FC2ブログ

二上山ふるさと公園


DSC02443.jpg

専称寺の境内で30分ほど撮ってから、もう少し時間があるのですぐ
近くの二上山ふるさと公園へ行くことにしました。
駐車場は道の駅になっています。
8時半頃でしたが車はたくさん停まっていました。

DSC02446.jpg

DSC02445.jpg

DSC02457.jpg

この公園は二上山のふもとにあり、春には梅、桜、サンシュユ、木蓮、
ボケ、ミツマタ、ユキヤナギなど様々な色の花で彩られます。
入ったところは広い芝生広場になっていて、木蓮が満開でした。
広場から右奥のほうへ行くと太鼓橋の架かる池があります。

DSC02464.jpg

DSC02507.jpg

DSC02480.jpg

花盛りなのに散歩する人が2,3人通り過ぎただけで誰もいません
でした。
池越しに二上山が望めました。
先に挙げた花で、桜以外はすべて咲いていました。
あまり時間がなかったので、急ぎ足で撮って帰りも高速道路を使って
帰ってきました。

DSC02484.jpg

DSC02503.jpg

DSC02476.jpg



スポンサーサイト



専称寺の枝垂れ桜


DSC02381.jpg

3月26日 母親の朝の食事の支度をしてから、洗い物を待たずに
奈良県香芝市へ出かけました。
11時ころから母親の病院の予約があったので、10時には帰ってくる
つもりでした。
香芝は近いので普段は使わないのですが、高速道路を使いました。

DSC02383.jpg

DSC02432.jpg

DSC02387.jpg

専称寺は近鉄二上山駅の近くの村なかにあります。
寺に駐車場はなく、狭い村なかにも停めるところはないので、少し離れた
道端に停めて歩きました。
午前7時ころに門前に着きましたが、門は開かれているものの中へ
入れるのは8時からだったので車に戻って待ちました。

DSC02390.jpg

DSC02398.jpg

DSC02403.jpg

改めて8時ころに行ってみるとカメラマンが数人いらっしゃいました。
門が開かれて庭へ入ると、桜は七分咲きくらいでした。
本堂前の小さな庭ですが、全体を覆うように枝を垂らしています。
少し肌寒さがありましたが、気持ちよく晴れていました。
どうしても人が写りそうな庭で、それぞれが気を使いながら他の人の
邪魔にならないように、写らないように撮れたのではないかと思います。

DSC02409.jpg

DSC02433.jpg

DSC02435.jpg




明日香周辺 その3


DSC02247.jpg

サンシュユの丘から山田寺跡に戻って、山際に見えていた紅梅の木を
少し撮ってから今度は甘樫丘へ向かいました。
道路はまっすぐ雷の丘に突き当りますが、その道沿いにも菜の花が
あちこちに植えられきれいに咲いています。
車を停めるところがないので、撮ることはできませんでした。

DSC02239.jpg

DSC02242.jpg

DSC02253.jpg

雷の丘を左折して、少し走ると甘樫丘に着きます。
丘の手前で畑の中に菜の花越しの紅い木が見えたので、道端の駐車
スペースに停めて歩くことにしました。
車の通行が多い道路ですが、ほかにもカメラマンが数人いました。
遠くからと、紅い木に近づいてと、菜の花越しに何枚か撮りました。

DSC02264.jpg

DSC02305.jpg

DSC02312.jpg

最後に向かったのは石舞台古墳です。
さすがに観光客が多くて無料の駐車場に停めるところはなく、しかたなく
有料に停めました。
石舞台古墳の周りにも梅や菜の花が咲いていました。
古墳が見下ろせる丘のほうに登って、その辺を30分ほどうろうろしながら
撮っただけで帰ることにしました。

DSC02345.jpg

DSC02331.jpg

DSC02361.jpg




明日香周辺 その2


DSC02235.jpg

六地蔵から下って行くと桜井の山田寺跡の脇に出ます。
山田寺跡から車道を挟んだ向こう側の丘がサンシュユの木で黄色く
こんもりと覆われていました。
山田寺跡の駐車場に車を停めて歩きました。
その丘の入り口は民家の前の狭い路地を入ります。

DSC02122.jpg

DSC02125.jpg

DSC02142.jpg

すぐに坂道になって両側にサンシュユが広がります。
空に向かって伸びる枝と、金色の花が陽ざしを浴びて光るようでした。
カメラマンがひとり、大型のカメラを構えていらっしゃいました。
花越しにのどかな山里の風景が望めました。

DSC02150.jpg

DSC02151.jpg

DSC02164.jpg

その丘は全体がサンシュユの林で、斜面を降りたり登ったりしながら
写真を撮ってきました。
丘からどこかへ抜けるような道はなさそうでした。
実はカメラマンが撮っている位置で撮りたかったのですが、最後まで
動いてくれなかったので諦めて引き上げることにしました。

DSC02181.jpg

DSC02209.jpg

DSC02210.jpg




明日香周辺 その1


DSC02059.jpg

3月20日 どこというあてはなかったのですが、車で奈良を走ってきました。
桜の咲き具合を見るのと、何か咲いていれば撮ろうと思っていました。
まずは藤原京跡の醍醐池のそばを通りましたが、ここは桜も菜の花も
まだでした。
そのまま桜井へ入って、多武峰方面へ向かう道沿いの桃の木もまだで、
すぐ先の「八講桜」もまだでした。

DSC02062.jpg

DSC02063.jpg

DSC02065.jpg

そのまま明日香へ抜けようと走っていると大きな梅の木が目に付きました。
その紅い梅の木は産廃処理会社の敷地入り口にあって、敷地には入れず
撮る位置に制限があるのでうまく撮れませんでした。
そこからもう少し上ると峠の分かれ道のようなところに出ます。

DSC02070.jpg

DSC02080.jpg

DSC02083.jpg

道端にある六地蔵の背中越しに桜が咲いているのが見えました。
そこへ行ってみると段差のある斜面に10本ほどの桜が満開になっていました。
枝の感じが桜ではなさそうだったのですが、花びらの先が割れているので
桜のようでした。
ミツマタの黄色い花も満開でした。
ここから下っていくと明日香に出ます。

DSC02084.jpg

DSC02087.jpg

DSC02100.jpg




賀名生梅林~デジブック


DSC01983.jpg


デジブックを作ってみました。
ブログに載せなかった写真もたくさん入れましたので、是非ご覧ください。
ちなみに30日間で削除されます。

賀名生梅林 2016






賀名生梅林 その4


DSC01981.jpg

口の千本あたりまで来ると谷間の斜面の梅畑の中に民家が多くなって
きました。
狭い道が分かれたり合流したりしながら縦横に巡っていますが、どこを
歩いても最終的に梅林入り口に降りてきます。

DSC01978.jpg

DSC01968.jpg

DSC01986.jpg

私は上から降りてくる方向で歩いていましたが、ほとんどの観梅客は
下から登ってきました。
お土産物を売っている民家もあるので、その前では立ち止まっている
人たちがたくさんいました。

DSC01983.jpg

DSC01991.jpg

DSC02003.jpg

全体的に満開でしたが、傷んだ花も目立ったのでわずかに遅いようでした。
最後は国道向こう側の賀名生皇居跡と賀名生の里歴史民俗資料館へ
寄ってみました。
南朝の皇居があった場所で、その古い民家が残されています。
皇居前の枝垂れ桜はまだまだでしたが、大きな梅の木は満開でした。
雛飾りが展示され、琴が並べられていたので、何かイベントがあるよう
でしたが、大阪へ戻ることにしました。

DSC02028.jpg

DSC02031.jpg

DSC02039.jpg



賀名生梅林 その3


DSC01839.jpg

わき道などはほとんど入れないので、できるだけ行けるところは入ってみます。
たくさんの人が歩く道路から外れて、さらに上に登る道に入りました。
いつも来るところなのですが、この辺はまだ観光客の少ないところで、道端の
金網もありません。
見晴らしが良くて遠くの山々の連なり、重なりがよく見えます。

DSC01845.jpg

DSC01865.jpg

DSC01873.jpg

1本の枝垂れ梅が目についたので背後の風景を入れながら撮りましたが
その梅は紅白の花が一緒に咲いているのでした。
撮ったときは気がつかなかったのですが、上ってきた小さなパトカーの窓から
警官が顔を出してその梅のことを教えてくれました。

DSC01886.jpg

DSC01903.jpg

DSC01936.jpg

適当なところで戻ることにしました。
今度はずっと下りになります。
ちらほらとすれ違う人たちもいました。
やがて薄暗い山陰を抜けると人家が多いところに出てきます。
ここまでくると「口の千本」に近くなって、観梅の観光客がかなり多くなりました。

DSC01946.jpg

DSC01949.jpg

DSC01952.jpg




賀名生梅林 その2


DSC01723.jpg

賀名生梅林の入り口は「口の千本」と呼ばれ、観光客の一番多いところです。
車道はずっと登り坂で、村を巡る周遊路になっています。
しかし道路は狭くてすれ違うのも難しいところが多く、一方通行だという案内板が
設置されています。
歩いていく人がほとんどですが、それでも車が上ってくるのでときどきは道端に
身を寄せなければなりません。

DSC01736.jpg

DSC01749.jpg

DSC01754.jpg

道路沿いのお土産店はまだ開いていませんでした。
見渡す限りの梅の谷間を観ながら道路に沿って行くと、山陰のようなところに
入りますが、そこを抜けるとまた梅の風景が広がります。
人家と梅畑が連なります。
だいぶ高いところまで上っているので、遠くの山並みも見え、ときどきは下の
ほうに車の停まっている駐車場も見えていました。

DSC01758.jpg

DSC01775.jpg

DSC01786.jpg

ここ数年は道沿いの梅畑や脇道に金網が設置されるようになってきて、写真を
撮るには少し邪魔になっています。
たぶん観光客が増えて畑を荒されることが多くなったのだと思います。
以前は脇道にも入って撮っていましたが、今はほぼ車道からしか撮れなくなって
しまいました。

DSC01794.jpg

DSC01827.jpg

DSC01835.jpg




賀名生梅林 その1


DSC01673.jpg

3月13日 奈良県五條市の賀名生(あのう)梅林へ行ってきました。
いつもより早い時間に母親の朝食の仕度と後片付けをして、6時20分には
家を出ました。
まだ交通量も少ない時間なので順調に1時間半で賀名生に着きました。
駐車場には車が2台停まっているだけでした。

DSC01675.jpg

DSC01684.jpg

DSC01688.jpg

前日の開花情報では満開になっていました。
実は一週間ほど前にはつぼみだったようなので、この寒さもあって
まだまだこれからだろうと思っていましたが、前日の情報にはびっくり
でした。
駐車場から見える谷間の風景は満開でした。

DSC01696.jpg

DSC01699.jpg

DSC01701.jpg

ここにはほぼ毎年来るのでいつものルートで登りはじめました。
入り口にはお土産を売る店が数軒ありますが、まだ閉まっています。
最初は梅の畑の中を抜けて道路に出ました。
あとはこの道路沿いをひたすら歩いて村内を一周します。

DSC01709.jpg

DSC01716.jpg

DSC01710.jpg




おかめ桜


DSC01608.jpg

後日載せると予告していたおかめ桜です。
鶴見緑地公園の北側、河津桜の隣にあったおかめ桜の膨らんでいた蕾が
咲いたので、3月5日母親を連れて行ってみました。
昼にはヘルパーさんが来るのであまり時間がないのですが、家を出たのは
9時頃になっていました。

DSC01609.jpg

DSC01653.jpg

DSC01627.jpg

鶴見緑地公園までは車で30分ほどです。
公園北西の駐車場に停めて、車椅子を押して公園に入りました。
桜があるところまでは子供の遊び場を抜けて、ゆるい坂道が300mくらい
続きます。
おかめ桜は五分咲きくらいでしたが、色が濃いのでよく咲いているように
見えました。

DSC01641.jpg

DSC01665.jpg

DSC01666.jpg

木の周りはカメラマンだらけで根本や幹を写すと人の姿も入ります。
車椅子を押しては停めて写真を撮っていたので、あちこち行くわけにも
いかず、たくさんは撮りませんでした。
背景も背後の林くらいしかなく、最後は自分の好きな撮り方になりました。
1時間もしないうちに引き上げてきました。

DSC01650.jpg

DSC01651.jpg

DSC01652.jpg

DSC01656.jpg

DSC01658.jpg




枚岡梅林 その2


DSC01217.jpg

枚岡神社は河内国一之宮で、創建はまだ歴史がない神代、初代の
神武天皇が即位する3年前だとされています。
梅林は枚岡神社の南側の山の斜面に広がっています。
生駒山を背にして正面には大阪平野を望むことができます。

DSC01227.jpg

DSC01197.jpg

DSC01205.jpg

観梅の客は混雑していませんが、どこを撮っても人の姿は入りそう
でした。
小さな梅林ですが、梅を楽しむには充分です。
ただ、住宅街が隣接するので背景は良くありません。

DSC01207.jpg

DSC01219.jpg

DSC01256.jpg

しばらくすると予報どおり小雨が降り始めました。
足早に人が減っていきましたが、まだウロウロ撮っているとほとんど
誰もいなくなりました。
雨は濡れるほどもなく止んだので傘は使わずに済みました。

DSC01253.jpg

DSC01282.jpg

DSC01276.jpg




枚岡梅林 その1


DSC01189.jpg

2月27日 枚岡梅林へ行きました。
実は母親と行った道明寺天満宮(2/28)の前日でしたが、うっかり
忘れていました。
この日は午前中は母親を病院へ連れて行って、午後も出そびれて
家にいました。

DSC01316.jpg

DSC01296.jpg

DSC01314.jpg

どんより曇った土曜日で、夕方から雨が降る予報になっていましたが、
午後3時ころになって思い切って出かけることにしました。
枚岡神社は地元なので4時までには着けるだろうと思っていました。
神社は生駒山の裾野の駅前にあり、大きな鳥居があります。
天気が悪いせいか、夕方だからか、境内にほとんど人の姿はありません。

DSC01307.jpg

DSC01305.jpg

DSC01294.jpg

駅前から続く広い石畳の参道の奥に、少し不思議なのですがまっすぐ
拝殿へ登る石段がなぜか左にずれてあります。
左わきの紅い梅の木が蕾を膨らませていました。
拝殿奥には4つのお社が並んでいます。
お社から石灯籠が並ぶ参道を右手に抜けると梅林に出ます。

DSC01289.jpg

DSC01191.jpg

DSC01194.jpg




鶴見緑地公園 国際庭園


DSC01533.jpg

河津桜は公園の北側にあって、駅へ戻るのに国際庭園の中をまっすぐ
抜けることにしました。
国際庭園は「国際花と緑の博覧会」で参加各国が展示するために
作られた55の庭園が今も残されています。

DSC01541.jpg

DSC01549.jpg

DSC01567.jpg

老朽化が進んで立ち入りができないところもありますが、たくさんある
中でも大韓民国の庭園はきれいでした。
塀に囲まれた庭には、正面に白梅紅梅とサンシュユの黄色い花が
満開になっています。
右奥には池の中に浮かぶ色鮮やかな小さな建物、左手にも小さな
六角形の建物があります。

DSC01575.jpg

DSC01587.jpg

DSC01580.jpg

庭園内は案外空いていました。
しばらく園内を移動しながら撮ってから、駅へ向かいました。

DSC01593.jpg

DSC01597.jpg

DSC01605.jpg




河津桜


DSC01464.jpg

道明寺天満宮から帰ってから、午後から今度は鶴見緑地公園へ電車で
出かけました。
河津桜が満開かもという情報があったので行ってみましたが、観るのは
初めてです。
地下鉄の鶴見緑地公園駅から梅を探しながら山のエリアへ。

DSC01468.jpg

DSC01470.jpg

DSC01472.jpg

5本ほど満開の白梅が並んであったほかは、歩いた範囲だけですが
公園内全体で10本ほどしか見かけませんでした。
河津桜は駅とは反対側の一番遠いところでしたが、バラ園を抜けた
ところにふいに桜が現れました。
5本ほどの河津桜は満開で、木の周りはカメラマンや観桜の人たちで
いっぱいなので花を写すしかないようでした。
桜には緑色の大きなオウムが一羽とまっていましたが、おじいさんの
ペットでした。

DSC01480.jpg

DSC01484.jpg

DSC01507.jpg

目指していた河津桜は乗馬公苑のそばに5,6本ありました。
こちらも満開で、桜やそれに集まる野鳥を撮るたくさんの人だかりでした。
その隣にはおかめ桜という種類の桜が濃い赤の蕾を膨らませています。
こちらは昨日(3/5)に母親を連れて行ったので、後日載せます。

DSC01513.jpg

DSC01523.jpg
                  こちらはおかめ桜


DSC01524.jpg




再び道明寺天満宮へ その2


DSC01411.jpg

2月11日に来たときに3分咲きくらいで、20日くらいがいいかなと
勝手に考えていたので、この日は実はもう遅いかと思っていました。
実際にはちょうど満開でした。
寒い日が続いていたから長持ちしたのかもしれません。

DSC01418.jpg

DSC01424.jpg

DSC01420.jpg

車椅子を押しては片手で撮影したり、母親にはちょっと待ってもらって
ひとりでうろうろ撮ったりしました。
徐々に人が入ってきましたが、混雑はありませんでした。
カメラマンの姿はあまりなく、観梅の客が多かったように思います。

DSC01429.jpg

DSC01438.jpg

DSC01439.jpg

限られた園内なので、構図としては同じようなものばかりになって
申し訳ないのですが、とりあえずここまでです。

DSC01443.jpg

DSC01447.jpg

DSC01452.jpg




再び道明寺天満宮へ その1


DSC01328.jpg

2月28日 母親を連れて道明寺天満宮へ行ってきました。
暖かい日には気晴らしに行けばいいかなと思いますが、お昼には
ヘルパーさんが来るので行けるところは限られてきます。
鶴見緑地公園の川津桜にするか、道明寺天満宮の梅にするか迷って
いましたが、道明寺にしました。

DSC01323.jpg

DSC01335.jpg

DSC01336.jpg

午前8時ころに家を出て藤井寺市の天満宮までは30分ほどでした。
駐車場はまだ空いていました。
車椅子を降ろして押し始めたのですが、玉砂利のところは小さいほうの
タイヤがうまく回らず大変でした。
それに気が付いてからは玉砂利の場所はできるだけ避けました。

DSC01347.jpg

DSC01348.jpg

DSC01353.jpg

梅園は9時から開園でまだ開いていませんでしたが、聞いてみると
入れてくれました。
母親が千円を出したのですが、釣銭の準備ができていなかったせいか、
車椅子を押していたからか、無料でいいよと言ってもらえました。
一番乗りの梅園の中は誰もいないので、人影のない通路の写真を
たくさん撮れました。

DSC01356.jpg

DSC01360.jpg

DSC01358.jpg




プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR