FC2ブログ

西本願寺花灯明


DSC06750.jpg

5月26日 仕事帰りに京都の西本願寺花灯明、夜の参拝・特別拝観に
行ってきました。
京阪電車七条駅で降りて、JR京都駅方面に歩きました。
美しく彩られた京都タワーが見えると駅前です。
京都駅から西本願寺までは徒歩で10分くらいで、寺に近づくと参拝する
人たちがたくさん拝観受付に行く門に吸い込まれていきます。
今回の拝観は無料です。

DSC06716.jpg

DSC06743.jpg

DSC06767.jpg

着いたのは7時半頃でしたが、受付で整理券を渡されて、9時5分に来て
くださいと告げられました。
すぐ隣にある龍谷大学文学部の大宮キャンパスが解放されていると
いうことで、大学の門を入りました。
レトロ感溢れる校舎は明治12年に建てられた洋風の建物で、現在は
重要文化財に指定されていますが、今も授業が行われています。
その校庭をウロウロしながら1時間半ほど楽しみました。

DSC06788.jpg

DSC06776.jpg

DSC06790.jpg

拝観は大玄関門前で100名ずつの列で順番を待ちます。
時間をおいて玄関を入り、いよいよ拝観になります。
唐門の前を通り、書院に上がり、書院内をぐるっと巡りますが、各々の
部屋の装飾は豪華でなかなか進まないので渋滞していました。
書院を出て、今度はライトアップされた飛雲閣の庭に入りました。
渋滞を気にせず撮り続けましたが、池に姿が映ってきれいでした。
西本願寺を出るときはすでに午後10時になっていました。
実は先に京都タワーを観てから西本願寺に行こうと思っていたのですが
寄っていたら帰れなかったかもしれません。

DSC06826.jpg

DSC06846_20170531224515869.jpg

DSC06895.jpg





スポンサーサイト



荒牧バラ公園


DSC06496.jpg

DSC06530.jpg

5月21日 家にいるつもりで朝はゆっくりしていたのですが、同じ時間を潰すなら
出かけようと思い立ち、以前から行ってみたかった伊丹市の荒牧バラ公園へ
行ってきました。
検索すると開園は9時になっていたのですが、家を出たのはすでに8時頃でした。
JRと阪急を乗り継いで、宝塚線山本駅で下車、スマホの地図を頼りに約20分
歩いてやっとたどり着きました。

DSC06538.jpg

DSC06582.jpg

DSC06506.jpg

いくらか駐車場があるようで、公園そばの道路にはガードマンが出ていました。
公園に向かう人が結構いたので入り口までは迷いませんでした。
大きな門が開け放たれていて、開園したばかりなのに園内にはすでにたくさんの
花見客がいました。

DSC06563.jpg

DSC06587.jpg

DSC06608.jpg

両側に柱のある通路が門からまっすぐ伸びて、その先に噴水のある小さな池、
池からは階段状のバラの花壇が空に向かっています。
その階段の両側に羽根を広げるように花壇や芝生広場が広がっています。
色とりどりのバラが溢れるように咲いて、満開の見頃でした。
時間が経つにつれて人が増えてきて、お昼前に公園を出るときはもの凄い人出
でした。
阪急電車だったので万博公園も頭をよぎったのですが、前日に6軒も回っていた
のでこの日は帰りました。

DSC06614_20170530231353ccc.jpg

DSC06642.jpg

DSC06659.jpg

DSC06663.jpg

DSC06666.jpg





蜻蛉池公園のバラ園


DSC06216.jpg

デビッド・オースチンへ入るときに給油ランプが点いていることに気が
ついていたので、高速に乗らずにガソリンスタンドを探しながら国道
26号線に出ました。
探しているとなかなかないもので次第に焦ってきましたが、ナビのマークを
見て側道に入り、なんとか見つけました。
再び国道に出てしばらく走ったところで右折、外環状線に入るとやっと
道がわかってきました。

DSC06241.jpg

DSC06243.jpg

DSC06256_201705272133385ab.jpg

蜻蛉池公園に着いたのは午後4時半ごろになっていました。
この日はバラ園のイベントをやっていたのですが、この時間ではすでに
終わり人影もまばらでした。
傾いた陽が木々を浮かび上がらせ、水面に反転した姿を映しています。
バラ園ではのんびりとくつろぐ人だけでした。

DSC06263.jpg

DSC06267.jpg

DSC06271.jpg

さすがにローズフェスティバルをやる日だけあって、満開です。
以前、別の公園の講習会に参加したときに、イベントの日に咲かせる
ために、数か月前から計画的に準備されるのだと聴きました。
ここは広いバラ園内に池際の芝生広場や、文化財風の建物が配置され
水辺の美しい風景を観ることができます。
いつもは早朝に来るのですが、夕景も美しいものだと思いました。
この日は蜻蛉池公園が最後です。

DSC06410.jpg

DSC06441.jpg

DSC06480.jpg





イングリッシュローズガーデン


DSC06045.jpg

この日5軒目は泉南市にあるデビッド・オースチン イングリッシュローズ
ガーデンです。
橿原運動公園ですでに午後1時になっていたので、高速道路を乗り継いで
阪和道泉南インターで降りました。
高速出口にはローズガーデンに誘う標識があるので迷いませんでした。
ひとつ先の信号を曲がると登りの一本道の突き当りにローズガーデンが
広がっていました。

DSC06046_2017052523385870f.jpg

DSC06048.jpg

DSC06158_2017052523432166b.jpg

着いたのは14時頃で、強い陽射しが照り付けていました。
駐車場は満杯でしたが、それでも空いているところがあるのですぐに
停められました。
ここはバラの苗を販売されているところで、広いバラ園は無料で楽しむ
ことができるようになっています。
バラは満開でした。

DSC06173_2017052523442038b.jpg

DSC06120.jpg

DSC06130.jpg

解放された明るい山の風景で、軽い斜面にバラ園が広がります。
刈りこまれた生け垣で囲まれた花壇の中に通路が巡らされ、溢れる
ような美しいバラの花が続きます。
青空も、逆光の中でキラキラ輝くバラもきれいでした。
鯉が泳ぐ小さな池と、それに続く水路はわずかに涼しげな風景です。
暑い中で1時間ほどウロウロしていました。
さらに続きます。

DSC06175.jpg

DSC06189.jpg

DSC06192_20170525234502a4f.jpg

DSC06154_201705280713488e2.jpg



橿原運動公園のバラ園


DSC06005.jpg

おふさ観音から橿原運動公園へ向かいます。
車だとそれほど遠くないのですが、10分くらいはかかります。
ここはたぶん橿原市のHPで観て、行き始めたのは最近です。
といってもまだ新しそうなバラ園で、これまで何度か訪ねましたが少し
物足りない感じがありました。

DSC06003.jpg

DSC06004.jpg

DSC06008.jpg

でも、今回はよく咲いてきれいだったと思います。
バラ園の東には畝傍山が迫り、南は近鉄南大阪線の線路が走ります。
周りは広いグラウンドが広がり、たくさんの人が利用されています。
西の方には遠くに二上山が見えていました。

DSC06010_20170524233325cf8.jpg

DSC06023.jpg

DSC06013.jpg

すぐ横に駐車場があるので、老人ホームか介護施設の人たちがよく
来られています。
小さなバラ園で、日陰になるようなものもありませんが、これからもっと
整備されていくのかもしれません。

DSC06031.jpg

DSC06029.jpg

DSC06021.jpg





おふさ観音のバラ


DSC05915.jpg

霊山寺、松尾寺のあと橿原市のおふさ観音へ向かいました。
現在春のバラまつり開催中です。
おふさ観音は昔ながらの町なかにあって、門前の道路は車どうしが
すれ違えないくらい狭いのですが、ちょうど大型車が同じ道に入った
ので後ろを追いかけて寺横の駐車場に停めることができました。

DSC05997_201705232320025ca.jpg

DSC05937.jpg

DSC05919.jpg

門はいつも解放されていて、庭園だけなら拝観料は要りません。
バラまつりは5月15日から6月30日まで開催されています。
門をくぐると、バラで埋もれた本堂前の庭はまだ花が少なそうでしたが、
全体的にはそこそこ咲いていました。
HPによると見頃はまだこれからのようです。

DSC05963.jpg

DSC05938.jpg

DSC05974.jpg

本堂の左手にはいくつかのお堂が並んで、その前の通路を抜けると
裏の庭園にも行けるようになっています。
前庭ほどではありませんが、ここも結構咲いていました。
その奥にはカメの池、さらに突き当り奥には茶房を営業されています。
境内をひと巡りしてから次へ向かいました。

DSC05984.jpg

DSC06001.jpg

DSC05953.jpg





松尾寺のバラ


DSC05914.jpg

霊山寺から少し南下して、法隆寺のほうへ向かいます。
矢田寺を過ぎて、法起寺の手前の交差点から山の方へ向かいます。
道路はずっと上り坂で、寺に近づくと車でも息が切れそうな急坂になり
左手に門が現れます。
門前には駐車場がたくさんありますが、混雑してることはありません。

DSC05819_20170522221034c8e.jpg

DSC05876.jpg

DSC05860.jpg

奈良にはバラ園のある寺がいくつかありますが、ここもそのひとつです。
ここ数年は訪ねてなかったのですが、霊山寺から近いので久しぶりに
行くことにしました。
山岳信仰の雰囲気が漂う寺です。
長い石段を上がるとすぐに朱塗りの本堂があって、その向こうにユリの
鉢が並ぶ庭が広がります。
ユリも有名で7月には5000輪のカサブランカが咲きます。

DSC05872.jpg

DSC05887_20170522221258cfe.jpg

DSC05852.jpg

バラ園は本坊の裏庭で、3方が壁で囲まれた箱庭のような花壇です。
本坊の裏壁には様々な色の蔓バラが屋根に届くように咲いています。
ここのバラも満開で、一番美しい時に訪ねたようです。
数人のカメラマンがいらっしゃったので、花を手前に大きく入れて撮って
みました。
小さなバラ園なのでそれほど時間は取りませんでした。

DSC05867.jpg

DSC05855.jpg

DSC05894.jpg





霊山寺のバラ庭園


DSC05698.jpg

5月20日 早朝からバラ園巡りをしてきました。
まずは開園が午前8時の霊山寺にしましたが、家の墓があるので
花を持参で少し早い目に行って墓参りを先に済ませました。
拝観受付の前にはすでに20人ほどの人たちが待っていました。

DSC05568.jpg

DSC05688.jpg

DSC05576.jpg

寺の拝観はまだ遅い時間からなので、皆さんお目当てはバラ園でした。
この時間なら人影はなく、そそくさと誰もいない風景を撮りました。
バラは満開の見頃で、深呼吸したくなるような良い香りが漂っています。
素晴らしい青空が広がる朝になりました。

DSC05601_2017052119524178e.jpg

DSC05615_20170521195302853.jpg

DSC05674.jpg

とりあえず足早に、人のいない園内を巡りました。
一番奥にあるカフェもまだ閉まっていますが、店先のオレンジや赤の
バラが鮮やかに咲いていました。
あれこれ角度を変えて撮影してきました。
徐々に人が増えてきましたが、9時半ごろに出ることにしました。

DSC05677.jpg

DSC05586.jpg

DSC05681.jpg

DSC05724.jpg

DSC05793.jpg





琵琶湖疎水に沿って~デジブック


DSC07950_20170520004457522.jpg




4月15日 大津の三井寺から琵琶湖疎水に沿って、山科の毘沙門堂
まで行ってきました。
すでに1か月以上経つのですが、やっと公開できました。

DSC08053_201705200044590b6.jpg

DSC08249.jpg

桜は盛りを少々過ぎた状態でしたが、まだきれいに咲いていました。
三井寺駅で降りたときは青い空が見えていましたが、すぐに曇ってきて
三井寺を出るころには雨が降ってきました。
桜は風が吹くとはらはらと散っています。

DSC08757.jpg

DSC08472.jpg

疎水沿いを歩いていたときも降ったり止んだりでした。
菜の花が咲くところまで来て、しばらく撮っているうちに晴れてきました。
そこから毘沙門堂までは5分ほどです。
毘沙門堂門前の桜はほぼ散っていましたが、境内の桜は見頃でした。
大きな枝垂れ桜もあります。
朱塗りの本殿を背景に美しい風景でした。

DSC08635.jpg

DSC08675.jpg

DSC08686.jpg





中之島バラ園の夜景


DSC04893.jpg

5月16日 仕事帰りに中之島のバラ園に行ってきました。
せっかく夕方に行くので夕焼けたらいいなと思っていたのですが、会社を
出るときも曇っていたのでちょっと迷っていました。
ただ、花も賞味期限があるので行くことにしました。
京阪電車北浜駅で降りたのは午後6時半頃で、なにわ橋の上では足早に
歩く人たちや通りすがりにバラ園を観て行く人もたくさんいました。

DSC04820_20170518211643b16.jpg

DSC04823.jpg

DSC04848.jpg

なにわ橋の途中からバラ園に降ります。
まだ暮れる前の明るい空でした。
バラはこの前の早朝に来た時よりもボリューム満タンで見頃です。
犬を連れて散歩する人やサラリーマンのような姿も目立ちました。
西側のビルなどを背景に写真を撮っていると、急に空がオレンジや紫の
色に変わってきて、まさかの夕焼けでした。

DSC04842.jpg

DSC04816_20170518211834b4a.jpg

DSC04864.jpg

DSC04868.jpg

数分間は美しい夕焼けが続いていました。
暗くなってくると周りのビルの灯りも美しく、バラ園の中のわずかの照明を
頼りに写真を撮りましたが、暗いのでピントがうまく合いませんでした。
バラ園をひととおり巡ってから、中央公会堂のほうへ歩いてみました。
特になにもありませんが、ライトアップされた公会堂はきれいでした。

DSC04968.jpg

DSC05004.jpg

DSC05051_20170518212323444.jpg

DSC05055.jpg

DSC05061.jpg





早朝のローズガーデン~デジブック


DSC04632.jpg




フルウインドウでご覧ください。いつものように30日間で削除されます。


5月14日 ひらかたパークのローズガーデン早朝散策デーに参加して
きました。
13日、14日、20日、21日の4日間催される予定です。
2,3日前に駅でチラシを見つけて、13日は雨だったので14日を申し
込みました。入園料は500円です。
各日限定100人だったので無理かもと思いながら電話すると、結構
余裕な返事でした。

DSC04457.jpg

DSC04611.jpg

当日は午前7時にひらかたパーク入り口前で集合、開園するまでの
9時半までローズガーデン内を自由散策できます。
アトラクションには近寄れないように柵で区切られています。
人数は100人くらいはいたのかもしれませんが、バラ園は広いので
混雑することはありません。
前日の雨はあがって気持ちよく晴れていました。

DSC04508.jpg

DSC04602.jpg

朝のバラは瑞々しく、芳香が漂っています。
ほぼ2時間くらいかけてバラ園を1周して、そのあとは気になるところを
もう一度撮ってきました。
途中帰る場合は8時、8時半、9時に指定の場所に集合して係員の
案内で遊園地を出ることができます。
さすがに最後は園内を歩く人はちらほら程度でしたが、集合すると
30人くらいはいたように思います。

DSC04683_201705152338498b2.jpg

DSC04698.jpg


DSC04389.jpg

DSC04407.jpg

DSC04420.jpg

DSC04426.jpg

DSC04485_20170524215839b62.jpg

DSC04543.jpg

DSC04663.jpg





當麻寺奥院の牡丹


DSC00860.jpg

西南院に続いて隣の奥院に入りました。
入り口は長い石段で、拝観受付の先も少し登りになっています。
ここは他の塔頭より高い位置にあって、境内からは二つの塔や當麻寺の
堂宇の屋根が見えます。
奥院の本堂前にはハスの鉢が整然と並べられていました。

DSC00864.jpg

DSC00874.jpg

DSC00883.jpg

境内はかなり広々としていて、本堂裏には池のある広い庭園が広がって
います。
あちこちに白い和傘を被った牡丹があり、咲き誇っていました。
本堂から石段を下って、楼門のある庭を通ります。
赤い楼門はいつも閉じられて通れないのですが美しい姿です。
この日は風が強かったので、煽られた和傘が庭を転がって破れると
いうような光景もありました。

DSC00898.jpg

DSC00945.jpg

DSC00928.jpg

本堂裏の庭園は池を中心に、大きな石を組み合わせたような通路を
通りながら1周することができます。
牡丹のほかにツツジや、ヤマブキもありました。
背景には二上山の頂上が望めます。
観光客は多かったのですが、庭が広いので混雑感は全くありません。
この日はこれで帰りました。

DSC00961.jpg

DSC00970.jpg

DSC00978.jpg




當麻寺西南院の牡丹


DSC00852.jpg

4月29日 明日香の岡寺へ行った後、當麻寺へ寄りました。
當麻寺の境内は本堂や金堂を中心にして、周りに塔頭寺院や東西の
三重塔が並びます。
その塔頭のどこもが牡丹を育てられていて、花を観ることができます。
今年は西南院と奥院を拝観してきました。

DSC00849.jpg

DSC00822_2017051023202478b.jpg

DSC00690.jpg

西南院は本堂の左奥にあり、小さな門をくぐると牡丹の庭が広がります。
日除けのネットや白い和傘の下で様々な色の牡丹が咲き誇っていました。
その庭だけでも時間を取られそうですが、さらに塀に区切られた奥に
庫裏や書院、本堂などがあります。
そちらの庭にも牡丹や芝桜、石楠花などが溢れるように咲いています。

DSC00751.jpg

DSC00684.jpg

DSC00761_20170510232351763.jpg

DSC00782.jpg

DSC00785.jpg

本堂の脇を入ると書院の庭園に出ます。
秋には紅葉が美しく、みはらし台に登れば紅葉の庭越しにふたつの
国宝三重塔を望めますが、今回は登りませんでした。
庭園の奥の斜面は石楠花が咲いているのですが、牡丹が強烈だった
せいなのか少し物足りない感じでした。
もう一度牡丹の庭に戻って、しばらく撮ってから門を出ました。

DSC00791_20170510232555c8b.jpg

DSC00800.jpg

DSC00836.jpg

DSC00851.jpg





心合寺山古墳の桐


DSC01511_20170509211518feb.jpg

葛井寺を出てから、八尾の心合寺山(しおんじやま)古墳へ向かいました。
こちらもほぼ毎年訪ねています。
心合寺山古墳は5世紀初め頃築造された古墳で、全長160mもある
前方後円墳です。
現在は葺石が葺かれ、円筒埴輪が並べられるなど、築造当時のような
雰囲気に復元され、公園として整備されています。

DSC01296_20170509211520149.jpg

DSC01303_20170509211733041.jpg

DSC01342.jpg

古墳の後円部の西側の中腹に2本の大きな桐の木があり、毎年GWの
前に見頃を迎えます。
花のことなので年によって咲き具合は異なりますが、今年はピッタリの
見頃でした。

DSC01292_20170509211959c2b.jpg

DSC01325.jpg

DSC01361.jpg

枝を大きく広げ、ぐっと頭を持ち上げた枝先に鈴なりの花をつけています。
円筒形の花はすぐにポロポロと落ちてくるのですが、この日は散り方が
まだ少なかったので、ちょうど良い時期だったと思います。
地面につきそうなとこまで伸びている枝があるので、誰もが近くで写真を
撮ったり、花を観ることができます。

DSC01400_20170509212306e33.jpg

DSC01412_201705092124109a0.jpg

DSC01458_20170509212410563.jpg



葛井寺の藤


DSC01002.jpg

出かけすぎて記事を書くのが遅れています。
4月30日 藤井寺市にある葛井寺に行きました。
毎年藤まつりが開催されていますが、ほとんど朝一番に行くので催し
物にはほとんど縁がありません。
午前8時頃に着きました。

DSC01036.jpg

DSC01052.jpg

DSC01086_2017050821302027c.jpg

まだほとんど人のいない時間でしたが、地元のお参りの方はちらほら
いらっしゃいます。
境内の風景をあれこれ探しながらゆっくりと歩いて、最終的に1周半
しました。

DSC01132.jpg

DSC01068_2017050821314666c.jpg

DSC01216.jpg

藤は紫のほかに白藤、房の短いピンク色もあります。
境内に藤棚はたくさんあるのですが、咲いていない棚もありました。
徐々に参拝者が増えてきて、カメラマンの姿も多くなってきました。
このあと八尾市へ桐の花を観に行きます。

DSC01163-1.jpg

DSC01151.jpg

DSC01229.jpg






随心院


DSC03259.jpg

京阪電車三室戸駅まで戻り、宇治線の六地蔵駅で地下鉄に乗り換え、
小野駅で降ります。
この駅近くの勧修寺は何度か訪ねたことがあるのですが、随心院は
初めてでした。
駅からは川沿いに歩いて、右手にこんもりとした緑が見えたところが
随心院です。

DSC03165_20170507210908c56.jpg

DSC03169.jpg

DSC03177.jpg

背の高いツツジの生け垣の参道を抜けると寺の門があります。
ツツジは見頃で、その奥は有名な梅園です。
拝観は通用門のようなところから入り、大きな玄関を上がります。
板張りの廊下沿いの部屋の襖絵などを観ながら進むと庭園のある
縁側に出ました。
ここでも花嫁花婿の撮影をされていました。

DSC03184_20170507211448eef.jpg

DSC03192.jpg

DSC03215_2017050721152222e.jpg

仏像などは撮影不可ですが、部屋内は撮影できました。
庭園で咲くのはほとんど石楠花で、すでに傷みかけています。
咲きかけのツツジはあったので、開花が遅れているようでした。
本堂前の板の間にいると気持ちのいい風が吹き抜けていきます。
京都市内中心部の寺と比べて、このあたりの寺は静かです。
この日は最後に下鴨神社へ行くつもりにしていましたが、暑さのせいか
ヘロヘロになっていたので帰ることにしました。

DSC03216.jpg

DSC03229.jpg

DSC03242.jpg





三室戸寺のツツジ


DSC02918_20170505182624405.jpg

平等院を出たのは10時半頃でしたが、門の外では長蛇の列ができて
いました。
京阪電車宇治駅まで戻り、一駅目が三室戸駅です。
寺までは駅から徒歩で15分くらいかかります。
すでに陽射しが強くて暑かったので、駅前のスーパーに入ってサンド
ウィッチと飲み物を購入して店内にあったテーブルでいただきました。

DSC02923.jpg

DSC02947_20170505183249d62.jpg

DSC02956_20170505183250969.jpg

三室戸寺門前の駐車場は空いていました。
いつもなら賑やかなのに、5~6分の開花情報だったからだと思います。
拝観受付を入ると門までに緩やかな坂の参道を登りますが、右手に
見えるツツジ園は葉っぱの緑が目立ちました。
この時期混雑するはずのツツジ園も境内も空いていました。

DSC02977.jpg

DSC02989.jpg

DSC02997.jpg

いつもなら葉っぱの緑は見えないくらい花で埋もれていますが、今年は
開花がかなり遅れているようです。
最盛期を知っていると少し物足りない感じですが、園内は歩きやすく
好きなところで立ち止まって撮ってきました。
真ん中に茶店から上に登る通路と、さらに奥にも登る通路があって、
奥の通路は石楠花の谷へ続いています。
残念ながら石楠花はほぼ終わっていました。
三室戸寺を出たのは1時ごろになっていました。

DSC03009.jpg

DSC03039.jpg

DSC03044.jpg




平等院鳳凰堂快晴


DSC02545.jpg

5月4日 京都へ行ってきました。
訪ねたのは平等院鳳凰堂、三室戸寺、随心院です。
6時半頃家を出て、まずは三室戸寺へ行こうと思っていたのですが、
電車内で検索していると平等院の開門は8時半だったので、そちらへ
先に行くことにしました。
平等院に着いたのは8時20分くらいでしたが、すでに折り返しができる
くらいの長い列ができていました。
ほどなく列は動き出して、ストレスなく境内に入ることが出来ました。

DSC02529.jpg

DSC02867.jpg

DSC02621.jpg

境内に入ってすぐ、鳳凰堂の手前に大きな藤棚があって、薄い紫色の
藤が長い花弁を垂らしています。
藤棚の周りはびっしりと人が並んでカメラを向けていました。
特に鳳凰堂が背景に入る奥の角にはたくさんのカメラマンや花見客が
絡み合うように並んで撮影されています。
といっても途切れることのない人の姿がどうしても入ってしまいます。
しばらくそこで撮影してから、鳳凰堂前の池の前に出ました。

DSC02562.jpg

DSC02582.jpg

DSC02664.jpg

鳳凰堂は快晴の青空を背景に、美しすぎる姿を水面にも映しています。
感動的な風景で、先にここに来て良かったと思いました。
池に沿って歩きながらあらゆる位置で池と空と鳳凰堂を撮ってきました。
かなり時間を取って池の周りをウロウロしていました。

DSC02690.jpg

DSC02715.jpg

DSC02773.jpg

その後、鳳翔館というミュージアムに入るのが順路です。
鳳翔館にはオリジナルの鳳凰像一対、雲中供養菩薩像、梵鐘などが
展示されていました。
雲中供養菩薩像は愛らしいレリーフで、楽器を持ったり、踊るような
姿もあり、表情も様々です。
ブログとしては他のお堂なども載せないといけないのですが、一応
撮ったものの載せるに至りませんでした。

DSC02862.jpg

DSC02876.jpg

DSC02886.jpg

DSC02906.jpg




龍蓋寺の花々~デジブック


DSC00168_201705012230045b3.jpg




GW初日の4月29日に訪ねた明日香の岡寺です。
門をくぐったところから、境内中が花で埋もれるようでした。
牡丹、石楠花、シャガが満開の見頃でした。
いつものように30日で削除されます。
フルサイズでご覧ください。

DSC00139.jpg

DSC00197.jpg

記事を書く時間がないのでデジブックにしました。
実は三井寺や疎水などをまだUPできていませんが、これもまとめて
デジブックにしようかと思っています。

DSC00256_2017050122313218f.jpg

DSC00311.jpg

DSC00555.jpg

DSC00360.jpg

DSC00489.jpg




プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR