FC2ブログ

大覚寺 大沢池~デジブック





ネタ切れのため、3年前に訪ねた京都嵯峨野の大覚寺の大沢池の写真を中心に作ってみました。

この時期になると思いだして、行きたくなります。

例によって、このデジブックは30日間で削除されます。



スポンサーサイト



石光寺の百日紅


DSCF5693_201507302226461ad.jpg

ひまわり畑から大阪へ戻る途中に石光寺へ寄りました。
石光寺は奈良市や大和郡山市、天理市方面へ行ったとき意外はたいてい
この前を通るので、様子見だけでも寄ったりします。
この日も往路で、車窓から百日紅が見えていたので帰りに寄りました。

DSCF5696_201507302226472ac.jpg

DSCF5700.jpg

牡丹や芍薬の季節は拝観料が必要ですが、季節外れの境内は門が開けられ
境内を自由に散策できます。
百日紅は門の右脇に大きな樹があって、赤い花を咲かせています。
まだ門の周辺だけしか開花していませんでした。

DSCF5710.jpg

DSCF5717_20150730222846539.jpg

庭にも百日紅の木があって、そちらもピンクの花を咲かせています。
撮る位置に限りがあってうまく撮れませんでした。
百日紅は字の通り一度咲いたら100日間は咲き続けるようなので、これから
当分は花を楽しめると思います。

DSCF5704.jpg

DSCF5730_2015073022292052a.jpg



葛城のひまわり畑


DSCF5547.jpg

7月25日 朝食の後片付けをしてから葛城市へ向かいました。
柏原市を抜けて山麓線に入り、ほんの少し走ると道路の両側にひまわりが
見えてきます。
8時半頃家を出て、着いたのは9時40分くらいでした。

DSCF5555_201507252055167e8.jpg

DSCF5544_20150725205517196.jpg

DSCF5577.jpg

農産物の販売所がある交差点を左に入って、牧場に沿って曲がっていくと
牧場の裏手にひまわりが帯のように植えられています。
さらに少し下ったところにもたくさん植えられていました。
そのあたりからだと葛城山を背景に青空とひまわりの花がきれいなのですが、
道路のガードレールや電柱、電線が目立ちます。
カメラマンが多いかと思っていましたが誰もいませんでした。

DSCF5582_20150725210121f4e.jpg

DSCF5635.jpg

DSCF5662.jpg

しばらく撮ってから山麓線の向こう側、葛城山の麓のほうへ行ってみました。
去年は遠くから見ると黄色い帯のようになっていましたが、時間的なものも
あるのかもしれませんが、この日はいまいち鮮やかな色が見えませんでした。
それでもたくさん咲いていて、青空背景に撮ってきました。

DSCF5689_2015072521080204f.jpg

DSCF5664.jpg

DSCF5637.jpg



ベランダの睡蓮


DSCF5530_20150726205500c68.jpg

7月25日の朝、ベランダの窓を開けると睡蓮の花が咲いていました。
いつもはGWのころにたくさん咲きます。
今年もたくさん咲いていましたが、久しぶりに咲きました。
形のきれいな赤の睡蓮です。

DSCF5532.jpg

1か月くらい前に会社の敷地内で草刈りをしてて蜂に刺されました。
鎌を振り回しながら壁に張り付いた蔓植物を刈っていたところ、いきなり右腕に
激痛が走って腕の内側が10cmx5cmくらい腫れてきました。
カッターで少し傷つけて膿みたいなものを絞り出してから、一応部署に報告して
気分が悪くなったらもう一度連絡すると言っておきました。
その日のうちに腫れは半分くらいになって、徐々に引いていきました。
でもいまだに傷はちゃんと治らず、少し固くてかさぶたができます。
ちなみに蜂に刺されたのは4度目、くらげも1度あります。

DSCF5736_20150726205625dae.jpg



生國魂神社の夏祭り


DSCF5478.jpg

7月11日 病院の宿泊の帰りに歩いて15分ほどのところにある生國魂神社へ
寄りました。
病院を出たのが10時半ころだったので、神社に着いたのは11時ころでした。
正面の大きな石の鳥居の前では露店の出店準備をしていました。

DSCF5524.jpg

DSCF5482.jpg

鳥居の下ではお祭りの装束をした人たちが数人立っていました。
鳥居には大きな茅の輪がつけられ、鳥居をくぐると茅の輪もくぐることになります。
境内には提灯が何百個もぶらさげられていました。
本殿の前には御神輿を乗せる台車が2台並べられています。
浴衣を着た参拝者もいらっしゃいました。

DSCF5490.jpg

DSCF5486.jpg

本殿北側の生玉の森を少し歩いてみました。
摂社末社の小さなお社がいくつもあり、井原西鶴の銅像などもあります。
軽くひとまわりして本殿の前に戻ると本殿から御神輿が出されて台車に乗せ
られるところでした。
御神輿は本殿向かい側の提灯がたくさんぶら提げられたところまで運ばれて
担ぎ台のようなものに乗せ換えられていました。

DSCF5493.jpg

DSCF5500_20150724225654d1b.jpg

しばらく待ってお祭りの様子を撮りたかったのですが、この日の予定は13時
からと書かれていました。
家でやることも多くて、暑い日中に待つ元気もなく諦めて帰ることにしました。
ということで中途半端な夏祭りの準備風景ということになりました。

DSCF5506.jpg

DSCF5508.jpg

DSCF5511.jpg



万博記念公園のハス その3


DSCF5355_20150722232556707.jpg

蓮池は背後を低い丘に囲まれています。
池の中を通る橋を抜けてそのまま真っ直ぐに階段を登りました。
いつものようにいろいろな写真を撮りたいので丘の上から眺めることにしました。

DSCF5367.jpg

DSCF5370.jpg

DSCF5377.jpg

蓮池の外側には菖蒲園がありますが、今は橋しか見えません。
向こうには太陽の塔の背中も見えています。

DSCF5385.jpg

DSCF5396.jpg

DSCF5403.jpg

池を見下ろしながら半周したところで、階段を降りました。
「はす庵」という店やトイレ、休憩用のテーブルやベンチがたくさんあります。
自販機で冷たい飲み物を買ってひと休みしてから帰ることにしました。

DSCF5427.jpg

DSCF5408.jpg

DSCF5470.jpg



万博記念公園のハス その2


DSCF5300_2015072012414831c.jpg

池の外周にはハスの花は少なくてカメラマンもちらほらでした。
それでもハスの根元の藻が浮かんだ水面に射し込んだ陽射しもきれいでした。

DSCF5269.jpg

DSCF5294.jpg

DSCF5282.jpg

よく晴れていたので、青空や陽射し、水面の映り込みなどを気にしながら
撮りました。
もちろん背後の色や形、影や模様などもです。

DSCF5316.jpg

DSCF5320.jpg

DSCF5265_2015072014271569a.jpg

といっても、自分が美しいと思える景色を、そのまま感じたように撮りたいと
いつも思うのですが、表現できないときが多いです。

DSCF5338_20150720142716e82.jpg

DSCF5328.jpg

DSCF5318.jpg

実は20日ほど前に母親が入院、その後痴呆の症状が出たりして私は1週間
病院の観察室で寝泊まりしていました。
痴呆は4日目くらいから元に戻り出して、今は変わりありません。
一昨日退院してきたものの介護が必要な状態で、出かけることもできなく
なってきました。
今、UPしているのは病院からの帰りに寄ったりしたものです。
やってみると介護は大変で、このままブログを継続していけるのかと考えて
しまいます。



万博記念公園のハス その1


DSCF5235.jpg

DSCF5430.jpg

万博公園内はほとんど人もいなくて、日本庭園に入っても人は少なかった
のですが、蓮池に向かうと帰ってくる人たちとすれ違いました。
蓮池に行ってみると相当な人出で、蓮池のまわりはカメラマンがずらりと
並んで三脚を立てたカメラを構えていました。

DSCF5290.jpg

DSCF5241.jpg

DSCF5244.jpg

蓮の花はたくさん咲いていました。
人が多いので池の水際で隙間を探して撮りました。
この日は象鼻杯というイベントもあるようでしたが、もうすでに終わっていた
のかもしれません。

DSCF5247.jpg

DSCF5251.jpg

DSCF5255.jpg

蓮池は大きくて橋で結ばれた中央に屋根つきの休憩場所があります。
この日はいい天気になって日差しが強いので、そこで座る人もたくさんいました。
とりあえず橋を向こう岸まで渡ってから外周を回ることにしました。

DSCF5258_20150719230446682.jpg

DSCF5278.jpg



万博記念公園 太陽の塔前の花壇


DSCF5473.jpg

7月10日 創立記念日で会社が休みだったので、病院からの帰りに吹田市の
万博記念公園へ行ってきました。
この日から早朝の観蓮会が始まったのですが、早朝からは行けずに公園に
着いたのは9時くらいになっていました。

DSCF5202.jpg

DSCF5223.jpg

DSCF5227.jpg

モノレールの万博公園前駅で降りて、広大な中央環状線を渡り、花の文化園
の入り口を入るとすぐ正面に太陽の塔が聳えます。
塔前の芝生広場には入れませんが、花壇にはいろいろな花が咲いていました。

DSCF5232.jpg

DSCF5437.jpg

DSCF5447_20150717101918197.jpg

マリーゴールド、サルビア、アガバンサス、カンナなど様々な色が混ざりあって
芝生の緑や背景の森の暗さに映えていました。
ほとんど人はいないし、カメラを向ける人もいませんでした。
この後、ずっと奥の日本庭園のハス園に向かいます。

DSCF5459.jpg

DSCF5464.jpg

DSCF5234.jpg



平成OSAKA天の川伝説


DSCF5099.jpg

7月7日 仕事が終わってから駅で食事を済ませて、夜のイベントに行って
きました。
京阪電車天満橋駅で降りて、川べりの八軒家浜へ出ようと思ったのですが
そのあたりは全て有料の観覧場所になっていて規制されていました。
しかたなく天満橋を渡って向かい側の天満南公園へ入りました。

DSCF5103.jpg

DSCF5123.jpg

DSCF5169.jpg

午後7時はまわっていましたがまだ薄暮の空です。
向い側の八軒家浜にはステージのようなものも作られ、観光船が泊まって
いました。
川べりもビルの上も、川が見えるところは人影が並んでいます。
7時半になって川にLDEのライトが流され始めました。
丸いボールのようなものが青く光って中之島のほうへゆっくりと流れていきます。

DSCF5178_201507142338094df.jpg

DSCF5181.jpg

DSCF5185_20150714233909ef2.jpg

天満南公園の川沿いは見物の人でいっぱいでした。
しかし桜の枝が邪魔で見えにくいし、上から撮りたかったので天神橋へ急ぐ
ことにしました。
LEDは天神橋を越えて中之島のバラ園まで流れて、そこで回収されます。
天神橋の上も人の波・波・波でした。
警備やスタッフが橋の上で立ち止まらないようにひっきりなしに叫んでいますが、
もちろん撮らない人はいません。
橋の上からはまさに天の川のように見えてきれいでした。
天神橋を往復して、北側の天神橋商店街に入り、JR大阪天満宮駅から帰りの
電車に乗りました。

DSCF5188.jpg

DSCF5191_20150714234038b93.jpg

DSCF5194.jpg



長谷寺の紫陽花 その4


DSCF4991.jpg

五重塔まで戻って、さらに奥へ向かいます。
右側は山の斜面、左は谷になっていて下の方に新しくできた建物が見えて
いました。
長谷寺の境内ですが、いつもひと気がないところです。

DSCF5001.jpg

DSCF4998.jpg

DSCF5007.jpg

薄暗い道の先には大きなお堂やお墓などがあります。
いつ来てもほとんど誰とも会わない場所で、お堂の前からは狭い道と石段が
下って行きます。
その辺はまだ林がそのまま残されているようなところですが、紫陽花は結構
きれいに咲いていました。

DSCF5010.jpg

DSCF5012_201507121121390d3.jpg

DSCF5014.jpg

石段を少し下ると本坊の近くの五叉路に出てきます。
右は本坊、真っ直ぐ下ると回廊へ、左は五重塔のほうへ登り、右斜めへ下ると
出口のほうへ向かいます。
本坊にも行ってみましたが花はなかったので、出口のほうへ降りました。

DSCF5018.jpg

DSCF5041.jpg

DSCF5057.jpg



長谷寺の紫陽花 その3


DSCF4880.jpg

本堂から坂を登ると大師堂や経堂、五重塔へと向かいます。
左手は紫陽花に埋もれる谷間で、さっき登ってきた石段やお堂が見降ろせ
ました。

DSCF4909.jpg

DSCF4926.jpg

DSCF4937.jpg

長谷寺の境内は随分前から工事をやっていて、新しい建物ができたり、庭や
参道も整備されています。
その分、赤色コーンや工事車両が目立ちます。
特に今年は五重塔周辺に立入禁止のところなどがありました。

DSCF4966.jpg

DSCF4971.jpg

DSCF4975_201507111745569b8.jpg

五重塔から一旦下に降りて、最初に登ってきた石段まで戻ってそのあたりを
もう一度撮りました。
違う方向から見るとまた違った景色を見つけられるといつも思うので、何度も
同じところを行ったり来たりします。

DSCF4978.jpg

DSCF4981.jpg

DSCF4990_2015071117460053b.jpg



長谷寺の紫陽花 その2


DSCF4832.jpg

回廊を登らずに、そのまま紫陽花の石段を登ることにしました。
誰もいないので、立ち止まっては振り返ったり、横に逸れたりしながら、時間を
かけて撮りました。
湿気を帯びたような紫陽花の青がきれいでした。

DSCF4830.jpg

DSCF4829.jpg

DSCF4835.jpg

いつも決まった場所でほぼ同じ構図で撮る定番写真も多いのですが、それでも
毎年新しい景色を発見できます。
紫陽花は近くで見ると傷んだ花もありますが、まだまだきれいでした。

DSCF4852.jpg

DSCF4861.jpg

DSCF4869.jpg

石段は回廊とは反対側から本堂へ登ってきます。
一旦本堂前の舞台に出てから本堂裏手の紫陽花が咲いているところはひと
とおり見て歩きました。
さらに大師堂や五重塔のほうへ坂を登ります。

DSCF4873.jpg

DSCF4884_20150709203908007.jpg

DSCF4899.jpg



長谷寺の紫陽花 その1


DSCF5071.jpg

7月4日 奈良県桜井市の長谷寺に行ってきました。
前日の開花情報でほとんどは散り染めでしたが、4ヶ所ほど見頃になって
いたところがありました。
やはり紫陽花は長谷寺がいいと思い、ここに決めました。

DSCF5059.jpg

DSCF4792_20150706223830933.jpg

DSCF4794.jpg

数年前にこの時期の長谷寺を訪ねたときに、参拝者も少なく静かで、しかも
紫陽花が美しい風景が気に入ったので、それ以降はほぼ毎年行っています。
それでも行くたびに新しい風景を見つけることができます。

DSCF4803_20150706224403e3d.jpg

DSCF4806.jpg

長谷寺に着いたのは午前7時ころでした。
門をくぐるまでは誰にも会いませんでしたが、回廊の石段で降りてくる人と
すれ違いました。
長い回廊は途中で右に折れて本堂へ向かいますが、真っ直ぐに続く石段の
両側が紫陽花で埋れています。

DSCF4811.jpg

DSCF4814.jpg

登り口の脇にある門や鳥居などのあたりでしばらく撮ってから、そのまま
石段を登ることにしました。

DSCF4819_2015070622480695c.jpg

DSCF4825.jpg



當麻寺の花々


DSCF4752.jpg

奥田はす池公園から大阪へ戻る途中に當麻寺へ寄りました。
去年来た時に本堂の左わきに小さなハス池があったので、様子を見ようと
思ったのでした。
ハスの池にはきれいに咲いているハスがひとつと、咲き終わったハスが
2,3本あるだけでいした。

DSCF4653.jpg

DSCF4669_20150705200007061.jpg
          奥に東西両塔が見えています


DSCF4702.jpg

それでいつも本堂の前にハスの鉢が並べられる奥院に入ってみました。
本堂前の庭にはたくさんのハスの鉢が行儀よく並べられて、いくつかの鉢は
きれいに咲いていました。
それから裏庭の池の睡蓮や、紫陽花などがまだきれいに咲いていたので
それを撮りました。

DSCF4686.jpg

DSCF4690.jpg

DSCF4717.jpg

奥院を出てから當麻寺境内の三重塔のそばの合歓の花や、別の塔頭寺院の
屋根を飾っていたノウゼンカズラを撮ってから境内を出ました。

DSCF4721_20150705201558685.jpg

DSCF4742.jpg

DSCF4729.jpg

DSCF4779.jpg

DSCF4773_20150705202022987.jpg

DSCF4781.jpg

奥田はす池公園


DSCF4511.jpg

6月28日 早朝に大和高田市にある奥田はす池公園へ行ってきました。
大和高田市の奥田という地区にある小さな公園なのですが、蓮の池以外は
何もない公園です。
古い集落の中にあって、道路は狭く駐車場もありませんが、公園入り口の
柵の脇に車を停めました。
入口脇には「役行者の生誕伝承地」と刻まれた石碑があります。

DSCF4512.jpg

DSCF4513.jpg

DSCF4569_20150703212259cba.jpg

毎年7月7日早朝に奥田の村人が108本のハスをこの池で切り取り、吉野の
蔵王堂に献納するという古くからの行事があります。
その前ならそろそろ咲いているかと思い、出かけました。
ハスの花はたくさん咲いていました。
池の周りは住宅地で、その向こうに葛城山が見えています。

DSCF4523.jpg
                   背後は葛城山

DSCF4582.jpg

DSCF4538_201507032118573d8.jpg

この池を訪ねるのは数年ぶりで、周辺には新しい住宅などが建ち、公園には
新しいトイレなども設置されていて、池以外は随分変わっていました。
30分もウロウロしていましたが、帰ろうとしたときに一眼レフで写真を撮る人と
すれ違いました。

DSCF4565.jpg

DSCF4615.jpg

DSCF4571.jpg



恋し野の里あじさい園


DSCF4335.jpg

6月21日 和歌山県橋本市恋野地区にある恋し野の里あじさい園へ行って
きました。
行くのは初めてでしたが、和歌山とはいえ橋本市は大阪からは近いところです。

DSCF4352.jpg

DSCF4344_20150630224149b79.jpg

DSCF4362.jpg

国道24号線から南へ下って紀ノ川に架かる恋野橋という橋を渡り、もう少し
南下すると「あじさいまつり」の公園です。
駐車場は空き地を利用して、地元の人たちが交通整理をしていました。
そこから池沿いに少し坂を下りたところが公園の中心で、そのあたりには
食べ物を売るテントが並んでいて、イベントの準備もしていました。

DSCF4379.jpg

DSCF4413.jpg

DSCF4391_201506302256321f9.jpg

しばらくすると太鼓演奏が始まりました。
紫陽花園は公園の裏山のほうに広がっていますが、イベント中だったので
ほとんど人がいませんでした。
山道をぐるっと回ると展望台があります。
周囲はのどかな田園風景がひろがっていました。
しばらくそこで撮っていると、晴れ間が見えてきて暑くなってきました。
展望台から少し下るとすぐに車を停めたところに出ました。

DSCF4418.jpg

DSCF4425.jpg

DSCF4444_201506302307394b7.jpg



プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR