FC2ブログ

山田池公園の梅林


DSC00381.jpg

2月18日 行ったことのない梅林を求めて出かけました。
目標は山田池公園で、時間があればけいはんな記念公園も訪ねて
みようと思っていました。
山田池公園は会社の近くにあって、いつもは花菖蒲や紅葉の季節に
行くことが多く、早春に訪ねるのは初めてでした。

DSC00383.jpg

DSC00397.jpg

DSC00410.jpg

広い公園で、実は梅林がどこにあるのか知りませんでした。
検索すると駐車場は2つあり、いつも停めるところとは反対の方でした。
駐車場から川に架かる大きな橋を渡ると、右手の木々の奥にひときわ
鮮やかな紅白が見えます。
近づくと、斜面に広がる梅林でした。

DSC00415.jpg

DSC00438_20170227210027d2c.jpg

DSC00474.jpg

公園に到着したのが7時半頃だったので谷間の梅林はまだ陽射しが
なく、ちょっと薄暗い感じでした。
梅は7分咲きの情報でしたが、ほぼ満開に近いように思いました。
カメラマンの姿もちらほらありました。
背景は斜面や竹林、林などですが、イマイチ面白みに欠けました。
午後から用事があったので帰らなければならなかったのですが、公園を
出るときはまだ8時半頃だったのでもう一か所行くことにしました。

DSC00500.jpg

DSC00517_20170227211219c23.jpg

DSC00521.jpg




スポンサーサイト



道明寺天満宮の梅園


DSC00297.jpg

2月12日 藤井寺市にある道明寺天満宮へ行ってきました。
近いのでほぼ毎年行くのですが去年は母親も一緒で、ここが1年間の
花行脚の最初でした。
車椅子を押していたら梅園の料金は取らずに入れていただきました。

DSC00316_20170222211419368.jpg

DSC00309.jpg

DSC00319_2017022221163174c.jpg

開園は9時からでしたが解放されていたので入りました。
境内の左手にある小さなお社周辺はわりとよく咲いていたのですが、
梅園はというとまだまだ早そうでした。
一番に入ったので誰もいない梅園内、咲いている木を探してそそくさと
歩きました。

DSC00325_201702222116333a9.jpg

DSC00324.jpg

DSC00332_20170222211954207.jpg

咲いていなくても蕾は膨らんで、ほんのりと紅、白、ピンク色に染まって
います。
園内にいた担当者が、見頃はまだ10日くらい先だと言っていたので
ちょうど今週末がいいのだと思われます。
とりあえず咲いているのを中心に撮ってきました。
もう一度行ければ、訪ねてみたいと思います。

DSC00348.jpg

DSC00369.jpg

DSC00367.jpg




荒山公園の梅林


DSC00224.jpg

リサイクル公園からの帰り、堺市の荒山(こうざん)公園に寄りました。
この公園も梅林があって、随分前に一度行ったことがあるのですが、
どんなところか全く記憶にありませんでした。
駐車場から軽い坂を上がると子供の遊具がある広場に出ます。
その広場にも赤や白の梅がたくさん咲いていました。

DSC00219.jpg

DSC00233_201702190741067b6.jpg

DSC00252_201702190741088ce.jpg

梅は子供の広場だけかなと思いながら奥へ行くと梅林が広がりました。
ぶらぶらと進んでいくと梅林はさらに丘の上に広がりを見せて、どこまでも
続くような感じでした。
梅はよく咲いていましたが人の姿はほとんどありません。

DSC00255.jpg

DSC00257.jpg

DSC00260_201702190745322f0.jpg

背景にいいものがありませんでしたが、カーブする梅林の通路だけは
目に留まりました。
梅林を抜けると神社がありますが、そのあたりには梅はもうないので
中へは入らずに来た道を戻りました。
往路と復路では見える風景が違うので、それはいつも楽しみです。
予想以上に広い梅林でした。

DSC00265_20170219074533407.jpg

DSC00268_20170219074716f50.jpg

DSC00292.jpg




和泉リサイクル環境公園の梅林


DSC00082_201702152241088c2.jpg

2月11日 大阪府和泉市にある和泉リサイクル環境公園の梅林に
行ってきました。
ちょうど1か月ほど前に菜の花を撮りに行ったところですが、この日も
菜の花はまだ旺盛に咲いていました。
黄色い花越しにほんのりピンクっぽい梅林が見えます。

DSC00087_20170215224109164.jpg

DSC00092_2017021522443560f.jpg

DSC00109_2017021522443647f.jpg

梅林は土を盛った低い丘の上に広がります。
それほど広くはない梅林ですが、足元は水仙で埋め尽くされています。
水仙と一緒に花を楽しめる年もあるのですが、今年の水仙はすでに
ほとんど終わっているようでした。
梅は咲いてる木も結構あるのですが、全体的にはまだ早そうでした。

DSC00125.jpg

DSC00137.jpg

DSC00140.jpg

園内を周遊するように通路が設けられ、中央にはベンチがある小さな
休憩所のようなものがあります。
この公園は元は産業廃棄物の埋め立て地で、周囲にはまだスクラップ
などを積み上げた風景が見うけられるような場所です。
できるだけ余分なものが写らないように撮ってきました。

DSC00171.jpg

DSC00153_20170215224837687.jpg

DSC00147.jpg




なら瑠璃絵 その2


DSC09911_20170214210324fe2.jpg

庭園内の通路は一方通行で、それほど広くはない範囲をぐるっと回って
金色の通路に入ると出口に向かいます。
100mほどの距離をかなり立ち止まってあれこれ撮ってきました。

DSC09930.jpg

DSC09949.jpg

DSC09951.jpg

DSC09970.jpg

奥の背景にも鹿や岩のようにイルミが配されています。
樹々を照らす光の色が次々に変わって、観ていると飽きません。
金色の通路は裏庭に通じていて、そちらのほうは池のある狭い庭園
ですが、ブルーに輝く海のようでした。

DSC09985.jpg

DSC00010.jpg

DSC00019_20170214211212181.jpg

岩もうまく配されて本当に海のように見えます。
夜なので花は映えませんが梅や椿が咲いていました。
出口はすぐそこでした。
イベントは9時で終了で、時間はすでに午後8時半を回っていたので
帰ることにしました。

DSC00029.jpg

DSC00033.jpg

DSC00047.jpg




なら瑠璃絵 その1


DSC09793.jpg

2月10日 仕事帰りに奈良公園で催されている「なら瑠璃絵」に行って
きました。
最近の厳しい寒さが続く夜に出かけられるのか不安でしたが思い切って
電車に乗ってしまいました。
一度大阪市内へ戻ってから、鶴橋経由で近鉄奈良駅へ着いたのは
19時10分でした。
電車は混んでいるかと思っていましたが、かなり空いていました。

DSC09820.jpg

DSC09852.jpg

DSC09861.jpg

まずはいつもの通りに商店街を抜けて興福寺の境内に出ました。
ライトアップされた興福寺の五重塔の横を抜けて、奈良国立博物館の
旧館も背景におぼろ月が浮かんでいます。
博物館から東大寺前の交差点を斜めに横切って、浮雲園地奥にある
奈良春日野国際フォーラムに入りました。
そこの奥の庭園が美しいイルミネーションで装飾されています。
ここは有料(500円)でした。

DSC09866_20170212160311b18.jpg

DSC09875_20170212160312595.jpg

DSC09884.jpg

広い芝生広場は白、青、ターコイズブルーなどのLEDで海のように
なっています。
ところどころにオレンジの鹿が配置されていました。
通路は1本で庭園奥にあるクラウン型のオブジェに続き、Uターンして
出口のほうへ向かいます。
立ち止まらないで進んでくださいと連呼していましたが、広くない通路
でもほとんど混雑はなかったのでゆっくりと歩いてじっくりと撮ってきま
した。

DSC09893.jpg

DSC09899.jpg

DSC09922.jpg




雪上がりの銀閣寺


DSC00516.jpg

法然院から銀閣寺まではすぐです。
銀閣寺に着く頃には少し明るくなってきた気配でした。
軽い坂を上がって門をくぐると、壁のような高い生け垣の通路の奥に
受付があります。
2,3人の列ができていただけだったので、普段よりはずっと少なかった
のだと思います。

DSC00517.jpg

DSC00526_20170205211626ba8.jpg

DSC00537_20170205211627e3b.jpg

中門を入って銀沙灘のある庭園に出ると晴れていました。
青空背景に銀閣が望めます。
白い雪を被った銀沙灘を囲むように本堂や東求堂が並び、その前を
通って細い参道が巡らされていました。
庭園はほとんどの部分が池で、池越しに建物が望めるようになって
います。

DSC00546.jpg

DSC09039.jpg

DSC09043_20170205212032f90.jpg

陽が照って木々の雪が解け始めて、たまに滴が落ちてきました。
通路が狭いので立ち止まると邪魔になるのですが、銀沙灘越しや
池越しの銀閣を撮るために誰もが立ち止まります。
錦鏡池には青い空の色が写って、美しい銀閣を観ることができました。
以前来たときは展望所に登れて上から望めたのですがこの日は通行
止めになっていました。
銀閣寺から出町柳駅まで歩きましたが、道路沿いには京都女子駅伝を
待つ人がたくさんいらしゃいました。

DSC09053_20170205212033d88.jpg

DSC09046_20170205212148f51.jpg

DSC09058.jpg




哲学の道から法然院


DSC00460.jpg

哲学の道を琵琶湖疎水に沿って北へ上がります。
道は雪でドロドロですが、哲学の道を歩く人はちらほらといらっしゃいました。
山沿いには魅力的な寺が点在します。
普段開いてない寺もあるので、今回は法然院と銀閣寺にしました。
このときは雪は止んでいました。

DSC00465.jpg

DSC00470_201702051224474be.jpg

DSC00473.jpg

疎水から離れて山沿いの道に入ると法然院の石段が現れます。
石段を上がって簡素な木の門を入ると左手に長い参道が続き、その先に
雪を被った茅葺の門があります。
法然院の門はいつも解放されていて、境内は拝観自由で、参拝者の
出入りも多く、カメラマンもたくさんいらっしゃいました。

DSC00479.jpg

DSC00485_2017020512260659b.jpg

DSC00482_20170205123031620.jpg

門をくぐった両側には白砂壇という長方形の土盛りがあり、今は真っ白な
雪盛りになっていますが、この間を通ることで心身を清められます。
境内には講堂や経蔵、池などがあり、正面に本堂と方丈があります。
以前ご住職の法話を聴く機会があり、そのときは帰りに立派な本を
いただいてきました。
この日も午後から法話がありましたが、時間が合わず諦めました。
銀閣寺へ向かいます。

DSC00487.jpg

DSC00514_201702051231066c0.jpg

DSC00497_20170205123131636.jpg




雪の永観堂


DSC00438.jpg

しばらく休んでいましたが、徐々に再開していきます。
永観堂の写真は休み前にブログサイトにUPしてあったのですが、記事を
書く前に止まってしまいました。
南禅寺の続きになります。
門前までは降っていなかった雪が、永観堂の境内に入ると急に降り出し
ました。
しかもかなり強い降り方で、墨絵の世界でした。
さすがにほとんど人はいませんでしたが、カメラマンの姿はあちこちに
見えました。

DSC00293.jpg

DSC00302.jpg

DSC00312_20170122215615e66.jpg

受付で多宝塔と臥龍廊は拝観できませんと言われていましたが、今回は
お堂は拝観するつもりはありませんでした。
雪の降り続く中、庭園を中心に歩きました。
どこからでも見える多宝塔は雪に霞んでいます。
紅葉の頃には茶店が出ている場所には今は何もなく、広々と空いて
いました。

DSC00314.jpg

DSC00315_2017012221590521c.jpg

DSC00332.jpg

好きなところを歩きながら庭園を2周しました。
雪は降り止まず、ほぼ黒白の世界の中でマンリョウの実の赤と葉の緑が
目立ちました。
1時間ほど撮ってから次に移動することにしました。

DSC00340.jpg

DSC00355_20170122220003f1b.jpg

DSC00398_201701222201147aa.jpg

DSC00417.jpg




プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR