FC2ブログ

On The Edge




これは2年前に作ったものです。



IMG_8021_20150830174928e30.jpg


朝晩は涼しくなってきて、すでに秋雨前線の影響で天気の悪い日が続いていますね。
休みの日はほとんど出掛けられていないのですが、今日は強硬しました。
ほんの少しの時間ですが、久しぶりに写真を撮ってきました。
整理してからUPしていきたいと思います。


スポンサーサイト



口紅の色が取れて来る




どこも出かけてないので、新しい写真はありません。

こんなことをして遊んだりしています。




トーベ・ヤンソン展と世界報道写真展


DSCF5971.jpg

8月13日 あべのハルカス美術館で開催中の「トーベ・ヤンソン展」と、梅田の
ハービスホールで開催されていた「世界報道写真展」を観てきました。
母親と自分の昼食の片付けを済ませてから出かけました。

DSCF5968_201508222032369a1.jpg

DSCF5970.jpg

ムーミンで知られるトーベ・ヤンソンの生誕100周年を記念した美術展です。
家族の肖像や自画像のほか、風景などの油絵も展示されていましたが、
絵本の挿絵やムーミンシリーズの絵のほうが多くて見ごたえもありました。
ペンとインクだけで描かれたムーミンの絵はほとんどが小さなサイズですが
隅々まで丁寧に細かく描かれています。
それを観ているだけでも物語に引き込まれそうな感じでした。
観客は女性ばかりだったような気がしますが、盛況でした。

DSCF5976.jpg

DSCF5972.jpg

世界報道写真展は毎年お盆の時期にハービスホールで開かれています。
刺激の強い場面も多いのですが、若い女性の姿も目立ちます。
夕食の時間までには帰らないといけないのですが、ふたつ観覧してると
ちょうどいい時間になりました。

DSCF5980.jpg



おふさ観音風鈴まつり


DSCF5896.jpg

DSCF5898.jpg

藤原京跡からおふさ観音までは3~400mなのですが、その前に奈良文化財
研究所横のハス田に行ってみました。
こちらも駐車場からまっすぐ東に300mくらいの距離です。
毎年ハスやホテイアオイが植えられていますが、今年はいつもより狭くて
田んぼ1面くらいでした。
ここのハスは八重が多く、たくさん咲いていますが、背景がありません。

DSCF5901.jpg

DSCF5906.jpg

DSCF5916_20150816232256891.jpg

おふさ観音では毎年夏に風鈴まつりが催されます。
境内中に2000個以上の風鈴が吊るされています。
寺に到着したのは午前9時近くになっていたと思うのですが、境内には参拝
者の姿はありませんでした。
この日は風があったので、涼しそうな音がよく響いていました。

DSCF5961.jpg

DSCF5923.jpg

DSCF5925_20150816232515c4f.jpg

一番奥の池まで往復しながら目に止まったところを撮ってきました。
春と秋にはバラまつりが催されますが、その手入れをするお寺の方が数人
いらっしゃいました。
ほとんどゆっくり撮る暇もなく寺を出てお墓に向かいました。
このあと墓参りをしてから12時半ころに家に帰ってきました。

DSCF5932.jpg

DSCF5910_20150816232749f6f.jpg



藤原京跡のハス


DSCF5828.jpg

お墓は奈良市内のお寺にあるのですが、少し方向違いの橿原市の藤原京跡を
目指しました。
お昼には帰らないといけないので、行先にはかなり制限があったのですが
去年撮れなかったハスと、すぐ近くのおふさ観音にしました。

DSCF5824_20150814212055564.jpg

DSCF5827.jpg

DSCF5838.jpg

あまり早くに出られないので、藤原京跡に着いたのは8時20分頃でした。
とりあえず早足でハス田まで急いで、適当な花を探しながら畝を周りました。
花は見頃ですが、すこし少ないように思いました。
時間的に遅いせいか、カメラを構える人たちの姿もかなり少ないようです。

DSCF5864.jpg

DSCF5851.jpg

DSCF5877.jpg

薄い雲が広がっていましたが、青空も見えていました。
大和三山も背後に近く、青空の下には畝傍山、木々の向こうには耳成山が、
逆光のハス越しには天香久山が見えています。
ハス田の周りを1周半ほど歩いて30分くらいでひきあげてきたので、あまり
良い写真はありません。

DSCF5840.jpg

DSCF5880.jpg

DSCF5869.jpg



久しぶりに撮影に


DSCF5850.jpg

8月12日と13日はお休みをいただいていたので、12日にちょっと出かけて
きました。
母親にはお墓参りに行くと言って仏花を持って家を出ましたが、リュックには
カメラを忍ばせていました。
行先は藤原京跡のハスと、おふさ観音風鈴まつりです。
順次載せていきたいと思います。

DSCF5944.jpg



奈良公園の紅葉~デジブック




2014年の秋に訪ねた奈良公園の紅葉です。

フルウィンドウでご覧ください。

いつものように30日で削除されます。



どこにも出かけてないので新しい写真がありません。
間を埋めるのに古い写真でちょっと遊んでます。


久々にイモリ


DSCF5765.jpg

こちらは親イモリたちで、なぜか団子状態になっていました。

DSCF5776.jpg

DSCF5786.jpg

イモリの赤ちゃんは順調に育っています。
最近はエラもなくなって水槽のガラスに貼りついている小さなイモリたちが
たくさんいます。
水を使ってガラスから落ちないように器用に登ってきますが、天板には
園芸用の鉢底ネットでぴったりと蓋をしてあるので出ることはできません。
形は親と同じで、お腹も赤色が出ています。

DSCF5789.jpg

DSCF5787.jpg

まだエラがあって水の中で生活してるのもいます。
早くにエラがなくなった個体より、長いこと水の中で餌を食べている個体の
ほうが身体も大きく育っています。

DSCF5791.jpg

DSCF5784-1.jpg



2週間


IMG_8226-1_201508021905375bf.jpg

          2011年4月17日 又兵衛桜

母が退院してから2週間になりました。
ケアネージャーの力を借りながら、退院前日にベッドや歩行器などを揃えて
もらい、その後もヘルパーさんや看護師さんの手配、介護保険の申請での
病院との連絡など、わからないことばかりなのに何となく形になってきました。

IMG_3591-1.jpg

        2011年7月30日 唐招提寺

唐招提寺05

             2010年6月6日  唐招提寺

母はほぼ一日ベッドから離れることなく、寝転んだり、縁側の外を眺めたり
しています。
少しは歩けるので3m先のトイレなどは自分で行けるのですが、リビングや
キッチンには出てきません。
トイレまで間に合わないことが何度かあったので、ベッドから離れたくない
ような感じです。

IMG_7387-1.jpg

      2011年4月10日 奈良公園浮見堂

IMG_9446_201508021909015ac.jpg

               2012年8月25日 本薬師寺跡

朝はレトルトのお粥などを温めて用意してから、仕事に出ます。
月水金はヘルパーさんが、火曜日は看護師さんが来て昼の食事の準備を
していただいてます。
夜は自分が帰ってから冷蔵庫のものを温めて出しています。
そのあとは洗いものや買い物、洗濯などでほとんど自分の時間が取れない
ような状態です。

IMG_1383.jpg

               2012年10月21日 法起寺

DSCF0406_20150802191241472.jpg

               2014年6月21日 久米寺

実は今朝、ちょっと奈良へ行ってくると言ったら、寂しいから行かないでくれと
言うので出かけられませんでした。
家にいても本人はほとんど寝てるだけなのですが、ひとりが不安なようです。
病院へ戻るとか、老人ホームへ入るとか言っているのでそういうことも考えて
いこうかと思います。
ふぅ・・・
写真は古いものから選んでみました。

IMG_4717-1.jpg

       2009年7月4日 長居植物園



一日遅れのブルームーン


DSCF5747-1.jpg

昨日の夜は7月2度目の満月でした。
ひと月のうちに2度満月があるときの、2度目の満月のことをブルームーンと
呼ぶそうです。

DSCF5747-2.jpg

ということで昨夜の日付が変わる直前にベランダに出て撮ってみました。
ブルーではありませんが、丸くて美しい満月でした。

DSCF5747-3.jpg

スーパームーンという名前も去年初めて聞いたのですが、いろいろあるの
ですね。

DSCF5747-4.jpg

背景も、一緒に写すものもないので、同じ写真をトリミングしただけです。

DSCF5747-5.jpg



プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR