FC2ブログ

心合寺山古墳の桐


DSC04974.jpg

4月17日 午後3時ころから母親を連れて車で30分ほどの、八尾市に
ある心合寺山古墳へ出かけました。
よく晴れて青空が広がっていました。
この古墳の斜面に2本の大きな桐の木があって、いつも4月の後半に
花を咲かせるので、それを観に行ったのでした。

DSC04977.jpg

DSC04985.jpg

DSC04980.jpg

古墳には池があり、その対岸に古墳の学習館が併設されています。
家を出る前にここに電話をかけて花の咲き具合と、車椅子で登れるか
どうかを尋ねましたが、見頃で車椅子もいけるということでした。
今年は全般に花の咲き方が早いように感じていましたが、桐の花も
例年より早く見頃を迎えたように思います。

DSC05002.jpg

DSC05019.jpg

DSC05071.jpg

桐の木はあまり見かけず、ここの桐を見つけたのも偶然でした。
生駒山を歩くハイキングに参加してこの古墳もコースに入っていたの
ですが、そのときは花の時期ではなく、花が咲くころに来ようと思った
だけでした。
その後学習館のHPなども見ながら、何年か続けてきましたがいつも
時期遅れだったりしていました。
最近はなんとなく咲く時期がわかってきて、良いときに観れるように
なりました。
母親は落ちた花を10輪ほど拾って帰って、水を張った植木鉢受けに
ひたしていました。

DSC05095.jpg

DSC05133.jpg

DSC05059.jpg




スポンサーサイト



壷阪寺のヤマブキ その3


DSC04758.jpg

八角円堂には縁が付いていてひと回りできるようになっています。
遠くに二上山の山影が望めました。
円堂の周りもヤマブキで縁取られています。

DSC04731.jpg

DSC04732.jpg

DSC04740.jpg

お参りのあと、三重塔のそばの石段を登って仏伝図レリーフの上に
あがりました。
そこには大きな七福神の石像や、小さな地蔵像が壁を埋めるように
並べられています。
ヤマブキのほかに石楠花も背後からの光に浮かび上がっていました。

DSC04769.jpg

DSC04816.jpg

DSC04865.jpg

最後はヤマブキに埋もれたトンネルのような通路を抜けて多宝塔の
あるところを見渡せるデッキに出ました。
まだ観るところはあったのですが、時間に追われていたので急ぎ足で
車に戻りました。

DSC04885.jpg

DSC04890.jpg

DSC04902.jpg




壷阪寺のヤマブキ その2


DSC04861.jpg

多宝塔から両側がヤマブキで埋もれた少し長い石段を上がります。
小さなお堂の中を抜けると三重塔の前に出ました。
三重塔の奥には大きな礼堂という建物、右には壁沿いに仏伝図の
レリーフが刻まれています。

DSC04653.jpg

DSC04665.jpg

DSC04673.jpg

礼堂は中を拝観することができます。
本堂は礼堂の背後に繋がる八角円堂で、本尊の十一面観世音菩薩の
巨大な姿が間近に迫るように観られます。
特に眼病に霊験がある観音様です。

DSC04679.jpg

DSC04682.jpg

DSC04688.jpg

三重塔あたりの風景です。

DSC04702.jpg

DSC04806.jpg

DSC04850.jpg



壷阪寺のヤマブキ その1


DSC04617.jpg

4月16日 奈良の壷阪寺を訪ねました。
例によって時間に制限があるので、往復とも使えるところは高速道路を
使いました。
寺の駐車場に入ったのは午前8時過ぎでしたが、拝観は8時半からと
いうことで少し待ちましたが10分ほど前に入れてもらえました。

DSC04634.jpg

DSC04629.jpg

DSC04641.jpg

すぐ右側に大講堂があって、中にはたくさんの仏像が並んでいます。
壷阪寺はヤマブキが咲く時期しかほとんど行ったことがないのですが、
紅い石楠花も、黄色いヤマブキもすでに満開でした。
特にヤマブキは境内のいたるところにあって、どこを撮っても彩りを
添えます。

DSC04907.jpg

DSC04930.jpg

DSC04935.jpg

大講堂を過ぎて石段を上がると両側に仁王像のある門があります。
門をくぐってさらに石段を上がったところに多宝塔や灌頂堂といった
お堂がヤマブキに囲まれるように建っています。
ヤマブキは一重咲きも八重咲きもあります。

DSC04941.jpg

DSC04965.jpg

DSC04951.jpg




花盛りの長居植物園


DSC04492.jpg

4月10日 母親を連れて長居植物園に行ってきました。
限られた時間内でも行ける距離の場所を探さなければなりませんが、
これまで玉祖神社の水仙、道明寺天満宮の梅園、鶴見緑地公園の
おかめ桜、天理教の枝垂れ桜と行ってきました。
長居公園はこれまでで一番近くて、花もいろいろ咲いているだろうと
思えましたし、トイレなどの心配も要りません。

DSC04485.jpg

DSC04470.jpg

DSC04531.jpg

植物園を目指して9時頃に着いたのですが、開園は9時半だったので
それまで公園をぶらぶらすることにしました。
桜は随分散っていましたが、場所によって満開の木もあって、まだ
花見をする人たちもいました。
それから植物園に入りました。

DSC04542.jpg

DSC04548.jpg

DSC04502-1.jpg

植物園の中はさすがに花盛りです。
桜は散りかけていますが、チューリップやポピーは見頃でした。
様々な色の花がモザイクのように花壇を埋め尽くしています。
園内を一周していると、牡丹園、石楠花園、椿園などが点在していて
それぞれに見頃の花が咲いていました。
11時近くになってきたので撤収することにしました。

DSC04577.jpg

DSC04600.jpg

DSC04607.jpg




橋本院


DSC04312.jpg

高天彦神社から集落の中の狭い道路を抜けるとすぐに、田んぼの
風景が広がるところに出ます。
車どうしがすれ違えない道の突き当りに橋本院があります。
橋本院へ車で行くにはこの道しかありませんが、寺のそばには駐車場や
トイレも整備されています。

DSC04344.jpg

DSC04440.jpg

DSC04339.jpg

駐車場から見えるだけでも桜がきれいでした。
お堂の屋根越しに遠くの山影が重なります。
坂を下って屋根が付いた鳥居のような門をくぐって、白壁の向こうにある
小さな庭を観ました。
入り口の脇に咲く枝垂れ桜の少し濃いピンクが鮮やかでした。

DSC04381.jpg

DSC04402.jpg

DSC04418.jpg

ここは裏庭が広くていろいろな花が咲いています。
お堂近くの桜とミツマタは満開でした。
ぐるっと一周しましたが、奥のほうの桜はほとんど散っていました。
季節ごとに花が咲くので、見逃した花を観る最後の砦です。
1時間ほどうろうろ撮影して午後4時ころになっていたので、ここを
最後に大阪へ戻りました。

DSC04432.jpg

DSC04437.jpg

DSC04374.jpg




高天原


DSC04274.jpg

和歌山から京奈和道を奈良の五條まで行き、そのまま北上して御所市に
入りました。
この日の最後は高天原です。
終わりかけた花でも、標高が高くて涼しいここなら咲いているので、いつも
季節の最後に訪ねる場所です。
予想通り桜はまだ満開でした。

DSC04259.jpg

DSC04249.jpg

DSC04255.jpg

金剛山へ登る人たちの駐車場があります。
駐車場から隙間もないような巨大な杉並木が続く奥に高天彦神社の
鳥居と社殿が見えました。
小さな集落の中にも真っ赤な桃と薄紅の桜が満開でした。
西日が強くてすべてが逆光になっているように感じます。
以前は菜の花もありましたが、今年は無くなっていました。

DSC04268.jpg

DSC04302.jpg

DSC04285.jpg

高天彦神社の境内に入って、本殿脇にある蜘蛛塚と、正面の山の中に
ある蜘蛛窟も見ました。
ただの石を積んだものですが、神武天皇に滅ぼされたという土蜘蛛
(先住民族)の遺跡です。
ここからもう少し奥へ行きます。

DSC04287.jpg

DSC04307.jpg

DSC04300.jpg



根来寺


DSC04069.jpg

桃源郷からもう少し和歌山市方面へ走って、根来寺へ入りました。
門前の無料駐車場へ車を停めてから何か食べるものを探していると、
出来立ての花見弁当をちょうど持って来られたので早速買いました。
桜はかなり散っていたものの、まだ結構持ちこたえて咲いています。
川沿いのデッキに降りて弁当を食べましたが、通路は散ったピンクの
花びらで埋め尽くされていました。

DSC04070.jpg

DSC04086.jpg

DSC04087.jpg

駐車場はたくさんの車が停まっていましたが、境内は空いていました。
正面に大きな本堂と、少し離れたところに大塔と大師堂があります。
それぞれ中を拝観することができました。
そこからさらに奥に続く通路を行くといくつかのお堂がありました。

DSC04116.jpg

DSC04118.jpg

DSC04159.jpg

本坊から入ると廊下伝いに光明殿、行者堂、聖天堂と行くことができます。
本坊には座敷や縁側があり、庭園もありました。
光明殿の正面の扉は閉じられて中は薄暗かったのですが、小さく開いた
窓の隙間から鐘楼門が見えていました。
根来寺の桜はちょっと遅かったのですが、満開のころに来てみたいと
思いました。
このあと奈良県御所市へ向かいます。

DSC04191.jpg

DSC04183.jpg

DSC04198.jpg




桃源郷


DSC03912.jpg

4月9日 友人と一緒に一日中走り回って写真を撮ってきました。
当初室生方面へ行こうと思って出たのですが、桃の花を撮りに行こうという
ことになって急遽行き先を和歌山に変更しました。
河内長野から橋本へ入って、まだ工事中で無料区間になっている京奈和道を
通って紀ノ川市で降りました。
少し南へ下って、紀ノ川を越えると桃山町に入ります。

DSC03921.jpg

DSC03927.jpg

DSC03936.jpg

高速道路を走っていてもあちこちで赤い桃の花が咲いているのが目に付き
ましたが、桃山町は道路の両側に桃畑がたくさんあります。
遅いかなと思われましたが、畑によって咲き具合は様々ですでに終わって
いるところもあれば、まだきれいに咲いているところもありました。
しかし道路沿いに停めるところはなく、桃源郷運動公園という看板に従って
そこへ行くことにしました。

DSC03957.jpg

DSC03966.jpg

DSC03991.jpg

駐車場はガラガラでしたが、運動公園には大きな競技場があって、若い
人たちがトレーニングをしていました。
静かでのどかな里山の風景が広がっています。
公園の周りを桃畑を探しながら歩きましたが、そのあたりの桃の花は
わりとよく咲いていました。
1時間ほどぶらぶらしてから国道24号線方面へ戻りながら良い場所を
探しましたが、見つからずに終わってしまいました。
このあと根来寺へ向かいます。

DSC03996.jpg

DSC04016.jpg

DSC04047.jpg




歓迎会の前に


DSC03847.jpg

4月8日 仕事が終わってから、新しく入社された方の歓迎会があり、
少し時間があったので駅近くの川堤の桜並木を歩いてきました。
毎朝電車の窓から観ていた桜です。

DSC03851.jpg

DSC03846.jpg

DSC03861.jpg

満開は週の初め頃で、半ばには散り始めていました。
この日は金曜日だったので、名残の桜になっていました。
それでも提灯に明かりが灯り、ブルーシートが敷かれているところも
ありました。
午後6時半ごろで薄暗くなってきています。

DSC03865.jpg

DSC03855.jpg

川堤から広い道路に出ると橋の向こう側の桜がまだきれいだったので
そちらへ行ってみました。
歩道は駅へ向かう会社帰りの人たちがたくさん歩いていました。
少し散り始めていますが、まだ大丈夫でした。
駅から近いので来年は出勤前に来てみたいと思いました。

DSC03869.jpg

DSC03871.jpg

DSC03873.jpg



金剛寺の桜


DSC03716.jpg

叡福寺から今度は河内長野の金剛寺へ向かいました。
金剛寺は河内長野市の街なかではなくて、和泉のほうへひと山超えた
山間部にある大きな寺です。
10年ほど前に桜の時期に行ったときの美しい印象が強くて、春になると
行こうかなと思います。

DSC03717.jpg

DSC03733.jpg

DSC03825.jpg

ここも境内の人影はまばらでした。
桜は少し散りかけていましたが、まだ観れました。
ただ本堂が改修工事のため覆いがかけられていて見えなかったり、
あちこちに工事資材などが置かれていたりで、写真を撮るのにも制限が
ありました。

DSC03775.jpg

DSC03786.jpg

DSC03792.jpg

本堂前は枝垂れ桜が多いようでした。
小さなお堂の前にある散りかけた枝垂れ桜と、赤に白い班入りの大きな
ツバキの花がきれいでした。
この週の土日に出掛けた9か所の桜はこれが最後です。
次の週の土日も出かけたので、もう少し桜が続きます。

DSC03805.jpg

DSC03830.jpg

DSC03836.jpg




叡福寺の桜


DSC03530.jpg

曽我川へ行った日はちょうど天皇陛下が神武天皇陵をご参拝される日で
いくつかある公園の駐車場のひとつは警察車両専用駐車場になって
いました。
なので、それ以上橿原方面へ行くつもりはなく今度は大阪へ戻りました。
どこへ行こうか考えていましたが、とりあえず二上山のふもとの太子町に
ある叡福寺に入りました。

DSC03544.jpg

DSC03561.jpg

DSC03591.jpg

門の下の小さな駐車場に車を停めました。
石段の下から見上げるだけでも門の周りは桜が満開でした。
以前桜の時期にきた時はかなり混んでいたのですが、この日の境内は
空いていました。

DSC03599.jpg

DSC03602.jpg

DSC03631.jpg

門をくぐると左手に大きな金堂と多宝塔、聖霊殿、右手にもいくつかの
お堂があり、中央正面の石段を上がると聖徳太子の廟があります。
ここには母親と妃も一緒に葬られています。
境内の桜は満開でした。
ゆっくりと境内を一周して写真を撮りましたが、空いていたのでほとんど
人の姿は写りませんでした。

DSC03647.jpg

DSC03660.jpg

DSC03673.jpg




曽我川の桜


DSC03303.jpg

4月3日 母親の朝食の後片付けをしてから奈良へ出かけました。
行き先は橿原市の曽我川でした。
いつもバイパスの高架から川沿いの桜並木が見えていて気になっていたの
ですが、はじめてそこを目指して行ってみました。
車は橿原運動公園のバラ園横の駐車場に停めました。
そこからなら西へ300mくらいで曽我川に着きます。

DSC03309.jpg

DSC03315.jpg

DSC03368.jpg

近鉄南大阪線を挟んで南側と北側を川に沿って歩いてきました。
線路横の橋から川を見ると、両側が桜で埋め尽くされています。
桜の下の堤は草の緑と菜の花の黄色が鮮やかでした。
水面にも桜が映りこんでいます。
少し西側を流れる高田川の桜並木は有名でもの凄い人出だろうと思いますが
この曽我川は人の姿もまばらで静かでした。

DSC03322.jpg

DSC03440.jpg

DSC03456.jpg

しばらく橋の上で撮ってから、線路の高架をくぐりました。
少し離れた橋の上から線路越しに北側の桜を撮りました。
それからしばらく川沿いの道を歩きました。
200mおきくらいに橋が架かっています。
線路を挟んで南北1kmくらいの範囲をぐるっと巡ってみましたが、ずっと
桜並木が続き、それはさらにどこまでも続いているようでした。

DSC03490.jpg

DSC03514.jpg

DSC03518.jpg




天理の桜


DSC03196.jpg

4月2日 當麻寺から自宅に戻ったのは午後2時を過ぎていましたが、
今度は母親を連れて3時頃から天理へ向かいました。
高速道路を使って天理教の施設の駐車場に入ったのは4時近くに
なっていましたが、まだ明るいので桜を観るのは大丈夫です。

DSC03217.jpg

DSC03223.jpg

DSC03228.jpg

天理教総本部の東側にある施設の敷地に3本の巨大な枝垂れ桜が
あります。
3本とも足場を組んで支えられています。
この枝垂れ桜はほんの少し盛りを過ぎていましたが、ほかの桜はどれも
満開でした。

DSC03237.jpg

DSC03240.jpg

DSC03252.jpg

それから天理教総本部のほうへ歩いてみました。
実は今年は観てみたい桜があったのでここまで来たのですが、それは
すでに葉桜になっていました。
しかたなくぐるりと回って再び枝垂れ桜まで戻ると風が出てきて少し
ひんやりしてきたので1時間足らずで帰ることにしました。

DSC03260.jpg

DSC03266.jpg

DSC03287.jpg




最後は3年前に撮った目当ての桜です。

IMG_8009_20160411202919359.jpg

IMG_8021_20160411202920075.jpg

IMG_8045_201604112029227fd.jpg




當麻寺 奥院の桜


DSC02998.jpg

醍醐池からもう少し大阪方面に戻って、當麻寺へ入りました。
往路でもそばを通るので、桜が見えていました。
牡丹で有名な寺なので、桜の時期は案外空いているのではないかと
予想していましたが、そのとおりでした。

DSC03006.jpg

DSC03076.jpg

DSC03080.jpg

當麻寺は境内は自由に入れますが、本堂や塔頭寺院を拝観するときは
それぞれ別に拝観料が必要になります。
このとき入ったのは境内の一番奥にある奥院でした。
長い石段を上がって、さらに少し坂を上ると本堂の前に出ます。
境内の桜は満開でした。

DSC03090.jpg

DSC03103.jpg

DSC03138.jpg

拝観の方は少なくてゆったり観ることができました。
他の塔頭寺院よりも高い位置にあるので、東西ふたつの国宝三重塔を
望むことができます。
本堂や赤い楼門のあたりが特にきれいでした。
この日はここを最後にして帰ることにしました。

DSC03140.jpg

DSC03151.jpg

DSC03178.jpg




醍醐池の桜と菜の花


DSC02984.jpg

聖林寺からまた来た道を戻って通り過ぎてきた藤原京跡を目指しました。
藤原京の大極殿跡の北側にある醍醐池の周囲に桜と菜の花が植え
られています。
今朝見たときは少し早いかなと思っていましたが、それでも寄ることに
しました。

DSC02891.jpg

DSC02918.jpg

DSC02938.jpg

池の土手に桜が植えられ、さらにその周りの田んぼが一面菜の花の
黄色で埋め尽くされていましたが、どちらも全体的に五分咲きくらい
かと思われました。
それでも、たくさんの花見客とカメラマンが思い思いの場所でカメラを
構えています。

DSC02904.jpg

DSC02939.jpg

DSC02949.jpg

大和三山や二上山が間近に見える場所です。
すぐ北側には耳成山が迫り、西には遠くに二上山が見えていました。
撮影しながら醍醐池を一周しました。
この日はもう少し続きます。

DSC02946.jpg

DSC02963.jpg

DSC02944.jpg




聖林寺と桃畑


DSC02818.jpg

八講桜から来た道を少し戻って聖林寺へ行く道に入りました。
寺の手前で車を停めて歩きました。
聖林寺も満開の桜で埋もれていました。
境内には入らず門の下から撮りましたが、下からではほとんど屋根と
白壁くらいしか見えません。
離れて遠くから撮ると電柱や電線が多くてイマイチです。

DSC02823.jpg

DSC02821.jpg

DSC02829.jpg

しばらく撮ってから今度は車道沿いの桃畑に向かいました。
通り過ぎたときにも見ていたのですが、まだ少し早そうです。
個人の畑で、おじいさんが農作業をしていらっしゃったので声をかけて
撮らせていただきました。
やはり五分咲きくらいだとおっしゃっていました。

DSC02851.jpg

DSC02868.jpg

DSC02854.jpg

桃は斜面に広がっているので、上のほうに上ると聖林寺や耳成山、
二上山も望めます。
花越しに聖林寺や耳成山、二上山をしばらく撮ってから車に戻りました。

DSC02861.jpg

DSC02873.jpg

DSC02881.jpg




満願寺の八講桜


DSC02759.jpg

安倍文殊院から談山神社方面へ向かいます。
聖林寺を過ぎるとすぐに八講桜の看板があり、そこを入ります。
この道は明日香へ抜ける道路で、間もなく八講桜の駐車場に着きました。
車は停まっていませんでしたが、すぐに2台ほど来ました。
駐車場から見上げた丘の上に八講桜があります。

DSC02761.jpg

DSC02779.jpg

DSC02751.jpg

この桜はどこかへ行った帰りに寄ったりするのですが、満開だった
ことがありません。
しかし、この日は満開でした。
とりあえず駐車場背後の坂道の途中から望遠レンズで撮りました。
桜の後ろから陽が射しているので枝垂れた花が白く浮かび上がって
いました。

DSC02713.jpg

DSC02740.jpg

DSC02728.jpg

そのあと桜の根元まで登りました。
樹齢300年の太い幹は苔むしています。
藤原鎌足を祀る八講祭を行う寺に枝垂れ桜を植えたという言い伝えが
談山神社にあるそうで、その桜だということです。
桜がある丘の上に満願寺という寺があったのですが、現在は地元の
集会所があるのみです。

DSC02797.jpg

DSC02736.jpg

DSC02810.jpg




安倍文殊院


DSC02630.jpg

4月2日 満開の桜を撮りに、友人と一緒に奈良へ行ってきました。
行先は桜井市の八講桜だけは決まっていたのですが、他は相談しつつ
考えつつで、とりあえず出かけました。
大阪から大和高田バイパスを通って、藤原京跡の桜と菜の花の咲き
具合を見ながら、急遽突き当りの安倍文殊院に寄ることにしました。

DSC02631.jpg

DSC02636.jpg

DSC02641.jpg

門は開いていましたが、駐車場には車はありませんでした。
桜は満開ですが、境内には誰もいません。
どこを撮っても絵になりそうでした。

DSC02643.jpg

DSC02650.jpg

DSC02669.jpg

安倍文殊院は知恵の神様で、受験合格を願う人たちが多く参拝に
来られます。
境内は金閣浮御堂のある池を中心に、ふたつの古墳などもあります。
池の周りの桜は満開で、ピンクの枝がかかる浮御堂はきれいでした。
20分ほどウロウロ撮影してから八講桜へ向かいました。

DSC02657.jpg

DSC02681.jpg

DSC02688.jpg




毛馬桜の宮公園


DSC02517.jpg

二上山ふるさと公園から戻って、母親の病院も済ませて、午後から
桜の宮公園へ行くことにしました。
JR京橋駅から国道1号線沿いを公園まで歩きました。
大川に架かる橋を渡ると造幣局ですが、渡らずに公園に降りました。
桜はまだ咲いていませんでした。
徒歩2,3分のところにある藤田邸跡庭園には花が咲いているだろうと
最初からそこを目指していました。

DSC02523.jpg

DSC02512.jpg

DSC02548.jpg

藤田邸跡庭園は元藤田男爵家の敷地の一部で、現在は無料で公開
されています。
庭園入り口の小さな門を入ると梅、桃、ユキヤナギなど様々な花が
咲いていました。
気持ちよく晴れて、混んではいませんでしたが園内には家族連れや
カップルなどがくつろいでいらっしゃいました。

DSC02538.jpg

DSC02555.jpg

DSC02558.jpg

庭園を出てから桜の宮公園を桜ノ宮駅まで歩きました。
桜のつぼみは膨らんでいましたが開花はまだで、ポツンとある満開の
桜の木が目立ちました。
土曜日の午後の公園は空いていました。
しかし、桜はなくても花見の宴を楽しむグループが結構ありました。
桜ノ宮駅の近くには大阪市内で唯一の砂浜があり、坐ったり遊んだり
する人たちがいます。
背景を写さなければ大阪市内だとは思えないです。

DSC02556.jpg

DSC02563.jpg

DSC02566.jpg




プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR