FC2ブログ

母の肖像 その2


DSC04524-1.jpg

DVDの中から数枚を選んで告別式の最中に流されたので、自分の
撮った写真で泣くということになってしまいました。
司会の方の泣かせるような口調で映像を見てるとやはり胸が詰まって
しまいます。

DSC05145-1.jpg

DSC05288-1.jpg

DSC06209-1.jpg

母親は美術展や博物館へ行くのも好きでした。
歩けたときは車で行けるところならどこでも連れて行きましたが、車椅子
になると限られました。
人気のある展覧会では混んでると展示物が見えなかったり、周りの人に
車椅子が当たることも考えなければなりませんでした。
最後に出かけたのは橿原考古学研究所付属博物館になりました。

DSC07127-1.jpg

DSC07458-1.jpg

DSC07736-1.jpg

DSC07819-1.jpg

デイサービスで作ってきた様々な小物や、自宅で色を付けていた塗り絵や
色鉛筆も棺に入れました。
西国三十三ヶ所で御朱印をいただいてきた笈摺もかけてあげました。
もっと入れられれば他にもいろいろあったと思いますが、探す時間もなく
目に付くものだけでした。
とりあえず母親の写真はここまでにします。

DSC08543-1.jpg

DSC09317-1.jpg

DSC09841-1.jpg

DSC09723-1.jpg




スポンサーサイト



母の肖像 その1


DSC00024-1.jpg

亡くなった母親を連れて去年一年間本当に様々なところへ行きました。
元気な時はあまり一緒に出かけなかったのですが、歩くのが難しくなって
からはできるだけ連れて行きました。
寒くなってきて、12月以降はほとんどどこへも連れて行けなかったのが
少し心残りになりましたが、それまでは十分にできたかなと思っています。

DSC01010-1.jpg

DSC01045-1.jpg

DSC00541-1.jpg

この一年間の画像はもともとPCに入れてあったものですが、式場で
使うというので、夜中にいくらかプラスしてDVDにコピーして渡しました。
90枚近くあった画像は式場ロビーの「思い出」のコーナーでディス
プレーに流され続けていました。

DSC01119-1.jpg

DSC01337-1.jpg

DSC01472-1.jpg

その他にもアルバムにして母親に渡してあったのを、そのままディス
プレーの前に置いておいたので皆さんに観ていただけました。
それだけではなく、母親本人が家の中に飾っていた写真立ても数点
一緒に並べておきました。

DSC01620-1.jpg

DSC02237-1.jpg

DSC04028-1.jpg




告別式終わりました


DSC09781.jpg

1月23日に母親が亡くなって、24日お通夜、25日告別式とジェット
コースターのような時間でした。
喪主としてはまさに悲しんでる暇もなく、親族や参列者への気遣いや
葬儀会館との打ち合わせ、時間に追われる決め事や写真を探すなど
寝る時間も惜しむような3日間でした。
葬儀会館では、去年母親と出かけたときの写真を映像コーナーでずっと
流し続けてくれて、参列者の方々に観ていただけました。
告別式が終わった夜も、亡くなったのが2日前だとは思えないくらい
随分前のことのように感じていました。

DSC09799_201701272103582fb.jpg

昨日は年金事務所や市役所、老人ホームの荷物の引き取り、銀行にも
行きましたが時間切れになり、今日も引き続き走り回って片付くものは
片付けてきました。
一応今日まで休みをいただいたので、週末はゆっくりできると思います。
ぼちぼち復帰していきますので、よろしくお願いいたします。




母親の状態


DSC09281.jpg

母親の状態が良くありません。
先週は食欲が落ちてきていたのですが、週末はほとんど食べず、
飲み物も飲まない、ほとんど寝ているだけです。
昨日あたりはオシッコしたいとベッドで大きな声を出していましたが、
今朝は声も枯れぎみで、ぼーっと窓を見ているだけでした。

DSC09276_201701221006072b0.jpg

脚がだるいと言うのでさすっているうちに寝てしまったので帰って
きましたが、昨日より弱っているような気がします。
一応親戚などには連絡はしました。
最悪のことも考えておかなければなりません。

さっき南禅寺をUPしましたが、急にINしなくなるかもしれません。
そのときはそういう状況なので、しばらくはブログもUPできないと思います。
よろしくお願いいたします。

DSC09284.jpg




雪の南禅寺 その2


DSC00133.jpg

三門の上からは南禅寺境内の建物や隣の天授庵が良く見えました。
遠くにもどこかの寺の大きな屋根やホテルも望めました。
真下の南禅寺の参道はやはりモノクロで、秋の紅葉の時に登れば
良かったかもしれません。
真っ白になった参道に様々な色の傘が目立ちます。

DSC00129.jpg

DSC00166.jpg

DSC00168.jpg

DSC00179.jpg

何度か滑りながら、三門のテラスを2周してから下に降りました。
下に降りたところで何となく薄日がさして明るくなってきたようでしたが、
時間を置かずに晴れ間が見えてきたのでした。
雲が切れて青い空が覗いてきました。
青い空に白い雪がきれいです。

DSC00198_20170121190712a29.jpg

DSC00205.jpg

DSC00208_20170121190734b11.jpg

DSC00233.jpg

門の下で少し撮ってから、三門の南側に移動しました。
青い空を背景に撮るにはここがいいかなと思ったのでそそくさと移動
しました。
とてもきれいでした。
ずっと雪が降って白黒の世界だったのに、まさかこんな風景が見られる
とは思わず、幸運でした。
30分くらいは続いていたかと思いますが、南禅寺を出て永観堂に着く
ころにはまた雪が降ってきました。

DSC00236.jpg

DSC00252.jpg

DSC00256.jpg

DSC00260.jpg




雪の南禅寺 その1


DSC00039.jpg

1月15日 前日くらいから雪が降って積もりそうだったので雪の写真を
撮ろうと早朝から出かけました。
京阪電車三条駅に着いたのは午前7時半頃で、朝食を摂ってから
地下鉄に乗って蹴上駅で降りました。
駅を上がるとすべて真っ白な世界で、雪も降っています。

DSC00049.jpg

DSC00058.jpg

DSC00062.jpg

道路沿いに少し歩いてまずはインクラインの線路に出ます。
数枚撮ってから南禅寺へ向かいました。
雪の朝ですが南禅寺境内に人の姿はちらほらありました。
参道の両側から白い枝がかかる巨大な三門は美しいモノクロ写真です。
雪はずっと降り続いていました。

DSC00078.jpg

DSC00082.jpg

DSC00085_201701192104258c8.jpg

三門をくぐって法堂へ、さらに水路閣へと定番のコースです。
水路閣にはカメラマンが10人ほどもいらっしゃいました。
法堂の裏を回って再び三門へ戻りました。
紅葉の時に登らずに後悔した三門の上に今回は登るつもりでした。
受付には誰もいなかったので拝観料はあとで払うつもりで急な階段を
上がりました。
階上の通路は吹き込んだ雪が凍ってスリッパが滑るので危険でした。

DSC00088.jpg

DSC00099_20170119211508c77.jpg

DSC00136_201701192115554be.jpg




和泉リサイクル環境公園の菜の花


DSC09947.jpg

1月14日 和泉市にある和泉リサイクル環境公園に行ってきました。
その1週間前にはすでに菜の花が咲いているとHPに出ていたのですが、
行けなかったのでこの日になりました。
天気は、いつ降るかわからないような低い雲が流れる空でした。

DSC09944.jpg

DSC09961.jpg

DSC09964_20170118232253a69.jpg

駐車場は空いていました。
スポーツをする人たちばかりで花畑のほうは誰もいません。
遠くからでも菜の花の鮮やかな黄色が目立ちます。
今は菜の花しかありませんが、水仙や梅、桜と一年を通じて様々な花が
楽しめる公園です。
バラ園ではこの時期にまだバラがたくさん咲いていました。

DSC09973.jpg

DSC09978.jpg

DSC09981_201701182328415f8.jpg

この公園は産業廃棄物の処理やリサイクルをしている会社が運営されて
います。
元々は産業廃棄物の埋め立て地でしたが、埋め立て終了後に公園と
して再生されました。
そろそろ梅の花も咲き始めているそうなので、また訪ねることもあると
思います。

DSC09986.jpg

DSC00005.jpg

DSC00024.jpg




蜻蛉池公園の水仙郷


DSC09598.jpg

1月9日 3連休最後の日、水仙が咲いているということで岸和田市に
ある蜻蛉池公園に行ってきました。
水仙郷は駐車場の背後にある小さな丘を登った向こう側の谷間に
広がっています。
入り口に「水仙郷」の小さな立札があります。

DSC09636.jpg

DSC09665.jpg

DSC09696.jpg

緩やかな起伏のある谷間一面に清楚な水仙の花が咲いていました。
階段状になった斜面にも植えられています。
清々しく甘い香りが漂っていました。
朝陽が斜めから射し込んで、ところどころに陽が当たっています。
周りを見回しながらゆっくりと坂を下りて、立ち止まっては撮りました。

DSC09716.jpg

DSC09727.jpg

DSC09911.jpg

2,3人のカメラマンがいらっしゃいましたが、全然空いていました。
野良猫が住んでいるようで、3匹ほど見かけました。
なんだかよく慣れているのか、写真を撮っていても逃げずにポーズを
とるようでした。
前日にHPを見ていて、21・22日が「水仙まつり」と書かれていたので
早いかなと思いましたが、公園の方に聞いてみると実際には満開だった
ようで水仙まつりの頃はどうかと心配されていました。

DSC09925_201701151941335c6.jpg

DSC09799.jpg

DSC09744.jpg




速報


DSC00198.jpg
                  南禅寺三門


今日、京都へ行ってきました。
雪が降っているということで、東山の南禅寺から永観堂、哲学の道を
通って銀閣寺まで歩いてきました。
記事を書くのはまだ少し先になるので、とりあえず良さそうな写真だけ
ピックアップしてみました。

DSC00398.jpg
                    永観堂


雪はずっと降り続き、地面には20cmほども積もっていました。
朝一の南禅寺では急に晴れてきて美しい写真が撮れました。
銀閣寺は昼頃でしたが、そのころにはすっかり晴れてきました。

DSC09053.jpg
                    銀閣寺




ぐるっと初詣パス その3


DSC09406.jpg

清荒神駅から梅田行きに乗ると二つ目の駅が中山観音駅です。
駅に着く前から朱色の塔が見えていました。
中山寺は駅前の通りをすぐに曲がったところに山門がありました。
門前は住宅街を通る狭い道路でした。
山門をくぐると両側に塔頭寺院が並ぶ参道ですが、塀沿いには露店の
テントと、赤やオレンジの南天の実が鮮やかでした。
正面には五重塔も見えています。

DSC09495.jpg

DSC09410.jpg

DSC09418.jpg

DSC09421.jpg

石段を上がると境内が広がります。
そこには鐘楼や閻魔堂のほか、いくつかのお堂がありました。
特に閻魔堂は新しくて装飾の美しいお堂で、内部中央には閻魔像が
大きな目で睨みをきかせています。
背後の石垣の上に建つ朱塗りの大願堂もきれいでした。
さらに石段を上がったところが本堂でした。
本堂の裏の石段を上がったところに大師堂と五重塔があります。

DSC09430.jpg

DSC09441.jpg

DSC09449.jpg

五重塔は新築のような美しさで、紫色に輝いていました。
高いところにあるので、街並みや丘に広がる住宅街が見えています。
下に降りずに人けのないほうへ行くと大願塔の背後に出ました。
大願塔もエレベーターが付いて新しそうでした。
そこから降りて境内の奥に広がる梅林のほうへ行ってみましたが、蕾は
膨らんでいるもののまだまだ早そうでした。
午後3時に地元で予定があったので、今回の初詣パスの旅はここまで
でした。

DSC09454_20170113210122b37.jpg

DSC09467.jpg

DSC09479.jpg




ぐるっと初詣パス その2


DSC09377.jpg

門戸厄神駅から宝塚駅へ向かいました。
宝塚駅で梅田行きに乗り換えて二つ目が清荒神駅でした。
駅からは両側にお土産店が並ぶ狭い参道が真っすぐ清荒神まで続いて
います。
参道は軽い上り坂で、往く人と帰る人でかなり混み合っていました。
様々な露店が出ていますが、興味がないのでスルーです。

DSC09404.jpg

DSC09383_20170110212100504.jpg

DSC09389_2017011021210148d.jpg

清荒神は数年前に母親と来たことがありますが、そのときは駅から
バスに乗りました。
そのバス停がある広場を過ぎると門に着きます。
境内も凄い参拝客で、本堂には行列ができています。
本堂脇に初詣グッズをいただくところがあって、お箸をいただきました。
ひと回りして出てきました。
次は中山寺へ向かいます。

DSC09394.jpg

DSC09400.jpg




ぐるっと初詣パス その1


DSC09357.jpg

正月休みが明けて、ウォーミングアップのような2日間の出勤のあとの
ちょっと嬉しい3連休でした。
3連休の初日は晴れの予報だったので、前日の夜からどこへ行こうか
考えていたのですが決まらず、朝になってふと「ぐるっと初詣パス」の
ことを思い出して午前8時頃に家を出ました。
「ぐるっと初詣パス」は数日前にお得なチケットを探していたときに目に
留めていたもので、500円で阪急沿線の限定された区間を乗り放題と
訪ねた寺などで特典がいただけるというものです。

DSC09358.jpg

DSC09359.jpg

DSC09363_20170110211704189.jpg

阪急梅田駅の改札脇の駅員さんがいるカウンターでチケットを購入して
まずは神戸線に乗って門戸厄神を目指しました。
門戸厄神は初めて訪ねる寺でした。
駅から住宅街の中の軽い上り坂を15分ほど歩きますが、参拝客の
後をついて歩くだけで道を間違えることはありません。
石段を上がって表門をくぐると正面に色彩の美しい中楼門があります。
中楼門には大きな提灯が掛けられていました。

DSC09364.jpg

DSC09366.jpg

DSC09369.jpg

中楼門の正面には厄神堂というお堂があって次々と参拝されています。
左右にはいくつかのお堂があって右手の寺務所では御朱印をいただく
行列ができていました。
左手のほうに阪急電車のグッズをいただけるところがあって、ここでは
破魔矢をいただけました。
「こんないいものをいただけるんですか?」と声に出してしまいました。

DSC09372.jpg

DSC09374.jpg

DSC09501.jpg




四天王寺までウォーキング


DSC09319_201701091552025bc.jpg

DSC09317.jpg

1月4日 毎年ではありませんがほぼ恒例になっている初出勤前日の
ウォーキングに行ってきました。
いつも決まって自宅と四天王寺の往復です。
向こうで少しうろうろして、約10kmくらいの行程で、道筋は生活感溢れる
下町なので特に撮るものはありません。

DSC09280.jpg

DSC09289_20170109155742b60.jpg

DSC09301_20170109160239a51.jpg

DSC09303.jpg

家の前の道路を西に向かってひたすら歩きます。
途中2か所ほど突き当りますが、数m横にずれてまた西に向かうと
四天王寺の南門の前に出ます。
南門から入ると、正面の中門が改装中で覆いが掛けられていました。
「聖徳太子千四百年御聖忌 2022年 平成34年 厳修」と書かれた
垂れ幕が架かっています。
ここだけではなく講堂も改修中でした。

DSC09304_201701091606041f2.jpg

DSC09308.jpg

DSC09314.jpg

参拝客は多かったのですが、境内は広いので混雑はありません。
中心伽藍に入って五重塔や金堂、講堂などをひと回りしてから境内を
ぐるっと回りました。
六時堂の前で引いたおみくじは「半吉」でした。
午前10時半ごろ家を出て午後2時ごろに帰ってきたので、3時間半
くらいの道程でした。

DSC09326.jpg

DSC09335.jpg

DSC09351.jpg




初詣は大神神社


DSC09266.jpg

1月3日 奈良県桜井市の大神神社へ行ってきました。
大神神社は母親が台所の神様のお札をいただきに行っていたので
数年前から初詣を兼ねて一緒に行くようになりました。
今年は寒いのと、参拝者が多すぎて車椅子では無理なのでひとりで
行ってきました。

DSC09232.jpg

DSC09234.jpg

DSC09238.jpg

前日に親戚が行ったときはスイスイ進んだということだったので今年は
混んでないのかなと思ったのですが、一応午前8時頃に着くように家を
出ました。
大神神社の入り口には巨大な鳥居があって、その足元から奥へ向かう
参道沿いにかなりの駐車場がありますが、午前8時ですでに渋滞の列が
出来ていました。
鳥居から拝殿までは1km、歩いて15分くらいかかります。

DSC09240_20170107220058cca.jpg

DSC09246.jpg

DSC09249.jpg

混んでいたら隙間もないほど参道を埋め尽くす参拝客ですが、さすがに
まだ空いていました。
大神神社には本殿はありません。
背後の三輪山がご神体で、拝殿があるのみです。
拝殿前でお札をいただいて、なでうさぎを撫でてからもう少し奥にある
狭井神社と久延彦神社を回って裏道から参道へ抜けました。
ふたつの神社の途中に大和三山などが望める展望台があります。
畝傍山や耳成山の手前に大鳥居が見えていました。

DSC09253_201701072208142ea.jpg

DSC09261.jpg

DSC09263.jpg




仕事納めに大阪駅


DSC09031.jpg

去年結局書けずに年明けになってしまいましたが、仕事納めの12月
29日に仕事が終わってから大阪駅に行きました。
何かイルミネーションがあるかと思っていただけで、特に目的があった
わけではありません。

DSC09028.jpg

DSC09059.jpg

DSC09042.jpg

大阪駅から北側に出るとグランフロントの前では臨時のスケートリンクが
最近は毎年設けられています。
脇を抜けてさらに北側へ歩きながら撮るところを探しましたが、これと
いったところがなくて大阪スカイビルに行ってみることにしました。
しかしスカイビルもこれといったイルミはなくて、しかたなく周辺をいくらか
撮っただけでした。

DSC09094.jpg

DSC09099.jpg

DSC09101.jpg

駅に戻って大阪駅5階の「時空の広場」へ上がりました。
時空の広場ではいつもこの時期はイルミをやっています。
床には小さな雪だるまやプレゼントの箱、赤いリボンなどが装飾されて
います。
天井からは3面のイルミネーションがぶら下がっていました。
人の姿が途切れることはないのですが、しばらくうろうろしながら撮って
から帰ってきました。

DSC09186.jpg

DSC09194_20170103181028c95.jpg

DSC09213.jpg




中之島ウエスト夜景


DSC08782_20170102145915a89.jpg

日が暮れかけてきたので中之島を西へ歩きます。
ビルにも照明が入り、夕暮れの街はイルミでなくてもきれいです。
橋や川沿いも美しく照らし出されて、西の空が微妙なグラデーションに
変わってきました。
対岸のほたるまちでは虹色の噴水などもあるのですが、まだ早いので
もう少し西へ歩くことにしました。

DSC08811.jpg

DSC08795.jpg

DSC08835.jpg

川沿いにはお洒落な店舗もあって生演奏などもやっていました。
目に止まったところを撮りながら、壁面をブルーに染めたリーガロイヤル
ホテルを過ぎたところで戻ることにしました。
一度朝日放送の階段を上って、隣の堂島リバーフォーラムの裏側にある
中庭のようなところに入るとトナカイのそりなどのイルミがありました。
そこから出ると川沿いでは噴水が始まっていました。

DSC08844.jpg

DSC08880_201701021559181ee.jpg

DSC08896_20170102160428ea6.jpg

川向うに渡って色が変わっていく噴水を観ながら再びダイビルのほうへ
歩きました。
川沿いの歩道からダイビルのほうへ登る跨道橋があるのでそちらへ
登りましたが誰もいなくて、金色に浮かび上がる歩道を撮れました。
さらにフェスティバルホールも金色に装飾されていました。
最期はもう少し東へ歩いて淀屋橋から京阪電車に乗りました。

DSC08922.jpg

DSC08930_20170102160917ae0.jpg

DSC08947.jpg




プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR