FC2ブログ

随心院


DSC03259.jpg

京阪電車三室戸駅まで戻り、宇治線の六地蔵駅で地下鉄に乗り換え、
小野駅で降ります。
この駅近くの勧修寺は何度か訪ねたことがあるのですが、随心院は
初めてでした。
駅からは川沿いに歩いて、右手にこんもりとした緑が見えたところが
随心院です。

DSC03165_20170507210908c56.jpg

DSC03169.jpg

DSC03177.jpg

背の高いツツジの生け垣の参道を抜けると寺の門があります。
ツツジは見頃で、その奥は有名な梅園です。
拝観は通用門のようなところから入り、大きな玄関を上がります。
板張りの廊下沿いの部屋の襖絵などを観ながら進むと庭園のある
縁側に出ました。
ここでも花嫁花婿の撮影をされていました。

DSC03184_20170507211448eef.jpg

DSC03192.jpg

DSC03215_2017050721152222e.jpg

仏像などは撮影不可ですが、部屋内は撮影できました。
庭園で咲くのはほとんど石楠花で、すでに傷みかけています。
咲きかけのツツジはあったので、開花が遅れているようでした。
本堂前の板の間にいると気持ちのいい風が吹き抜けていきます。
京都市内中心部の寺と比べて、このあたりの寺は静かです。
この日は最後に下鴨神社へ行くつもりにしていましたが、暑さのせいか
ヘロヘロになっていたので帰ることにしました。

DSC03216.jpg

DSC03229.jpg

DSC03242.jpg





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは^^

お話に出ている勧修寺を訪問した事がなくて、検索してみましたら、真っ青な紫陽花も咲くのですね。点在する紫陽花が綺麗だなぁと思いました。

隋心院。華美ではなく品の良い纏まったお庭ですね。
塔頭だけが移転しながらも今も残っているお寺ですが、心落ち着く場所として愛されてきたのだなぁと、和みの景色で思ったりします。
ほっとする空間だと思いました。
通路(お部屋かしら)からのお庭の撮影の仕方とか、空も通路も入って、訪問して眺めているみたいな気持ちになります。

リンさん、こんばんは

勧修寺は花菖蒲の季節に行ったりするのですが、紫陽花も咲いていますね。
庭園は静かでゆっくりできるかと思います。

小野の寺は市内中心から離れているせいか、随心院も勧修寺も静かですね。
随心院は縁も広く、腰かけて庭園を眺める人たちもいらっしゃいました。
もう少し早い目に行けば石楠花がもっときれいだったと思います。
ここでも新郎新婦の撮影がありましたよ。
それとなく写真の隅に入れて撮りました。
撮影禁止でしたが、卒塔婆小町像はぞっとするような醜悪さが表現されていました。
空が入っているのは縁側から撮っていますね。
京都の観光客の喧騒から逃れるにはいいところです。

プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR