

早朝に出たので京都へは7時半ころに着いていました。
寺の拝観などには早いので、まずは伏見稲荷大社へ寄ることにしました。
伏見稲荷駅を降りて参道を行くとすぐにJRの踏切を越えます。
間もなく鳥居が見えると両側には土産物屋さんや準備中の露店のテントが
並んでいました。

DSCF5743_20141006215349289.jpg

DSCF5811.jpg
                               楼門

DSCF5806.jpg
                               舞殿


鳥居の奥に大きな朱塗りの建物が見えていたのは楼門でした。
この楼門は1589年に豊臣秀吉が造営したものです。
楼門をくぐると舞殿、内拝殿、本殿が真っ直ぐに並びますが、どの建物も美しい
朱色が眩しいくらいに映えていました。
伏見稲荷は2014年の外国人に人気の観光スポットに選ばれているそうで、
早朝にもかかわらず外国人の観光客も多く見受けられました。

DSCF5807.jpg
                             拝殿の装飾

DSCF5763.jpg
                        鳥居形の絵馬と、奥は拝殿

DSCF5778.jpg

本殿の左側の石段を登って行くと、有名な千本鳥居という朱塗りの鳥居の
トンネルです。
鳥居は延々と続きながら、稲荷山を巡拝するようになっています。

DSCF5780.jpg

DSCF5784.jpg

隙間もないように見えますが、陽の差し込み具合で参道の色が変わるのは
面白く思えました。
全部は登らずに途中で横道に逸れて本殿まで戻ってきました。

DSCF5793.jpg

DSCF5808.jpg


川瀬巴水展


10月4日 京都へ行ってきました。
河原町の高島屋で開催中の「川瀬巴水展」の最終日が6日だということに
気がついて、慌てて出かけたのでした。

DSCF5984.jpg

今日は京阪電車の「洛楽京都 1Dayチケット」というお得なチケットを京橋駅で
購入しました。
このチケットは1000円で、今日から11月30日までの期間限定発売です。
大阪~京都間往復と伏見稲荷~出町柳間は1日乗り降り自由になっています。
ということで、川瀬巴水展だけではもったいないので、伏見稲荷、東福寺、
清水寺なども寄ってきました。

DSCF5983.jpg

川瀬巴水の絵は前から間近で観たいと思っていたのですが、やはり観に行く
だけのことはあって、とても良かったです。
もっと混んでいるかと思っていましたが、ちょうどいいくらいにゆったりゆっくり
観ることができました。
すべてガラスの額縁に入った展示だったので、反射や背後の写り込みが
あって少し見にくいところがあったのがちょっと残念でした。

DSCF5986.jpg


ブックカバー


DSCF5729.jpg

美術展に行くと様々な展覧会のチラシがたくさん置いてあるので、必ずいた
だいてきます。
装丁も美しく紙質も良いものが使われているので、ただのチラシにするには
もったいなく、よくブックカバーにして使っています。
ちなみにいただいてくるチラシは吟味して選んできます。

DSCF5730.jpg

昨日の「こども展」でもいくらかもらってきたので造ってみました。
これは近々あべにハルカス美術館で開催される「新印象派展」のチラシで
見開き3枚もあって珍しく大きなものです。
これだとほぼどんな大きな本にも適応できます。
文庫本だと1枚でいけるし、本の大きさに合わせて使えばいいと思います。

DSCF5733.jpg

DSCF5731.jpg

これはあまりにも大きいので絵の部分だけ切り取りました。
あとは本の大きさに合わせて折りたたむだけです。
わずか10分もかからずにできました。

DSCF5734.jpg

DSCF5735.jpg

こちらは京阪電車の1Dayチケットのチラシで造ったものです。
広告など気にならないくらいきれいです。
ネタ切れのため、今日はこれで。

DSCF5736.jpg

DSCF5737.jpg


天王寺公園と「こども展」


DSCF5693.jpg

10月2日 ウォーキングも兼ねて天王寺公園まで歩いて往復してきました。
公園内の大阪市立美術館で開催中の「こども展」を観るためでした。
朝から雲の多い空模様でしたが、天王寺までは薄日が射して暑いくらいで
Tシャツ1枚で充分でした。

DSCF5696.jpg

DSCF5703.jpg

DSCF5724.jpg

天王寺公園に入るのは有料で、美術館のチケットを持っていれば入れます。
平日なので公園内にはさすがに子供の姿はなかったのですが、美術館へ行く
人たちが案外多いようでした。
花壇にはたくさん色とりどりの花が咲いていました。
早くも紅葉している木もあります。

DSCF5709.jpg

「子供展」はたくさんの画家たちが、こどもを描いた絵を集めた企画展です。
空いているかと思っていた展覧会は予想に反して混んでいました。
子供の絵なので観るほうも優しい眼差しになるようです。
画家は知らない名前が多かったのですが、気に入った絵もありました。

DSCF5715.jpg

DSCF5721.jpg

美術館で「あべちか」の食事割引のチラシをもらったので、しっかり食事を
して、帰りもほぼ同じ道を歩いて帰ってきました。(約12km)
雨が降るような予報だったのですが、傘は使わずに済みました。

DSCF5722.jpg


プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR