FC2ブログ

琵琶湖疎水に沿って~デジブック


DSC07950_20170520004457522.jpg




4月15日 大津の三井寺から琵琶湖疎水に沿って、山科の毘沙門堂
まで行ってきました。
すでに1か月以上経つのですが、やっと公開できました。

DSC08053_201705200044590b6.jpg

DSC08249.jpg

桜は盛りを少々過ぎた状態でしたが、まだきれいに咲いていました。
三井寺駅で降りたときは青い空が見えていましたが、すぐに曇ってきて
三井寺を出るころには雨が降ってきました。
桜は風が吹くとはらはらと散っています。

DSC08757.jpg

DSC08472.jpg

疎水沿いを歩いていたときも降ったり止んだりでした。
菜の花が咲くところまで来て、しばらく撮っているうちに晴れてきました。
そこから毘沙門堂までは5分ほどです。
毘沙門堂門前の桜はほぼ散っていましたが、境内の桜は見頃でした。
大きな枝垂れ桜もあります。
朱塗りの本殿を背景に美しい風景でした。

DSC08635.jpg

DSC08675.jpg

DSC08686.jpg





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

花の旅

まるで桜の花びらのように、身軽にお出掛けなされていたのですね。
どれほどの距離か地図を見てみたら、6キロは超える距離ですね。
花に誘われて健脚でいらっしゃいます(*^_^*)
8~9頁のお写真も石垣が見えて、期待感をもたらせて下さいます。
三井寺、美しいところですね。
いいですね、石橋。浮かぶ花びら、濃い緑と淡い花の色のコントラスト。
きちんとデジブックにも、ブログにもお写真がありました(*´∇`*)♪

背の高い木々、人影。
木々のそこにある時の流れを感じます。
ゆっくりと時間が流れたのであろう守られた景色が素敵ですね。

色の違う、樹影の違う桜がたくさん。良い時の花の旅ですね。
20~21頁、24~25頁、26~27頁も好きです。
桜の下、歩きたくなりますね(*´∇`*)

小雨があっても、いろんな角度で歩かれて、景色が臨場感と共に良く伝わってまいります。

赤い椿も綺麗。鮮やかな葉の色にぽつんぽつんと赤が映えて、美しく視界に広がる桜にひけを取らない美しい花ですね。

64~65のお写真もブログにあって良かったです。
菜の花を映して、花びらを乗せて流れる疎水になりたくなります(*^_^*)
ご機嫌に流れているように思えてしまうのです。

毘沙門堂はまた桜の木々が多いのですね。
ゴールを、朱塗りの本殿と桜が喜んで労っていますような^^

桜の旅の間に、肩や服に花びらは残っていませんでしたでしょうか?^^
桜は人の心に例えられるように軽やかで、その花びらはつかまえようとすれば手をすり抜けていくものですが、肩や衣服に掛かったりすると、それは誰かに思われているのだとか聞きます。
軽やかなものでしょうから、そんな花びらがあったら一緒に旅するのもいいかもしれないですね^^

素敵なお写真、ありがとうございます(*^_^*)

リンさん、こんばんは

琵琶湖疎水は三井寺に突き当たってから地下に入るようで、駅から続く疎水の桜も
このときは散りかけていましたが美しい風景でした。
三井寺を出たときは本降りの雨になっていて、近くの公園を抜けて京阪の駅まで出ましたが
そのころには降ったり止んだりでした。(山越えのような公園でした)
京阪で2,3駅乗って、四条駅というところで降りて疎水に出ました。
そこからは疎水沿いに菜の花の咲くところから毘沙門堂、再び疎水沿いを御陵駅まで
歩いたのですが、これが結構遠かったですね。
最後はへろへろになっていました。
なのでずっと疎水沿いを歩いていたわけではないので、誤解を与えてしまったかもしれません。

ちょうどどこも散り際で、風が吹くと花吹雪でした。
リュックなどに付いていた桜の花びらは電車に乗ると気が付きましたよ。
疎水沿いは以前にも南禅寺から歩いたことがありますが、トンネル上部の装飾や、
石造りの建物など見どころが多いと思います。
その辺もいずれ紹介できればと思っています。

プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR