FC2ブログ

一足早い桜の便り


DSC03534.jpg

3月25日 天理市へ出かけました。
数年前に行ったときに素晴らしい桜の風景に出会い、それから何度か
桜の咲くころに訪ねていたのですが、いつも時期遅く、良いタイミングで
行けていませんでした。
それで最初に撮った写真の日付を見ると3月24日になっていたので
今年は同じころを目指して訪ねることにしました。

DSC03545.jpg

DSC03542.jpg

DSC03561_20170331231759263.jpg

朝早くに家を出て天理に着いたのは7時半頃でした。
天理教施設の駐車場に車を停めさせてもらって、他の桜の様子も
観ながらお目当ての桜を目指しました。
レトロな壁沿いの桜は満開でした。
どこも咲いてないのに、ここだけが満開なのは桜の種類が違うのかも
しれません。

DSC03607.jpg

DSC03555.jpg

DSC03620.jpg

前回と同様に今回もほとんど人がいません。
車道沿いなので、ときどき車を停めて撮る人がいらっしゃいました。
薄日が射して、板塀にうっすらと桜の影を落としています。
3,40mくらいの並木ですが、ウロウロしながら長い時間撮っていました。
今年は寒さが続いてなかなか開花しないですね。
どこも来週末くらいが本格的に見頃になるかもしれません。

DSC03659.jpg

DSC03673_201703312321130ca.jpg

DSC03705_2017033123225451c.jpg

DSC03633.jpg




スポンサーサイト



中之島夜景~魚眼レンズ試し撮り


DSC03937.jpg

3月30日 仕事帰りに電車を乗り越して中之島へ行ってきました。
淀屋橋駅で降りて、中央公会堂から西に向かって歩きました。

DSC03960.jpg

先日買った魚眼レンズの試し撮りでした。
レンズが明るく、シャッタースピードは遅くなかったので、ブレてないかと
思っていましたが、PCで観るとぼやけた写真が多かったので反省です。

DSC03969.jpg

大阪市役所を過ぎて、フェスティバルタワー、ダイビルの周辺まで行って
渡辺橋駅で京阪電車に乗り込み帰りました。

DSC04021.jpg



OBPの白もくれん


DSC03369.jpg

3月22日 仕事帰りにOBP(大阪ビジネスパーク)に寄りました。
ここに白もくれんが咲いていると教えていただいたので、様子を観に
行きました。
OBPはJRや京阪の京橋駅から屋根付きの長い陸橋が直通している
ので、寄るといっても歩いてすぐです。
最初はどこかわからなかったのですが、川沿いだと聞いていたので
川を渡ったところで陸橋を降りました。

DSC03397.jpg

DSC03398.jpg

DSC03414.jpg

すでに陽は沈んで暗くなりかけていましたが、よく見るとそのあたりの
立ち木にはもくれんの白い花がたくさんついていました。
陸橋の周辺のもくれんはほとんど開花していない状態でしたが、少し
川沿いに進んでいくと、クリスタルビルのあたりは開いている花が多く
なってきました。
なので、ビルの周辺でいろいろな角度でしばらく撮りました。

DSC03423_20170328222357c5f.jpg

DSC03459.jpg

DSC03463_20170328222513001.jpg

陸橋のほうへ戻って、その向こうに読売テレビの本社ビルがあるので
そこへ行ってきました。
ビルの下ではイルミネーションが輝いていました。
「名探偵コナン」像もあります。
そこで少し撮ってから帰ることにしました。

DSC03472.jpg

DSC03479.jpg

DSC03511_20170328222540f88.jpg




広橋梅林 その2


DSC03167.jpg

デッキの周辺でしばらく撮っていました。
ひとつ上の車道に出て少し進んだところで、一度車に戻ることにしました。
ブラブラと最初に出てきた売店がある交差点に出ました。
小さな売店はおばあさんがひとりでやっていらっしゃいます。
道路より一段高い丘のうえにあるので素晴らしい眺望でした。
手作りのコンニャクや草餅、ちょっとした細工物、野菜も売っています。

DSC03193_201703262113221f9.jpg

DSC03184.jpg

DSC03207_20170326211850ba9.jpg

店の中のストーブの上の鍋で煮込まれている串コンニャクをひとつ
いただきました。
また最初通ってきた梅林を抜けて駐車場に戻り、もう一度デッキ方面に
道路を下りました。
デッキを過ぎて少し下ったところにバス停のあるカーブがあります。
道幅がかなり広いカーブなので観光客の駐車スペースになっています。

DSC03241.jpg

DSC03271.jpg

DSC03249.jpg

そこで車を停めて車道から下る道路に入りました。
道を下りながら、遠くの山々と眼下の梅林の眺望を楽しめます。
最後の3枚がそのあたりの写真です。
その辺にはトイレなどもありました。
道を下り切ったところで終わりにして大阪へ戻ることにしました。

DSC03291.jpg

DSC03295_20170326212057f12.jpg

DSC03306.jpg




広橋梅林 その1


DSC03110.jpg

3月18日 奈良県下市町にある広橋梅林へ行ってきました。
大阪から国道309号線で山を越え、ほぼ真っすぐに下市町に入りました。
広橋梅林の駐車場に着いたのは9時前でしたが、ちらほらと観光客が
いらっしゃいました。
駐車場のすぐ上が梅林で、背後からの朝陽に梅の木が輝いています。
まずはそこから観ることにしました。

DSC03087.jpg

DSC03094_20170325192618164.jpg

DSC03101.jpg

枝を自由奔放に湾曲させた巨大な梅の木が中央にあります。
小さな梅林を抜けるとちょっとした売店やお寺、木造の校舎のような
建物がある交差点に出ます。
そこから車で登ってきた道を歩いて戻ることにしました。
標高が高いので、赤やピンクの梅の花越しに遠くの山々が望めます。
道々、目に付いたところで立ち止まっては写真を撮りました。

DSC03135.jpg

DSC03138_20170325193157028.jpg

DSC03140_201703251931587ad.jpg

しばらく下って行くと展望所のようなデッキがあります。
デッキの周辺の斜面は上も下も梅が満開でした。
近くの山々の重なりの向こうには金剛山と葛城山の姿が霞みます。
狭い農道を上に行ったり下に降りたりしながら写真を撮りました。
地元の人の姿はまったく見かけませんでした。

DSC03158.jpg

DSC03162.jpg

DSC03165_201703251943260df.jpg




ハルカス300からの夜景


DSC03063.jpg
                 エレベーターの中です


3月16日 仕事帰りにあべのハルカスの展望台、「ハルカス300」に
行ってきました。
地上60階、300mからの大阪の夜景を観ることができます。
開館当時はもの凄い混雑だと聞いていたので近寄りませんでしたが
この夜は混雑はまったくありませんでした。
展望台の料金も当初は3000円でしたが、今は1500円です。

DSC02754.jpg

DSC02780.jpg

DSC02796.jpg

ハルカス300は60階、59階、58階の三層から成っています。
16階から直通のエレベーターは高速なのに静かで揺れることもなく
あっという間に60階に着きます。
60階は、中央は58階からの吹き抜けになっていて、周囲の通路は
360度全面のガラス張りになっています。
坐るような場所はなく、歩きながら大阪の夜景を楽しむことができます。

DSC02868_20170320205415a5f.jpg

DSC02808.jpg

DSC02844.jpg

59階、58階はエスカレーターで行き来できます。
59階はショップと、帰りのエレベーター乗り場があります。
58階は天空庭園ということで、空が吹き抜けて空気を体感できます。
床は傾斜のあるウッドデッキで、植物やテーブルが配されています。
ここも全面ガラス張りですが、60階より人が少なく、寝転がれるような
ソファや椅子テーブルなどが置いてあるのでくつろぎながら展望できる
ようになっていました。

DSC02878.jpg

DSC02932.jpg

DSC02938_201703202058469ef.jpg

60階を2周、58階を1周してきました。
開館3周年ということでいろいろなイベントがあるようです。
最後の写真はぼやけた自画像です。

DSC02940.jpg

DSC02947.jpg

DSC03005.jpg

DSC03002.jpg

DSC02860.jpg




明日香の梅林ふたたび


DSC02745.jpg

賀名生梅林の帰りに、方向は違うのですが先日訪ねた明日香の梅林へ
寄ってみました。
1週間経っているので見頃になっていないかと思いましたが、それでも
まだ蕾が多いような感じでした。
この日は一台のバイクが来て、梅林の様子を観て行かれました。

DSC02740_20170319160535f0f.jpg

DSC02716.jpg

DSC02707.jpg

梅林があるのは稲渕地区の少し奥です。
坂を上ったところにあって、背後は山に囲まれたようになっています。
入り口に巨大な樽を使った妖怪ハウスのようなものがあります。
朝は背後から陽が射すので梅の木の先から輝いてきます。
農家の梅林ではないのであまり手入れされておらず、足元も雑草が
伸び放題のまま枯れています。

DSC02009.jpg

DSC02721.jpg

DSC02030.jpg

梅林と反対側の斜面を登って俯瞰できる位置から撮りました。
少し回り込めるので違う場所からも撮りました。
1週間前の写真を3枚混ぜています。
斜めに陽射しが入っているのが前回のです。

DSC02714.jpg

DSC02747.jpg

DSC02040_20170319161954c70.jpg




賀名生梅林~デジブック


DSC02494_201703182248119a1.jpg

3月12日 奈良県五條市にある賀名生梅林に行ってきました。
写真が多いのでデジブックにしてみました。
例によって無料で使わせていただいているので、30日間で削除されます。
フルウィンドウでご覧ください。







古代ギリシャ展とピーター・ラビット展


DSC02160.jpg

3月5日 ふたつの美術展に行ってきました。
まずは神戸市立博物館で開催中の「古代ギリシャ展」です。
9時半の開場に合わせて家を出ましたが、少々早かったので三ノ宮
駅前のマクドナルドで軽く朝食にしました。
博物館は駅から徒歩10分くらいで、着いた時はすでに開いていました。
わりと盛況な入りですが混雑するほどではありません。
展示物は古いもので紀元前3000年くらいのもので、大理石でできた
像の美しさに比べて、小さな細工ものは造りが雑な印象を受けました。
細かく描かれた模様は現代でもデザインのヒントになりそうです。

DSC02161.jpg

DSC02165.jpg

DSC02163.jpg

神戸から大阪駅に戻って、駅前のグランフロント北館で開催中の「ピー
ター・ラビット展」を観ました。
ここもいろいろな展覧会が催されているところで、何度か来ています。
ピーター・ラビット展は原作者のビアトリクス・ポター生誕150年を記念
して開催されています。
原画は縦横5~10cmくらいの小さな画面に水彩で、本当に精細に
描かれていました。
こんな小さな画面に描かれていたのかと驚きました。
場内は比較的空いていました。

DSC02168.jpg

DSC02170.jpg

DSC02172.jpg




萩原天神の梅園


DSC02091_20170316231319662.jpg

3月5日 朝から明日香の梅林へ行ったのですが、まだ3分咲きくらい
だったので、いくらか写真は撮りましたが載せないことにします。
明日香から大阪へ戻って堺市の萩原天神へ行きました。
南海高野線萩原天神駅の駅前周辺は道が狭く、車を停めるところを
探してウロウロしましたが見つからず、近くの高速道路脇の側道に
停めて神社まで歩きました。

DSC02158.jpg

DSC02099.jpg

DSC02149.jpg

駅から神社本殿まで真っすぐに参道が伸びます。
参道の両側は梅の木が植えられて香りが漂っていますが、住宅が
迫っているので写真を撮ると洗濯物まで写りそうでした。
境内では赤ちゃんの初参りなども見受けられました。
梅はあちこちにあって、香りが漂っています。
本殿は小ぶりで新しそうです。

DSC02113.jpg

DSC02115_20170316231720f66.jpg

DSC02129.jpg

本殿左手にもうひとつ小さなお堂があって、その奥に梅園があります。
通り抜けるだけなら30秒とかからない小さな梅園ですが、梅の花は
満開でした。
ちょうど中央に紅の枝垂れ梅が目立ちます。
萩原天神は初めて来ましたが、天神様ゆかりなのでこの季節は梅に
埋め尽くされる境内でした。

DSC02108.jpg

DSC02124_20170316232505ed9.jpg

DSC02097.jpg




京都花灯路 その2


DSC01786_20170314205003364.jpg

ねねの道には高台寺や圓徳院といった寺院があります。
高台寺は以前紅葉の頃に拝観しましたが、あまり印象がよくなかった
ので圓徳院に入りました。
圓徳院の中を歩いていると、ここも訪ねたことがあったことを思い出し、
特に良いところもなかったので写真はなしです。
受けた印象は個人の感想です。

DSC01811.jpg

DSC01840.jpg

DSC01830.jpg

ねねの道を抜けて一年坂に入りました。
石畳の道の両側には京都らしいみやげ物を売る店が軒を連ねます。
一年坂から二年坂へ。
八坂の塔と呼ばれる五重塔の上部だけがちらちらと見えていました。
その八坂の塔が正面に見える場所があるはずなのですが、見逃して
しまいました。

DSC01871.jpg

DSC01886_201703142052044ce.jpg

DSC01910.jpg

二年坂から三年坂に出て清水寺へ向かいました。
清水寺の門前は観光客が多かったのですが、午後8時すぎということも
あって、昼間に比べたらかなり少ないと思われます。
朱色の門や、奥の五重塔がライトアップされて暗い闇の中に浮かび
あがっています。
門前でしばらく撮っていました。
拝観したかったのですが、時間に余裕がなく帰ることにしました。
三年坂沿いには八つ橋の店が目立ったので触指が動いたのですが
買わずに帰りました。

DSC01964.jpg

DSC01980_20170314205543c47.jpg

DSC01950.jpg




京都花灯路 その1


DSC01581.jpg

3月3日 仕事が終わってから京都花灯路へ行ってきました。
京都花灯路という名前は知っていましたが、行くのは初めてでした。
京阪電車の情報誌に開催地区の簡単な地図が載っていたので、一応
道順を頭に入れて行きました。

DSC01584.jpg

DSC01595_201703132126276c1.jpg

DSC01599.jpg

京阪電車祇園四条駅から八坂神社へ入り、円山公園に抜けました。
円山公園ではいくらかの露店が出ていました。
公園の一番奥の水路に竹筒の灯りを並べたオブジェがありました。
そのあたりには大きな活け花も並んでいます。
暗いので手振れせずに撮るのは難しそうでした。

DSC01607_20170313212811e90.jpg

DSC01631.jpg

DSC01656_201703132130594fe.jpg

そこから高台寺のほうへ向かう道に入りました。
大谷祖廟でも巨大な活け花が飾られています。
活け花は型にはまらないような自由な感覚がありました。
大雲院祇園閣の前を通り、ねねの道へ。
行き交う人が多くて、人影が途切れることはありません。

DSC01694.jpg

DSC01714.jpg

DSC01707.jpg




花の文化園の梅林


DSC01355.jpg

道明寺天満宮の梅園で1時間くらいいて、出たのは10時頃でした。
まだ時間があるので河内長野市にある花の文化園に行くことにしました。
花の文化園はこれまで何度も行ったことがあるのに、梅林があった
かなあと考えていましたが、行ってみると思い出しました。
以前も梅が咲くころに来たことがありました。

DSC01505_20170309210945161.jpg

DSC01375.jpg

DSC01385_201703092110421ac.jpg

入り口の花壇にはパンジーが植えられてきれいに咲いています。
夜間はイルミネーションをやっているので、花壇の中には電線が張り
巡らされて、周りにも動物の形をしたオブジェが目立ちました。
梅林は少し奥の斜面沿いに広がっています。
背後から光が射し込む梅林は満開でした。

DSC01390_20170309211145827.jpg

DSC01398.jpg

DSC01402.jpg

それほど広い梅林ではありませんが、斜面沿いに上に登れば青い空を
背景に梅林を俯瞰できます。
ここではコタツに入って観梅するというイベントをやっていて、梅林の中に
いくつかのコタツが設置されて、たくさんの人が利用していました。
人が多くて、どうしても人影が入ってしまいました。
ちょうど昼頃になったので帰ることにしました。

DSC01439_20170309211717678.jpg

DSC01430.jpg

DSC01470_20170309211908238.jpg




道明寺天満宮ふたたび


DSC01060.jpg

2月26日 ふたたび道明寺天満宮を訪ねました。
2週間前に行ったとき早すぎて、ちょうどこの日くらいが見頃だろうと
梅園の世話をされてる方に聞いていましたが、本当に全体によく咲いて
いて7分咲きくらいかと思われました。
まだ蕾も多かったのでしばらくは観梅を楽しめそうでした。

DSC01073.jpg

DSC01120.jpg

DSC01150.jpg

この日も午後から用事があったのですが、午前中に道明寺天満宮と
河内長野市にある花の文化園をはしごしました。
申し訳ありませんが今回は記事なしで、写真を載せます。
しかも大増量サービスです。

DSC01218.jpg

DSC01232.jpg

DSC01236.jpg

DSC01244.jpg

DSC01258.jpg

DSC01265.jpg

DSC01286.jpg

DSC01304.jpg

DSC01305_201703072130480b2.jpg

DSC01307_20170307213330c85.jpg

DSC01336_2017030721333193f.jpg

DSC01315.jpg

DSC01339.jpg




早春の北野天満宮 その2


DSC00804_20170305184337009.jpg

一枚目は偶然に人の姿がない時間が一瞬だけあってその時に撮った
ものですが、もう少し早く気づいていればおじさんもいませんでした。
そのあとはほぼ屋根ばかり撮っていました。
10時開園の梅苑の入り口には行列ができていましたが、10分ほど
遅れて行ってみると並ばずに入れました。

DSC00799.jpg

DSC00810_20170305184528df5.jpg

DSC00816.jpg

入り口は以前は楼門脇にもあったのですが、今年は閉鎖されていた
ようです。
梅苑の梅は少し物足りないように感じました。
背後に工事中の幕が張られて背景も良くありません。
通路が狭いうえに観梅客が多くてあまり撮れませんでした。

DSC00824_20170305184549db0.jpg

DSC00863.jpg

DSC00877_2017030518484447a.jpg

梅苑を出てから再び境内を回りました。
結構気に入ったところと、まだ見てないところを撮りながらひと回りして
出ることにしました。
帰りの参道は参拝に行く人や帰る人、露店で立ち止まる人が交錯して
歩くのも大変だったので、途中から露店裏の駐車場へ抜けました。
このあと龍安寺にも寄ったのですが、梅は全くありませんでした。
この日も法事のことで用事があったので帰りました。

DSC00946.jpg

DSC00987_20170305185135e5b.jpg

DSC00991.jpg

DSC01008.jpg

DSC01012.jpg




早春の北野天満宮 その1


DSC00694.jpg

2月25日 快晴の空が広がる土曜日、京都の北野天満宮へ行って
きました。
6時半頃に家を出て、京阪電車、嵐電を乗り継いで北野白梅町駅に
着いた時はすでに9時を回っていました。
鳥居までは駅から5分ほど歩きますが、この時間になると観梅客が
かなり多くなっていました。

DSC00695.jpg

DSC00720.jpg

DSC00704.jpg

鳥居前ではすでに露店が並んで、人だかりを避けながら歩きました。
これまで何度か梅の季節に来ていますがこんなに混んでいるのは
初めてでした。
鳥居から楼門までも長い参道が続きますが、両側には様々な露店が
連なり、前の人について歩くしかない状態でした。
楼門の左手にある梅苑は、生け垣越しによく咲く梅が見えています。
7分咲きの開花情報でしたが、ちょうど見頃でした。

DSC00710.jpg

DSC00730.jpg

DSC00738.jpg

楼門をくぐった境内はどこを見ても満開の梅です。
人だらけで、写真を撮るにもほぼ上を向いて撮らないと人影が入って
しまうので屋根の写真が多くなってしまいました。
本殿に入る門の脇には紫白色の幕が張られて、中では茶の湯のイベ
ントが催されているようでした。
本殿からは参拝の長い行列が続いています。
とにかく境内はもの凄い数の参拝客でごった返していました。

DSC00752_201703021954370ef.jpg

DSC00761.jpg

DSC00791.jpg





けいはんな記念公園の梅林


DSC00632_20170228212954716.jpg

もう一か所行ければと思っていたのは「けいはんな記念公園」でした。
山田池公園は大阪府枚方市にありますが、けいはんな記念公園は
奈良市に近い京都府相楽郡にあります。
案外近くて、車で30分ほどで着きました。
初めて訪ねる公園でしたが、周辺は新しく造られた街並みで国立国会
図書館が斜め前にあります。

DSC00530.jpg

DSC00528_20170228212057b6c.jpg

DSC00538.jpg

とりあえず園内の地図を見て梅の木があるところを目指しました。
低い丘に沿って、グラウンドのような広い場所を回り込むような園路を
歩いていくとすぐに梅林に入りました。
周りは丘になっていて、中央を小川が流れています。
紅白を混ぜて植えられた梅の木はまだまだ若そうで、少し物足りない
感じでした。

DSC00547.jpg

DSC00604.jpg

DSC00596_20170228212723e45.jpg

背後が低い丘なので、見栄えの良い風景を探しながら斜面を登りました。
広くはない梅林なのでひと回りするのに時間はかかりません。
幾年かの時を経れば立派な梅林になるだろうと思われます。
そのあと公園の奥にある「水景園」という日本庭園に行ってみましたが、
日本庭園としてはちょっと斬新なところですが、数人のカメラマンさんが
あちこちにいらっしゃいました。
時間もないので急ぎ足で通り抜けて帰ることにしました。

DSC00608_20170228212953526.jpg

DSC00646_20170228213231df8.jpg

DSC00675.jpg




プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR