FC2ブログ

和歌山の旅 その1


DSC02449_20180227230011f3d.jpg

2月11日 和歌山へ行ってきました。
日付が変わったころに家を出て、まずは串本市の橋杭岩に向かいました。
午前4時頃に橋杭岩前の道の駅に着いてから少し寝ました。
道の駅にはすでにたくさんの車が停まって、皆寝ています。
6時頃になって少し明るくなってくると、カメラマンや観光客が海沿いに
並んで夜明けを待っていました。

DSC02373.jpg

DSC02399.jpg

DSC02419.jpg

徐々に明るくなって、雲や空が水色やオレンジに変わっていきます。
誰もが朝焼けを待っていたのですが、ほとんど焼けないうちに太陽が
出てしまいました。
道の駅はすぐに閑散としてきましたが、そのあと右へ左へ移動しながら
橋杭岩を撮ってきました。
8時近くになって道の駅を出て、樫野崎灯台を目指しました。
樫野崎は120年ほど前にトルコの軍艦が遭難した場所で、岬に近い
ところには記念館やトルコ土産の店などがあります。

DSC02499.jpg

DSC02539.jpg

DSC02570.jpg

樫野崎灯台の敷地内は水仙が溢れるように咲いています。
白い灯台と、青い空と、水仙の風景がきれいでした。
天気は快晴、寒さを感じない日で桜もちらほらと咲いていました。
灯台の後、近くの海金剛という景勝地に行きました。
展望台から観る海岸線と、紺碧の海、岩山に砕ける波の風景は本当に
きれいでした。
このあとみなべ梅林に行く予定でしたが、那智の滝へ行くことにしました。

DSC02552.jpg

DSC02613_20180227230343423.jpg

DSC02627.jpg





スポンサーサイト



雪の嵐山 その2


DSC01497_20180215205733f44.jpg

二尊院のあとすぐ近くの祇王寺へ入り、そこから大覚寺へ向かいました。
寺には入らずに先に広沢池の畔に出ました。
ほとんど雪は残っていませんが、融けにくいところには目立ちます。
池の北側の岸近くは凍っていました。
氷の上に雪が積もったように白くなっています。
水上の岩や小島の上で鵜や鷺が羽根を休めていました。

DSC01504.jpg

DSC01517.jpg

DSC01528.jpg

広沢池の周遊路を歩くと1kmくらいはありそうですが、大覚寺の反対
側まで来ると池越しにお堂や多宝塔が望めます。
1周してから大覚寺を拝観することにしました。
嵐山の駅からは離れているせいか大覚寺が混んでいることはあまり
ないような気がしますが、この日も参拝者はほとんどいらっしゃいません
でした。

DSC01538.jpg

DSC01560.jpg

DSC01576.jpg

大覚寺のお堂内はほぼどこでも写真が撮れますが、撮影不可の場所も
あるので気をつけないといけません。
伽藍はすべて回廊で繋がっています。
どのお堂も美しくて豪華さが感じられます。
誰もいない回廊をあちこちで撮ってきましたが、隅にまだ雪が残って
いるようなところもありました。

DSC01608_20180215205859eae.jpg

DSC01639.jpg

DSC01616.jpg





雪の嵐山 その1


DSC01316_20180212183101df0.jpg

1月27日 雪が積もっているかと思って嵐山に向かいました。
阪急電車に乗りましたが、大阪の茨木市あたりは真っ白な雪景色が
観えていたので京都も積もっているだろうと期待していました。
しかし少し歩いてみると道の端には雪が残っているものの、嵐山をはじめ
近隣の山もほとんど雪がありませんでした。
渡月橋の周辺で少し撮ってから野々宮神社へ向かいました。

DSC01346.jpg

DSC01366_201802121831284a6.jpg

DSC01396.jpg

早朝でしたが竹林の道にはすでに観光客もちらほらといらっしゃいます。
それでも雪の朝なのでいつもよりは全然空いています。
竹林の根元は雪が残りますが、神社の境内もほとんど雪はありません。
数枚撮ってから神社前をそのまま北へ向かいました。
踏切を越えたところに竹林の散策路があったので入ってみました。
淡い朝の光が射し込んで真っ白な雪の上に竹の影を落としているのが
美しくて場所を変えながら何枚も撮りました。

DSC01460.jpg

DSC01416_20180212183223c3a.jpg

DSC01422.jpg

そのあと二尊院へ向かいました。
ちょうど開門したばかりで、秋には美しい紅葉だった参道が真っ白でした。
参道ではかなり強く雪が降っていましたが、本堂前に出る頃には朝陽が
射して青空も見えるように晴れてきました。
本堂の屋根の上の雪は解けて激しく水滴を落としています。
拝観者はほとんどいませんでした。
境内をひと回りしてから門を出ました。

DSC01437.jpg

DSC01443_2018021218370293d.jpg

DSC01449_20180212183704bfe.jpg





宇陀の夜明け


DSC01665_20180205224751c67.jpg

2月3日 早朝から宇陀市へ出かけました。
夜明けの写真が撮れたらいいなと思っていました。
宇陀に入るとすぐに東の空が焼けてきました。
美しい色になってきた空を横目で観ながら撮るところを探していました。

DSC01657.jpg

DSC01716_20180205225206ab1.jpg

DSC01722.jpg

以前にも撮ったことのある、新しい公園の工事現場に入りました。
そこは見晴らしがよく、室生湖の端も望むことができます。
まだ遠くの山の稜線から朝陽が出る直前でした。
柿本人麻呂が詠んだ「かぎろひ」かと思えるような日の出でした。

DSC01725_20180205225536858.jpg

DSC01686.jpg

DSC01699_20180205225824e93.jpg

谷間に霧が流れて、何とも美しい朝景になりました。
しばらく撮ってから、さらに上のほうへ登る山道に入って見晴らしの良い
場所を探しては車を停めて撮影しました。
宇陀は雲海も出るらしいのですが、季節が合えばまた撮ってみたいと
思います。

DSC01763.jpg

DSC01833.jpg

DSC01799_201802052258551f8.jpg





中之島ウェスト夜景


DSC01041.jpg

1月6日 今年最初の3連休の初日は喉が痛かったのですが早朝に
奈良、夜は大阪アメニティパークへ写真を撮りに行ってました。
翌日も喉が痛かったのに朝から雪の金剛山へ出かけて、その夜に
熱を出してしまいました。
3日目の朝には熱が下がっていたのですが、その日は家にいました。

DSC01045.jpg

DSC01048_20180203154840698.jpg

DSC01051.jpg

結局休み明けの朝にも微熱があったので出社前に医者に寄ったら
インフルエンザB型の診断になり、その週は休みになりました。
なので、2週間ほど写真を撮りに行かなかったのですが、1月20日 
夕方から中之島ウェストへ出かけました。
まず最初は国立国際美術館近くの交差点にある小さな泉に行きま
したが、風があって波紋が消えず夕焼けもありませんでしたが、何枚も
撮った中で1枚だけきれいな映り込みになりました。

DSC01056.jpg

DSC01057.jpg

DSC01061_20180203154913c4c.jpg

あとは大きな歩道橋の上や周辺で撮っていました。
やはり風があったので雲の流れが速くて長い目の露光にしたら、雲の
動きがある面白い写真になりました。
泉も歩道橋もほとんど人がいないので、好きなところで好きなように
撮れるのでお気に入りになっています。

DSC01065.jpg

DSC01070_2018020315493066e.jpg

DSC01073_2018020315493329d.jpg





プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR