FC2ブログ

大阪市内のバラ園巡り その2


DSCF7818.jpg

地下鉄北浜駅を出たのが9時59分で、地上に出ると難波橋の上を走っていく
大阪マラソンの団体に遭遇しました。
道路が通行止めになっているらしく、通行者の自転車を担いで地下を歩く
大会スタッフの姿がたくさんありました。
難波橋の真ん中から階段を下りると中之島バラ園です。

DSCF7780.jpg

DSCF7798_201510310806247e1.jpg

DSCF7905.jpg

橋の上はたくさんの応援客でしたが、バラ園の中は案外空いていました。
ここを2番目にしたのは午前中のほうがいいと思うからです。
太陽を背にして西を向くと高層ビルや中央公会堂などの都会の美しい街並みを
背景にして撮ることができます。
逆に東側は高速道路の高架が景色を遮っています。

DSCF7785.jpg

DSCF7881.jpg

DSCF7890_20151031081428c62.jpg

ここもバラは見頃でした。
この日はバラ園を案内してもらえるようなイベントがあって、少し考えていた
のですがパスしました。
以前何度か参加した時に、イベントに合わせてバラを咲かせるように数カ月
前から手入れなどの準備をしていると聞きました。
なので一番良いときだったのかもしれません。
たくさん撮りましたがあまり良い写真はありませんでした。
次は鶴見緑地公園へ向かうべく、北浜駅へ入ったのが11時6分でした。

DSCF7853.jpg

DSCF7813.jpg

DSCF7902.jpg



スポンサーサイト



大阪市内のバラ園巡り その1


DSCF7677.jpg

DSCF7654.jpg

10月25日 大阪市内の4つのバラ園を巡ってきました。
地下鉄高井田中央駅で一日乗り放題の「エンジョイエコカード」(土日祝版)
600円を購入しました。
まず巡る順番をどうするか考えましたが、靭公園、中之島公園、鶴見緑地
公園、長居植物園の順番で巡ることにしました。

DSCF7693_20151029222846925.jpg

DSCF7698_20151029223222969.jpg

DSCF7711.jpg

8時15分本町駅下車、北へ徒歩5分ほどで靭公園に着きます。
まだ閑散としていましたが、何かイベントがあるようでその準備をしていました。
バラ園の中は散歩やジョギング、カメラマンの姿も見えます。
晴れていますが、雲は多いようでときどき影が横切って行きました。
ここは子供連れが多いと考えて朝一番にしました。

DSCF7743.jpg

DSCF7768.jpg

DSCF7648.jpg

DSCF7719.jpg

バラはちょうど満開見頃でした。
ひんやりとした空気にバラの香りが漂ってきます。
ここで1時間ちょっと撮ってから、今度は北へ向かい肥後橋駅から乗りました。
肥後橋の改札を通ったのが9時42分、カードの裏側に印字されています。

DSCF7775.jpg

DSCF7729.jpg

DSCF7722_20151029225113299.jpg

DSCF7709_20151029225245575.jpg



朝な夕なに





一か月ほど前に作ったものです。
今年5月の蜻蛉池公園のバラ園です。



今日は大阪のバラ園を4ヶ所巡ってきました。
靭公園、中之島公園、鶴見緑地公園、長居植物園です。
徐々に載せていきます。

DSCF7893_20151025214453efa.jpg

中之島公園に入ろうとしたところで、大阪マラソンに会いました。
橋の上は見物の人たちでいっぱいです。



DSCF7929.jpg

鶴見緑地公園の風車の丘はコスモスが満開で見頃でした。



花の文化園 その2


DSCF7478.jpg

イベントは正午から始まりました。
友人の同級生の出番は12時5分から約5分間だけで、キーボードと歌を
交えての絵本の読み聞かせでしたが、観客に子供はほぼいませんでした。
出番が終わるとすぐに出て、園内をゆっくり1周しました。

DSCF7512.jpg

DSCF7578.jpg

DSCF7514.jpg

温室にも入ってみました。
もっと蒸し暑いかと思っていましたが、普通の室温のようでした。
それでも普段は見かけない大きなサボテンや、熱帯系の色鮮やかな花が
咲いていました。
特にランは色も形も様々です。
黄色のランは笑顔のようなほのぼの系でした。

DSCF7586.jpg

DSCF7554.jpg

DSCF7587_20151022222501e9f.jpg

いろいろな建物や植物があるところは人も多かったのですが、山に沿って
もみじや椿などが植えられているところは誰もいませんでした。
山道は入り口の扇状の花壇の向こう側に降りてきました。
そこはハスの池があったり、鉢が並べられていますが枯れ野状態です。
最後はまた入り口の花壇のあたりで撮りました。
コスモス、ダリア、鶏頭、葉鶏頭、サルビアなど、様々な色がモザイクのように
混ざり合っていました。

DSCF7589.jpg

DSCF7603_20151022222504f36.jpg

DSCF7591.jpg

DSCF7614.jpg

最後は駐車場横の秋らしい里山の風景と、遅い昼食のパンです。

DSCF7625.jpg

DSCF7632_2015102222331929c.jpg



花の文化園 その1


DSCF7417.jpg

10月12日 河内長野市にある花の文化園へ行ってきました。
8時半頃に友人から電話があって、花の文化園でのイベントに誘われたの
ですが、花もいろいろ咲いているということで出かけることにしました。
以前、河内長野の森林組合で臨時の仕事をしていたときはここが職場でした。
そのときは何もない駐車場でしたが、きれいな店が数軒建ったりして「くろまろ
の里」という施設になって様変わりしていました。

DSCF7425_2015101923590872a.jpg

DSCF7432.jpg

DSCF7460_20151020000122203.jpg

花の文化園は駐車場から坂を上がった丘の上にあります。
正面の入り口の背後には花いっぱいの花壇が見えていました。
入園料は500円ですがイベントの券があったので100円引きでした。
入ったところにまず扇状の花壇があってサルビアや葉鶏頭が植えられています。
イベントの時間までは1時間以上あるので先に園内をウロウロしました。

DSCF7448_20151020000124316.jpg

DSCF7458.jpg

DSCF7470.jpg

ベゴニアやコスモスの鉢植えがたくさんあって、満開です。
他には鶏頭や葉鶏頭、またセコイアの緑もきれいでした。
奥のほうに小さな池のあるバラ園と、隣接してピラミッド型の温室があります。
バラ園は秋のバラがいろいろ咲いていました。

DSCF7485_20151020000427c3f.jpg

DSCF7491.jpg

DSCF7495.jpg



サン・シスター


DSCF7392.jpg

パウル・クレーを観たあと、兵庫県立美術館の裏に出てみました。
美術館下の運河沿いに「サン・シスター」という女の子の巨大な像があります。
今年の6月にここに設置されました。
銀色のスカートとブーツで、右掌には輝く星のようなものを浮かばせています。
背丈は5,6mはありそうです。
阪神淡路大震災20年のモニュメントとして建立されたそうです。

DSCF7391_20151016231356b6f.jpg

DSCF7396_2015101623220497c.jpg

DSCF7411.jpg

ここ数年ヤノベケンジさんの作品をよく見かけるようになりました。
初めて見たのは水都大阪というイベントで、天満橋の八軒家浜で大川に
浮かぶドラゴンの頭を持つ潜水艦のような船でした。
龍の口からは水を吐いていました。
このときは淀屋橋の大阪市役所のエントランスにも巨大な子供型のロボット
「ジャイアント・トらやん」が展示されていました。
龍の船はその後、別の機会に中之島のバラ園に停泊しているのも見ました。

DSCF7394.jpg

DSCF7403.jpg

DSCF7413.jpg

それから去年も中之島バラ園東側の芝生広場に展示されていた、放射線
防護服を着た男の子の像も見ました。
この像も右掌に太陽をイメージするものを持っています。
「サン・チャイルド」は東日本大震災の復興を祈念して造られました。
今年は京都府立植物園にも展示されていると聞いていたので、見たかった
のですが行けずにいます。

DSCF7414.jpg

IMG_5691.jpg

IMG_5679_20151018000239478.jpg

IMG_9720.jpg



三つの美術展~神戸


DSCF7327_2015101523375420f.jpg

10月11日 神戸の3つの美術館を回ってきました。
朝は母親がゆっくり寝ていたので家を出るのが10時半になっていました。
最初の美術館は香雪美術館で、着いたのは正午過ぎでした。
阪急電車御影駅で降りて徒歩5分ほどの住宅街の中にあります。
「筑前・黒田家が伝えた名宝」展は屏風、掛け軸、工芸品、茶入など、どれも
美しいと思えるものばかりですが、茶入を入れる袋や掛け軸の表装具にも
目が留まりました。

DSCF7334_20151015233755ab8.jpg

DSCF7338.jpg



DSCF7347.jpg

次は三宮の神戸市立博物館で開催中の「大英博物館」展です。
駅から徒歩10分くらいの街の真ん中にあります。
周りはお洒落な建物や店が軒を連ねている美しい街並みです。
石器などの時代から現代のものまで時代を追って100点が展示されています。
「ウルのスタンダード」という台形の箱のようなものや、レプリカですがロゼッタ
ストーンなどは興味を惹かれました。
しかしダイジェスト的に様々なものを展示する展覧会は好きではありません。

DSCF7362.jpg

DSCF7350.jpg



DSCF7388.jpg

最後は兵庫県立美術館で「パウル・クレー」展を観てきました。
クレーやレジエは大好きな画家で展覧会があると必ず行きます。
こちらは大満足でした。
ひとりの画家でも時代によって描き方や色の使い方、絵の印象まで変わる
のは観ていて飽きません。

DSCF7373_2015101523441221b.jpg

DSCF7376.jpg

DSCF7380_20151015234638e37.jpg



てんしば


DSCF7285.jpg

10月9日 母親の病院付き添いで有給休暇でした。
病院の診察以外に点滴と心電図が追加されたので、家に帰ってきたのは
午後1時半ころになっていました。
母の昼食の支度をしてから薬局へ処方箋を持って行き、その後ヘルパーさんが
来たので診察の結果や薬のことを伝えました。

DSCF7289.jpg

DSCF7318.jpg

せっかくの平日休みなので、ヘルパーさんがいる間に出かけようと思いました。
行先は天王寺公園です。
最近リニューアルしたということで、「てんしば」という名前になっています。
某電鉄系不動産会社が大阪市から管理委託を受けて改装したようです。
以前はゲートがあって入園料が必要でしたが、それはなくなりました。

DSCF7293_20151014222144ebe.jpg

DSCF7295_20151014222145994.jpg

花壇や池があったところは大きな芝生広場になっていて、きれいな店舗も
いろいろ作られていました。
平日なのにたくさんの人たちがくつろいでいます。
突き当りが天王寺動物園の入り口でした。
実際のところ、公園では花でも見ながらゆっくり過ごしたいところなので、
個人的にはイマイチでした。
このあと美術館の前を通って、茶臼山をひと回りしてきました。

DSCF7312.jpg

DSCF7306.jpg

DSCF7299.jpg



藤原京跡のコスモス その2


DSCF7202.jpg

DSCF7219_201510121703285f5.jpg

DSCF7246.jpg

コスモス畑をひと回りするくらいで、約1時間ほど居ました。
そうゆっくりもできないので帰ることにしました。
もう少し楽しめそうなので、来られればもう一度来たいと思います。

DSCF7217.jpg

DSCF7247_201510121714598c9.jpg

DSCF7260_201510121715016e0.jpg

DSCF7213.jpg

DSCF7273_201510121722273e2.jpg

DSCF7234.jpg

DSCF7279.jpg



藤原京跡のコスモス その1


DSCF7161.jpg
                  
馬見丘陵公園から藤原京までは中和幹線を経由して4,50分くらいです。
着いたのは正午ごろになっていました。
藤原京資料館横の駐車場に車を停めて、少し歩きます。
去年は咲くのが遅かったコスモスも今年は順調に咲いていました。
よく晴れて、夏のような雲が出ています。

DSCF7169.jpg
                   背後は天香久山


DSCF7174.jpg
               奥は耳成山


DSCF7179.jpg

コスモスは田んぼに植えられているので、畝に沿ってたくさんの観光客と
カメラマンがあちこちにいました。
かなり広い範囲に植えられていますが、一番咲いていたのは西側の小学校
前の田んぼだったので特にそのあたりに集中しています。
自撮り棒で撮影する女の子たちもいました。

DSCF7186.jpg

DSCF7192.jpg

DSCF7227.jpg

そこから少し東のほうへも行ってみました。
コスモス畑の中にススキの群生が小島のように飛び出ています。
朝一に来ることが多いので、いつもは逆光で見える天香久山がこのときは
よく見えました。
南側の明日香の方角が逆光です。
まだ背の低いコスモスの苗もあったのでまだまだ楽しめるかもしれません。

DSCF7250.jpg

DSCF7248.jpg

DSCF7278.jpg



馬見丘陵公園フラワーフェスタ その2


DSCF7115.jpg

ダリア園から小さなトンネルを抜けてバラ園のほうへ行きました。
バラも少し咲いていましたが、いろいろな花の花壇が続きます。
サルビア、ケイトウ、インパチェンス、コスモスやススキもあります。
こちらにも駐車場があるのでフラワーフェスタ会場の方へ歩いて行く人たちが
たくさんいました。

DSCF7095.jpg

DSCF7100.jpg

DSCF7104.jpg

去年はこんなに混んでなかったのになと思っていたのですが、よく考えれば
1年前は9月から12月まで失業中で平日に好きなところへ出かけていたの
でした。
実際には土日だとやはり混んでいるようです。

DSCF7116.jpg

DSCF7126.jpg

DSCF7092.jpg

バラ園があるところは周りを丘に囲まれたようになっているので開放感は
ありませんが、ベンチなどもあり静かな雰囲気を味わうことができます。
バラ園の先の菖蒲園まで行って戻ることにしました。
このあと藤原京跡のコスモスを観に行くことにしました。

DSCF7052.jpg

DSCF7158.jpg

DSCF7140.jpg



馬見丘陵公園フラワーフェスタ その1


DSCF7007.jpg

法起寺から馬見丘陵公園までは直線で5,6kmくらいです。
着いてみると駐車場へ入る車で渋滞していたので、別の駐車場へ入れようと
思って通り過ぎたところで臨時駐車場が開いたので、そこへ停めました。
駐車場のそばの丘の斜面が花壇になっていて、様々な色の花が植えられて
いますがまだ開花していないのか、少し華やかさに欠けました。
去年の写真を見てきていたので余計にそう感じたのかもしれません。

DSCF7144_201510091734576c9.jpg

DSCF7009.jpg

DSCF7015.jpg

花壇の丘の向こう側は芝生広場になっています。
人が多くても混雑さは感じないほど大きな芝生広場です。
なだらかに下ったところにある野外ステージではボーカルとキーボードの女性
二人組がリハーサル中でした。
芝生広場をひとまわりしてダリア園のほうへ向かいました。

DSCF7019.jpg

DSCF7043.jpg

DSCF7055.jpg

この時期はダリアが満開です。
様々な色と、形と大きさのダリアが咲いていますが、支柱が必要な花なので
たくさんの支柱が飛び出ていて、うまく撮るのは難しいと思います。
ダリア園の横では屋外にテーブルや椅子が並べられ、いろいろな食べ物の
店が出ているようでした。

DSCF7072.jpg

DSCF7078.jpg

DSCF7049.jpg



法起寺のコスモス


DSCF6891_20151008220858b19.jpg

10月4日 まず訪ねたのは法起寺です。
毎年寺の周辺の田んぼにコスモスが植えられて観光客やカメラマンたちが
たくさん来られます。
寺に隣接して無料の駐車場が設けられているのでそこに車を入れましたが
すでに10台くらい停まっていました。

DSCF6882.jpg

DSCF6895.jpg

ほぼ毎年来ていますが、植えられる場所は年によって違うようで、今まで
植えられていたところが米になっていたりします。
少し歩くだけで花が少ないと思えました。
まだ早いのかもしれませんが、なんとなく隙間が目立ちます。

DSCF6888_20151008220944dca.jpg

DSCF6915.jpg

寺の東側が広いコスモス畑になっているので、混雑することなく、思い思いの
場所で撮ることができますが、今年は植えられているところも少ないようでした。
風景はほぼ毎年同じような構図になるので、花の咲き具合に左右されます。
どこか良い角度がないかウロウロしてみますが、特にこれといった場所は
ありませんでした。

DSCF6928.jpg

DSCF6897.jpg

ほど近い法輪寺前の奈良県営の無料駐車場に車を停めて、周辺を少し歩いて
みました。
実をつけた柿の木や、コスモスを法輪寺の三重塔と一緒に撮りました。

DSCF6956.jpg

DSCF6977.jpg

最後はコスモスの花束のお届けです。

DSCF6967.jpg



奈良へ


DSCF6873.jpg

               法起寺


10月4日 ちょっと時間をとって奈良へ行ってきました。
どこへ行こうか迷ったのですが、去年のブログを見ると10月7日に法起寺、
馬見丘陵公園、藤原京跡を巡っていたので、この日も同じルートをまわる
ことにしました。

DSCF7144.jpg

                   馬見丘陵公園

DSCF7264.jpg

              藤原京跡

写真を選んで記事を書いたら載せていきたいと思います。



久々にイモリの赤ちゃん


DSCF5809-1.jpg

イモリの赤ちゃんは順調に育っています。
最初は100匹強いたのですが、徐々に死んだり、一度水を腐らせてしまって
大量に死なせてしまったこともあって、現在は26匹になっています。
つい1週間くらい前まで、エラのある赤ちゃんが2匹だけ最後まで水の中に
いましたが、今は全員水から上がっています。

DSCF5813-1.jpg

DSCF5818-1.jpg

DSCF5820-1.jpg

ちょっと面倒なのが餌やりで、冷凍した赤虫(長さ1cm未満くらいのミミズの
ようなもの)をピンセットでつまみながら目の前に持っていくとかぶりつきます。
すべて一匹一匹やらなければならないので、毎日30分以上かかります。
母親の面倒を看ていて時間が取れなかったときも、餌の時間だけはとって
いました。
餌のときはバトルです。

DSCF6687-1.jpg

DSCF6690-1.jpg

赤ちゃんの大きさはバラツキがあってかなり体格が違うのですが、一番大きな
もので4cm、小さなものは3cmに満たないのもいます。
それでもしっかり親と同じ形です。
餌のときは、赤虫の両側を咥えたまま2匹で水の中へ転がっていったり、相手を
攻撃したりします。
とにかくよく食べるのでこれ以上は死ぬこともなさそうです。

DSCF6691-2.jpg

DSCF6701-1.jpg



葛城の彼岸花 その2


DSCF6783_201510031241599df.jpg

一言主神社から大阪方面へ戻るとすぐに九品寺の前を通ります。
誰もいないかと思っていたら駐車場にはたくさん車が止まっていました。
寺の脇の空き地に彼岸花やコスモスが植えられています。
ところどころに写真を撮る人たちがいました。

DSCF6786.jpg

DSCF6794.jpg

DSCF6804.jpg

コスモスは咲いているもののまだ早そうです。
彼岸花はきれいな花もありますが、やはり遅そうでした。
標高の高い位置にあるので大和三山も遠くに見えます。

DSCF6814_20151003124454140.jpg

DSCF6788.jpg

彼岸花の群生の中で撮影する、二組のコスプレーヤーとカメラマンのコンビが
いました。
一組はセーラー服と男性のカメラマン、もう一組は「犬夜又」風のコーデと男性
カメラマンで、ポーズをとりながら撮影されていました。
結局20分ほどいただけで帰ってきました。

DSCF6800.jpg

DSCF6812.jpg



葛城の彼岸花 その1


DSCF6721.jpg

9月27日 もう遅いかと思いながら葛城方面の彼岸花を探してきました。
家を出たのは7時を過ぎていました。
国道165号線から葛城山麓線へ入り、南阪和道の高架をくぐってすぐに右折、
葛城山麓公園のほうへ向かう道にも彼岸花が多いのですがすでに終わって
傷んだ花が目立ったので諦めました。
そこからさらに南下して定番の一言主神社へ行ってみました。

DSCF6731_20151001230611b2b.jpg

DSCF6714.jpg

DSCF6738_201510012306128a1.jpg

神社の周辺は有名なのですが、ほとんど誰もいませんでした。
彼岸花は傷んだものも多かったのですが、良い花を選びつつ誤魔化しながら
撮ってきました。
稲刈りが始まりそうでした。

DSCF6745.jpg

DSCF6751_20151001230821079.jpg

DSCF6764.jpg

しかたがないので少し標高の高い高天原へ行くことにしました。
高天原神社や橋本院へも回ってみましたが、ここもすでに遅いようでした。
集落の中には大きな金木犀の木があって甘い香りが漂っています。
その周辺にいくらか彼岸花があったので、それを撮ってきました。
ここから九品寺へ行きました。

DSCF6767.jpg

DSCF6775.jpg

DSCF6781.jpg



プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR