FC2ブログ

実相院門跡


叡山電鉄で出町柳へ戻る途中に岩倉で下車しました。
どこか寄れるところがないかなと観光パンフレットを見ていましたが、実相院
門跡というお寺を訪ねることにしました。
岩倉具視が失脚したのちしばらく隠棲していた旧宅もあるので、何か関係が
ある土地のようです。

IMG_5164.jpg

IMG_5166_201401192209363a0.jpg

駅から川沿いの住宅街の道を20分くらい歩いたところに大きな門があり、
「実相院門跡」と書かれた大きな表札がかかっています。
門前にはタクシーが3台ほど待機していました。
門を入ると大きな玄関前の庭は樹木も冬の装いで色がなく、全体的に受ける
印象は少々枯れ寂びた雰囲気を醸し出しています。
静かでしたが靴箱には数足の靴が並んでいるので参拝者がいるようでした。

IMG_5175_201401192209379ba.jpg

IMG_5180.jpg

板の間の玄関から客殿に入ると左手に大きく縁側と庭園が見えました。
苔むした山水庭園で、奥に書院があります。
客殿の襖絵はすべて狩野派のもので、仙人の絵や群鶴図などでした。
板の間に写る丸窓の風景が有名らしいのですが部屋の中の撮影は一切禁止
されているので撮れませんでした。

DSCF0057.jpg

IMG_5189.jpg

客殿の反対側には比叡を借景とした石庭があります。
幾何学模様を並べたような石庭で、桜や紅葉のころは美しいそうです。
来てみたものの色のない時期に来るものではないなと思いました。
この後まだ訪ねるところがあるので、京都の街なかへ戻ります。

DSCF0075.jpg

DSCF0077.jpg

DSCF0100.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR