FC2ブログ

九品寺と一言主神社の紅葉 デジブック





九品寺と一言主神社の紅葉の写真で作ってみました。
フルウィンドウでご覧ください。
ちなみに、30日間で削除されます。


スポンサーサイト



中之島ウォーターファンタジア


DSCF4309.jpg
                     玉江橋

友だちからまだ連絡がなかったので、京阪電車中之島線「なにわ橋駅」から
乗って、西へ3駅「中之島駅」へ行きました。
目指すのは堂島川のほたるまち港です。

DSCF4315.jpg

DSCF4268.jpg

すぐ前に朝日放送のビルが見え、福沢諭吉の生誕地碑も近くにあります。
玉江橋もライトアップされていました。
その玉江橋のすぐ脇に、毎年のように大阪のどこかに出没する巨大なラバー
ダックが川に浮かんでいるのですぐにわかりました。

DSCF4278.jpg

DSCF4284.jpg

7時ころになって友だちから仕事終了の連絡があったのですが、ちょうど
ショウが始まったので、撮っていくことにしました。
ラバーダックの前で虹色の噴水が吹きあがります。
音楽とコラボしているようなのですが、川の向い側から撮っていたのでよく
わかりませんでした。
10分ほど撮影してから、待ち合わせは新今宮駅だったのでJR福島駅まで
歩いて、環状線に乗りました。

DSCF4317.jpg

今年の旅日記はこれで終わりです。
いつもブログをご覧になっていただいている方々にはお礼を申し上げます。
良いお年をお迎えください。

DSCF4270.jpg


何かいいことあるかな?


IMG_9087.jpg
                   嵐山 渡月橋


今朝、銀行のATMで1万円拾いました。
入った途端に機械の前の床に落ちているのが、すぐに目に止まりました。
ちゃんと銀行に電話して指示に従い、お札を封筒に入れて部屋の中にある
鍵付きのボックスに入れておきました。
一応名前と電話番号は訊かれました。

就職が決まったので、ハローワークから給付金の60%をいただけることに
なったし、なんかついてきたんじゃないの・・・なんて思ってしまいます。
来年は何かいいことがあればいいのですが。


フェアリー・ローズ・ファンタジア 2014 その3


DSCF4174.jpg

DSCF4177.jpg

西側のバラ園を一周してから、ふたたび東側へ戻ってもう一度観ました。
同じような写真ばかりですが、もう少し載せます。

DSCF4179.jpg

DSCF4191.jpg

DSCF4224.jpg

DSCF4232.jpg

DSCF4233_20141226204929765.jpg

さらに西側を抜けて、最後は難波橋をくぐって中央公会堂の方へ向かいました。
中央公会堂では壁に映像が映し出されていました。

DSCF4240.jpg

DSCF4255.jpg

DSCF4259.jpg


フェアリー・ローズ・ファンタジア 2014 その2


DSCF4145.jpg

フェアリー・ローズ・ファンタジアは妖精をイメージしているそうで、西側は妖精
たちが誕生する瞬間を表現、東側は成長した妖精たちが華やかに飛翔する
祝宴を表現しているということです。

DSCF4149.jpg

DSCF4150.jpg

DSCF4151.jpg

どちら側もバラ園の中心にイルミネーションが配置されていて、周りの通路は
一方通行になっていましたが、私は知らずに適当に歩いていました。

DSCF4154_20141225180312bfc.jpg

DSCF4160.jpg

DSCF4166.jpg

東側をひと回りしてから橋を渡って西側へ入りました。
中央にツリー状の装飾と、その周りには三角形や円形の装飾が散らばって
配置されています。
カメラマンたちもあちこちにいらっしゃいました。

DSCF4169.jpg

DSCF4170.jpg


フェアリー・ローズ・ファンタジア 2014 その1


DSCF4104.jpg

12月22日 前の会社の同僚と食事に行く約束をしていたので、待ち合わせ
までの待ち時間に中之島のイルミネーションを撮ってきました。
JR大阪天満宮駅で降りて、天神橋商店街を南へ、5時半ころに天神橋に
着きました。
陽は沈んでいましたが、西の空はまだ白暮でした。

DSCF4106_20141224130212609.jpg

DSCF4112_20141224130213c09.jpg

DSCF4114.jpg

天神橋から中之島に降りて、まずは東側の噴水に行きました。
噴水もライトアップされていて、遠くにはブルーで彩られた天満橋が見えて
います。
今度は天神橋をくぐって西側へ行くと芝生広場の向こうが賑やかでした。
阪神高速道路の高架下の通路の両側に食べ物の店が並んで、いい匂いが
漂っていました。

DSCF4118_2014122413080900c.jpg

DSCF4124_20141224130922dda.jpg

その向こうにバラ園のイルミネーションが広がっています。
バラ園は東側と西側があって橋で繋がっていますが、ここは東側になります。
何分かごとに音楽に合わせてイルミが点滅していました。

DSCF4126.jpg

DSCF4130.jpg


終い弘法


DSCF4099.jpg

12月21日 ウォーキングを兼ねて天王寺まで歩いてきました。
この日は弘法大師の月命日なので四天王寺では弘法市が開かれます。
その年の最後の弘法市なので「しまい弘法」です。
家の前の道を真っ直ぐに西へ向かうと片道1時間くらいの距離で、四天王寺の
南門の前に出てきます。

DSCF4056_20141223165516847.jpg

DSCF4050.jpg

DSCF4090.jpg

門前には駐車場に入場待ちの車が並んで、開かれた門からは境内の賑やか
さが見えていました。
通路以外のところは骨董や食べ物の露店が所狭しと並び、吟味する人たちで
境内は大混雑でした。
ありとあらゆるものが売られていて、欲しいものが決まっていれば探しようも
あるのかもしれませんが、漠然と見ているだけではガラクタにしか見えません。

DSCF4088.jpg

DSCF4073.jpg

DSCF4076_201412232034257c2.jpg

この日は通常拝観料金が要る中心伽藍が開放されていました。
すべて戦後に再建されたもので、鉄筋コンクリート造りです。
五重塔の中も入れて、狭いのですが5階まで登れました。
塔の各階には位牌がたくさん安置され、一番上には仏舎利がありました。
特に買うものもなく、阿倍野ハルカスの16階展望台に登ってからふたたび
歩いて帰ってきました。

DSCF4079.jpg

DSCF4085.jpg

DSCF4098.jpg


神戸ルミナリエ その2


DSCF3989_20141221083936a15.jpg

壁のようなイルミネーションがある場所は、人が多すぎて全体像が見えない
のですが、広場か公園かグラウンドのようなところでした。
イルミの壁に囲まれた中の奥の方に教会を思わせるドーム型の装飾があり
ます。

DSCF3993.jpg

DSCF3995.jpg

正面から行くと奥のドームまでは行けそうもないくらい、足の踏み場もない
ような人混みでした。
一旦外へ出て回り込むと、そのドームのあたりは案外空いていました。
広場の周りでは露店がたくさん並んで、いい匂いが漂っています。

DSCF4004.jpg

DSCF4010.jpg

神戸ルミナリエは阪神淡路大震災の犠牲者への鎮魂と、街の復興・再生を
願って、震災の年からずっと開催されて20回目を迎えました。
毎年、その年のテーマに沿ったデザインで造られているそうです。
広場から駅までは真っ直ぐでした。

DSCF4011_20141221084324298.jpg

DSCF4034.jpg


神戸ルミナリエ その1


DSCF3921.jpg

横尾忠則現代美術館を出たのは午後4時半ごろで、6時点灯のルミナリエには
時間があったので三ノ宮まで歩くことにしました。
三ノ宮までは2駅で、JRの高架沿いにブラブラ歩きました。
事前にチラシを見ていたのですが、ルミナリエは歩く場所が決められていて
次の元町駅のほうが近いようでした。

DSCF3928.jpg

DSCF3929.jpg

そのうち工事用の柵で区切られた中を歩く人達の行列に突き当り、私も合流
してのろのろと歩き始めました。
そこからはルミナリエの光は全く見えず、道端の装飾を楽しみながらの行進に
なりました。
どこをどう歩いたのかわかりませんが、交差点で2度Uターンをしてからさらに
進んで行くとやっと見えてきました。

DSCF3954_20141220153900caf.jpg

DSCF3956_2014122015433741d.jpg

まっすぐ奥のほうへ光の輪が並んでトンネルのようになっています。
入口の前で立ち止まって写真を撮る人が多いので、余計に渋滞していました。
警察官やスタッフたちがひっきりなしに立ち止まらないでくださいと叫んでいる
のですが、素直に聞くわけにはいきません。
光のトンネルを抜けたところに壁のような装飾が現れました。

DSCF3984.jpg

DSCF3987_20141220154339bcd.jpg


記憶の遠近術~横尾忠則現代美術館


DSCF3914.jpg

12月10日 横尾忠則現代美術館とルミナリエを観るために神戸へ行って
きました。
JRと阪急電車を乗り継いで王子公園駅で降りると、駅から西へ500mくらい
歩いたところに横尾忠則現代美術館はありました。

DSCF3919.jpg

DSCF3917.jpg

このときの展示は「記憶の遠近術~篠山紀信、横尾忠則を撮る」でした。
篠山紀信の撮影で、横尾忠則と彼に影響を与えた人々とが共有した時間に焦点をあてた
写真集「記憶の遠近術」からの展示です。
撮影は1968年から70年代にかけてで、横尾忠則は相手のキャラクターに合わせて
コスプレをしています。

DSCF3899.jpg
       これはエレベーターの中の壁です

DSCF3908.jpg

展示室は2階と3階で、巨大な写真がずらりと並んでいます。
これを観ているとフィルムにこだわる人の気持ちがわかるような気がしました。
4階はアーカイブルームが中央にあって、窓際は休憩・閲覧コーナーになっています。
窓からは向かい側の神戸文学館が見えていました。
1904年に建てられた元関西学園のチャペルです。

DSCF3902.jpg
         アーカイブルームへの通路

DSCF3907.jpg


多忙につき


本日就職先が決まり、会社に提出する書類や健康診断、市役所などにも
行かなければならず、金曜日にはそれを持って会社に行かなければならなく
なったので、今週いっぱいは多忙になりました。
ブログは2,3日お休みします。

DSCF4047.jpg

DSCF4044.jpg

写真は神戸にて。三宮駅前の装飾と、百貨店の装飾。


大阪南部の寺の紅葉 デジブック




延命寺と金剛寺の紅葉でデジブックを造りました。
フルウィンドウでご覧ください。
これはあと15日ほどで削除されます。

室生寺の紅葉 デジブック





11月20日に訪ねた室生寺の写真でデジブックを造りました。
フルウィンドウでご覧ください。
ちなみに、あと16日で削除されます。

正暦寺の紅葉 デジブック





11月11日に訪ねた正暦寺の写真でデジブックを造りました。
フルウィンドウでご覧ください。
ちなみに、あと12日で削除されます。

阪急百貨店から中之島まで


DSCF3816.jpg
                 右側が阪急百貨店です

時空の広場から降りて、大阪駅中央口の前を通って阪急百貨店へ行きました。
阪急入口前の通路もクリスマスの装いでした。

DSCF3819.jpg

DSCF3820.jpg

DSCF3833.jpg

そこから御堂筋沿いに淀屋橋まで下ります。
大阪市役所の玄関上には、星か雪をイメージしたようなイルミネーションが
ありました。
市役所の南側の道を川沿いに東へ向かいます。

DSCF3835.jpg
              大阪市役所玄関

DSCF3841.jpg

DSCF3845.jpg

トンネル状のイルミを抜けると中央公会堂がライトアップされていました。
川のきらめきを観ながらもう少し東へ行くとなにわ橋です。
さらに橋の東側のバラ園に降りましたが、ここは13日から開催される「フェア
リー・ローズ・ファンタジア 2014 」のための工事中でした。

DSCF3848.jpg

DSCF3863.jpg
                   中央公会堂

バラ園をそのまま東に抜けて天神橋を北へ、JR大阪天満宮駅から帰途に
つきました。
天神橋もライトアップされていました。

DSCF3882.jpg

DSCF3892_20141213151147726.jpg
                     天神橋


大阪駅・時空の広場~Twilight Fantasy


DSCF3702_20141212082415761.jpg
                 スケートリンク前の店


大阪駅の上、5階の時空の広場で開催中のTwilight Fantasyを観ました。
今年1月の初旬に、新しく買ったカメラで夜景を撮ろうと思って、仕事帰りに
寄って以来です。

DSCF3726.jpg

DSCF3772.jpg

海と星空をイメージしたようなイルミネーションでした。
時空の広場ではいつも何か催しものをしています。
南は大丸百貨店、北は三越伊勢丹を結んで浮かぶような広場で、頭上には
大阪駅を覆う高い天井、下にはたくさんのホームが並びます。

DSCF3767.jpg

DSCF3737.jpg

「星空のヴェール」「光の海」と題されていました。
エスカレーターでさらに上の階から観ることもできます。
平日のせいか、混雑するほどでもなくですが、足を止めて携帯やタブレットで
撮影する人たちがたくさんいました。

DSCF3716.jpg

DSCF3751.jpg

DSCF3741_201412120833246e9.jpg
                  奥がグランフロント


大阪駅前の夜景


DSCF3686.jpg

12月8日 神戸市の横尾忠則現代美術館へ行こうと思って家を出たのですが、
途中で月曜日は休みだということに気がついて行先を変えました。
ということで、大阪駅周辺から淀屋橋あたりの夜を歩いてきました。

DSCF3690.jpg
                      夕暮れ前です 左奥がJR大阪駅

DSCF3697_201412112226254e1.jpg

ショーウィンドウではクリスマスのディスプレイです。
大阪駅前北側のグランフロント前では今年はスケートリンクが出現しました。
リンクの表面は氷ではなく樹脂性プレートを敷設しています。
小さなスケートリンクですが、空いていました。

DSCF3797.jpg

DSCF3802.jpg

DSCF3788.jpg

そのあたりには水がたくさん使われていて、滝のように流れ落ちているところも
あります。
リンクの周りには食べ物の店もたくさん出ていました。
水面には夜景が映って、さらにきれいでした。

DSCF3801.jpg

DSCF3806.jpg

DSCF3799.jpg


おまけの紅葉~弘川寺


紅葉の写真は昨日の山田池公園で最後でしたが、載せなかった写真があり、
どうするか迷っていました。
大阪府南河内郡にある弘川寺です。
迷っていたのは、どこかへ行った帰りに2度訪ねたのに良い時期に行けず、
それぞれの日に何枚か撮ったものの、これといった写真がなかったからです。

DSCF9757.jpg

DSCF9772.jpg

弘川寺は春の桜が有名ですが、紅葉も美しいところです。
上の2枚が11月9日のもので、この日は雨でした。



DSCF3573.jpg

DSCF3587.jpg

あとは12月7日に訪ねたときのもので、すでに紅葉は終わっていました。
他に訪ねたところもないので、これが最後です。

DSCF3596_201412101056256aa.jpg

DSCF3599.jpg

DSCF3604.jpg

DSCF3614.jpg


秋の京都 デジブック




京都の写真でデジブックを作りました。
フルウィンドウでご覧ください。
ちなみに、この映像はあと12日間で削除されます。


山田池公園の紅葉 その2


DSCF3431.jpg

池畔から離れて、遊歩道沿いに奥へ行くことにしました。
いつも菖蒲園しか来たことがないので、これより奥へ行くのは初めてです。
両側が低い丘陵になっているようで、右側の山裾に小川が流れていました。

DSCF3433_20141209173951a81.jpg

DSCF3434.jpg

少し歩いたところで、小川の上に被さるような鮮やかなモミジがあって、背景
にも美しい紅葉が見えています。
とてもきれいなので、そこでしばらく撮っていました。
そのあと小川を遡るように歩いて、そのあたりの紅葉も撮影しました。
さらに遊歩道を回り込んで、紫陽花園、菖蒲園へと戻ってきました。

DSCF3482.jpg

DSCF3498.jpg

最後は駐車場へ戻りながら、最初に撮っていた場所でふたたび捕まりました。
晴れていたので、西からの陽がまともに当たっています。
様々な色の葉が混ざりあって、美しいグラデーションでした。

DSCF3539_20141209175044339.jpg

DSCF3552.jpg

DSCF3558.jpg

長々と紅葉の写真を載せてきましたが、今年はこれで最後です。
今年は暇な時間がたっぷりあったので、いい日を選んであちこち出かけました。

DSCF3554_20141209175148b3c.jpg

DSCF3570_20141209175320a45.jpg



山田池公園の紅葉 その1


DSCF3309.jpg

11月29日 枚方市にある山田池公園に行ってきました。
前日、面接をしたいと電話をいただいた会社の場所を下見に行って、ついでに
その近所の山田池公園に寄ってみようと思ったのでした。
朝から雨の降りそうな天気で、下見を終えて公園に着いたのは午後1時ころ
でしたが、まだ今にも降り出しそうでした。

DSCF3345_201412081001209c6.jpg

DSCF3369_20141208103524717.jpg

公園の周遊路をしばらく歩いて、大きな山田池の畔に出た時には陽が射して
きました。
そのあたりの紅葉が美しくて、そこでしばらく撮っていました。
西から入る光で明るく照らされて、とてもきれいでした。

DSCF3324.jpg

DSCF3368.jpg

DSCF3386.jpg

そのあと池を回り込むように菖蒲園のほうへ行きました。
花菖蒲が咲くころは毎年のように来ていますが、今は閉鎖されています。
菖蒲園の前の芝生広場でしばらく撮っていました。

DSCF3394.jpg

DSCF3409.jpg


當麻寺 奥院の紅葉 その2


DSCF3210.jpg

池の周囲は歩くことができます。
奥の方には色づいた木があって、落ち葉で散策路も赤くなっていました。
寒桜なのか、桜のような花も咲いていました。

DSCF3226.jpg

DSCF3247.jpg

十三重石塔や阿弥陀仏の石像なども池の周りに配されています。
本堂の脇や、一段下の道を行ったり来たりしながら撮ってきました。

DSCF3261.jpg

DSCF3254.jpg

DSCF3281.jpg

最後は宝物館脇の紅葉が美しいところに来ました。
たくさんのカメラマンたちが並んで撮っていらっしゃいました。
私も隙間を探して撮ってきました。
當麻寺はここまでです。

DSCF3290.jpg

DSCF3253.jpg


當麻寺 奥院の紅葉 その1


DSCF3159.jpg

當麻寺の本堂の背後に奥院はあります。
本堂に向かって左奥が西南院で、右奥が奥院という位置関係です。
少し長い石段を登ったところが拝観受付で、そのあたり全体が真っ赤でした。
入ってすぐ左手に宝物館があって、その脇の紅葉が特に目を惹きましたが、
そこへは行かずに、右手に緩い石段を登ります。

DSCF3162.jpg

DSCF3167.jpg

DSCF3164.jpg

本坊を過ぎると本堂前に出ます。
左手には赤い楼門越しに西塔が見えていました。
本堂の脇を通りながら紅葉の写真を撮っていきましたが、そのあたりもカメ
ラマンがいっぱいでした。

DSCF3182.jpg

DSCF3189.jpg

裏には浄土庭園という中央に池がある庭園が広がります。
二上山を背景に開放感のある庭園です。
さっきの西南院に比べるととても空いていますが、紅葉はきれいでした。

DSCF3194.jpg

DSCF3206.jpg


當麻寺 護念院の紅葉


DSCF3092.jpg

西南院の東側に西塔を挟んであるのが護念院です。
門から紅葉が見えたので境内に入りましたが、拝観料は本堂前に置かれた
箱に自分で入れるようになっていました。
ここも牡丹の季節はたくさんの拝観客があるのですが、このときは誰もいない
ような状態でした。

DSCF3094.jpg

DSCF3101.jpg

庭園に入ったところに色づいた木が固まってありました。
さきほどの西南院とほぼ同じような、池を巡るような庭園でしたが、裏山の
高いところへ登れます。
西塔が間近に迫り、東塔も望むことができます。

DSCF3110.jpg
                東塔

DSCF3147.jpg
                      西塔

西塔越しに西南院の紅葉や、混雑する展望台が見えていました。
東塔のほうは竹林などが間にあるので、隙間から撮りました。
このあともうひとつの塔頭寺院・奥院へ入ります。

DSCF3010_2014120518384659f.jpg

DSCF3154.jpg


奈良公園の紅葉 デジブック




11月5日に歩いた奈良公園の写真をまとめてみました。
フルウィンドウでご覧ください。
ちなみにデジブックは無料で使わせていただいているので、
この映像はあと1週間ほどで削除されます。


當麻寺 西南院の紅葉


DSCF3090_20141205092329fe2.jpg

少し大阪方面に戻って、當麻寺へ寄ることにしました。
門前の駐車場は空き待ちをする車が列を作っていました。
牡丹が咲くころにはいつも凄い人出なのですが、紅葉のころにしては妙に
人が多く混んでいます。
西南院の門前には今朝のNHKで紹介されたという看板が立っていて、原因は
これでした。

DSCF3030.jpg

DSCF3040.jpg

門をくぐると5月には牡丹で溢れる庭なのですが、寂しい風景になっています。
奥の屋根越しに紅葉が見えていました。
もうひとつ門をくぐってから、書院に入って初めて本堂を拝観しました。
書院と本堂を繋ぐ渡り廊下の下をくぐると庭に出ます。

DSCF3039_20141204125408201.jpg

DSCF3054.jpg

すぐに狭い石段があって、そこを登ると展望台になります。
展望台からは東西ふたつの塔を紅葉越しに望むことができますが、5,6人が
乗るといっぱいになるような狭さです。
たぶんここからの映像がテレビでは映っていたのかもしれません。

DSCF3059.jpg

DSCF3073.jpg

また石段を下りて庭のほうへ入ります。
すぐに小さな池があり、西塔の姿を映していました。
書院の縁側を見下ろすように狭い回遊路を進んで行きます。
大きな木が赤と黄色に色づいていました。

DSCF3079_201412041302002d5.jpg


一言主神社の紅葉


DSCF2910.jpg

九品寺から一言主神社まではすぐです。
駐車場には数台の車が停まっていて、カメラマンの姿もちらほら見えました。
黄色く色づいた大銀杏が目立っています。

DSCF2973.jpg

DSCF2965.jpg

長い石段の上の紅葉もきれいでした。
本殿前にある大銀杏は御神木で、樹齢1200年といわれています。
高さ2mくらいのところから乳房のような気根がたくさん垂れたようになって
いて、乳銀杏とも呼ばれます。

DSCF2922_20141203191916fd8.jpg

DSCF2954.jpg

石段の上から見下ろした景色もよく、最後は境内を出て、前にある池の周りを
歩きながら撮影してきました。
さらにこのあと、當麻寺へ寄ります。

DSCF2986.jpg

DSCF2996.jpg


九品寺の紅葉 その2


DSCF2571.jpg

石仏が並ぶところには朝の光が斜めに射しこんでいました。
そのときになってカメラマンが数人来られました。
しばらくそこで撮ってから下へ降りました。

DSCF2630.jpg

DSCF2700.jpg

門に向って本堂から下りると、右手に庭園があります。
奥のほうに紅葉が見えたので入ってみることにしました。
庭園があるのは知っていたのですが、入ってみると案外奥が深くて、奥には
大きな池がありました。
よく晴れた空を映しています。

DSCF2752.jpg

DSCF2778.jpg

DSCF2799.jpg

そのあと門の逆の庭園に入りました。
こちらには大きな枝垂れ桜があり、ほかにも美しく色づいた木があります。
一番奥の大きな銀杏の葉が落ちたところがきれいだったので、そこでしばらく
撮っていました。
このあと一言主神社に向かいます。

DSCF2831.jpg

DSCF2871.jpg

DSCF2886_201412031041356e8.jpg


九品寺の紅葉 その1


DSCF2841_20141202212550974.jpg

11月27日 葛城方面へ行ってきました。
長谷寺へ行くつもりで出かけたのですが、途中で行先を変えました。(理由は
忘れました)
九品寺へ入りました。

DSCF2820.jpg

DSCF2485.jpg

門前からすでにきれいな紅葉が見えていましたが、本堂裏側の坂を登った
ところが撮影スポットなので、そちらへ行ってみました。
カメラマンがたくさんいるかと思いましたが、誰もいませんでした。
石段の上の紅葉が朝陽に照らされてきれいです。

DSCF2514.jpg

DSCF2710.jpg

DSCF2555.jpg

一段上がったところには石仏がたくさんあります。
色づいた光が入って全体に赤くなっているようでした。
さらにもう一段上に上がったところにも石仏がたくさん並んでいます。

DSCF2548.jpg


DSCF2560.jpg


金剛寺の紅葉 その2


DSCF2409.jpg

ひととおり参道を撮って、駐車場へ戻ろうとしたら拝観受付があることに気が
ついて、訊いてみると本坊の庭園を鑑賞できるというので入ってみました。
先ほど白壁の上から見えていた紅葉の庭でした。

DSCF2412.jpg

DSCF2421.jpg

金剛寺は天平年間に聖武天皇の勅願で行基が開基しています。
南北朝時代には南朝と北朝の両方の天皇の御座所が置かれています。

DSCF2422_201412020908265aa.jpg

DSCF2425.jpg

本坊・観蔵院の門をくぐると右手から建物の中に入り、庭園を囲むように建つ
小さなお堂を回廊づたいに巡っていくようになります。
庭園の中央あたりに紅葉した木が集まっていました。

DSCF2433.jpg

先ほど外から見えた紅葉は本坊の縁を奥へ行ったところにある、渡り廊下と
小さな門の間の庭でした。
そのあたりは真っ赤でした。
廊下の先観蔵院客殿が北朝の御座所でした。

DSCF2438.jpg

DSCF2453.jpg


プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR