FC2ブログ

母の肖像 その2


DSC04524-1.jpg

DVDの中から数枚を選んで告別式の最中に流されたので、自分の
撮った写真で泣くということになってしまいました。
司会の方の泣かせるような口調で映像を見てるとやはり胸が詰まって
しまいます。

DSC05145-1.jpg

DSC05288-1.jpg

DSC06209-1.jpg

母親は美術展や博物館へ行くのも好きでした。
歩けたときは車で行けるところならどこでも連れて行きましたが、車椅子
になると限られました。
人気のある展覧会では混んでると展示物が見えなかったり、周りの人に
車椅子が当たることも考えなければなりませんでした。
最後に出かけたのは橿原考古学研究所付属博物館になりました。

DSC07127-1.jpg

DSC07458-1.jpg

DSC07736-1.jpg

DSC07819-1.jpg

デイサービスで作ってきた様々な小物や、自宅で色を付けていた塗り絵や
色鉛筆も棺に入れました。
西国三十三ヶ所で御朱印をいただいてきた笈摺もかけてあげました。
もっと入れられれば他にもいろいろあったと思いますが、探す時間もなく
目に付くものだけでした。
とりあえず母親の写真はここまでにします。

DSC08543-1.jpg

DSC09317-1.jpg

DSC09841-1.jpg

DSC09723-1.jpg




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

2月3月のブログを見て、今日は1月のブログを読ませていただきました。

ブルーさんのお母様の、嬉しそうに花に手を触れる笑顔が良いですね。
一緒に訪問されていることが本当に嬉しいんだなぁと伝わってまいります。
素敵なもの、嬉しいものを見たら分かち合いたいと思ってしまうことあるので、きれいなものをきれいと共に感じてくださる息子さんで幸せでいらっしゃったと思います。

花を見に行くときに花柄のお洋服、桃色のお洋服にコーデなされて、でも、肌寒いかもな時はあったかめにして万全に、外出できる気候な限り、ご一緒できて良かったと思います。

人の命は、私達にも期限のある授かりものですが、お母様とブルーさん、素敵な出会いでしたね。お写真を見て本当にそう思いました。

リンさん、こんばんは

いつも丁寧にお読みいただいてありがとうございます。
本当にじっくりとご覧になっていらっしゃいますね。

母親は出かけることや美術館が好きだったので
歩くのが困難になる前から一緒に出かけてましたが
車椅子が必要になってからは、特に去年一年間は
休みの度に連れて行きました。
私が行きたいからというだけでそういうことができたので
親孝行だったかどうかは疑問ですが。

撮ってきた写真はアルバムにして、そばに置いてあげてました。
告別式場にも出しておいたので、結構観ていただいて感心されました。
遊びに関しては後悔することはなかったと思います。


プロフィール

ターコイズブルー 

Author:ターコイズブルー 
興味の向くまま、足の向くまま、いろいろなところへ出かけては写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR